ファンタジー映画」カテゴリーアーカイブ

【ドクター・ストレンジ】

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。

彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。

神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

シネマトゥデイより。

個人的には【イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密】よりも、ドラマ【SHERLOCK】のシャーロック・ホームズのイメージが強いベネディクト・カンバーバッチ主演。

さすがに【ホビット】のスマウグや、アニメ【シンプソンズ】で【ハリー・ポッター】のスネイプの人という人はいないでしょうけど。

【マーベル・シネマティック・ユニバース】のシリーズ作品でもあり、後々は【アベンジャーズ】等の作品にも絡んでいく予定です。

実際、作品中でもドクター・ストレンジが加わった組織は、アベンジャーズが物理的な脅威に対抗しているように、魔術的な脅威に対抗するために存在することを告げるシーンがありました。

元々、天才脳外科医であったストレンジは、交通事故で精密な動きが出来なくなった両手を元に戻すため、カマー・タージを訪れます。

医者であったストレンジは、当初カマー・タージの主エンシェント・ワンの魔術を手品や催眠術のようなものだと信じなかったんですが、実体験させられ、信じるように。

その後は才能を開花させ、驚くべきスピードで魔術を習得。兄弟子のモルドや、蔵書室の司書であるウォンの想像を超えるほどな様子。

そんなある日、エンシェント・ワンの元弟子でありながら、不老不死を求めて、『ダーク・ディメンション』の支配者ドルマムゥの手先となったカエシリウスの襲撃に巻き込まれるストレンジ。

禁忌の魔術の正体や、カエシリウスの目的、エンシェント・ワンの秘密等が明らかになっていき、ストレンジは最後の戦いにという流れ。

多分、賛否両論あると思うんですが、ストレンジは元医者であり、根本に人を救いたいという思いがあるので、敵を殺さないというのが面白い。

当然、ラストバトルにしても、正直予想の斜め上の展開になるので、ここは本当に好みがわかれると思います。

個人的には面白いと思ったんですが、観終わった感想は、

これってカンフー映画を魔術に置き換えたらこうなった

的な印象でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(カンバーバッチって、ピアース・ブロスナンに雰囲気が似てる気がしてきた。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめファンタジー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ドクター・ストレンジ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

【神様メール】予告編動画

【少女椿】予告編動画

【スノーホワイト/氷の王国】予告編動画

【テッド2】


テッド2 [Blu-ray]

アルバイト先で出会った恋人タミ・リン(ジェシカ・バース)と愛を育み続け、ついに結婚を果たしたテッド。

幼いころからの親友ジョン(マーク・ウォールバーグ)との悪ふざけと新婚生活を楽しむ中、彼はタミ・リンとの子供を欲しいと思うように。

だが、自分が縫いぐるみではなくて人間であることを証明しなければ子供を持てないと知った彼は、女性弁護士サマンサ(アマンダ・セイフライド)のもとへ相談に。

そして、彼女とジョンの協力を得ながら、法廷に立って自分は人間だと証明しようとするテッドだったが……。

シネマトゥデイより。

前作で結婚して幸せになったはずのジョンとロリーでしたが、結局うまく行かずに離婚。

というのも、ロリーを演じていたミラ・クニスがアシュトン・キャッチャーとの子供を妊娠してしまったため、出演自体できない状況になったためだそうです。

おかげで【荒野はつらいよ】に出ていたアマンダ・セイフライドがテッドを弁護する新米弁護士として出演することに。

そもそもなぜ裁判になっているかと言うと、結婚してうまくいったかに思えたテッドとタミ・リンの夫婦。

喧嘩が続き、変化をつけるためにも子供を作ろうとするんですが、テッドはぬいぐるみなので、当然作れない。

精子を提供してもらおうと努力するも、ある事情で断念。養子をとろうとしたところ、テッドが人間でないことが問題になってしまいます。

しかも、親になれないというだけでなく、テッドは人間ではないため、市民権がなく、同時に結婚した事実すら取り消されるという酷い事態に陥ってしまいます。

そこで頼みの綱が弁護士というわけで、アマンダ演じるサマンサの登場というわけです。

このサマンサが軽くアヒル口な感じのかわいい女性なんですが、やっぱり薬好き。【テッド】ってヤク中しかいないのかと思ってしまいます。

新米だし、ヤク中だし、薬のことがスキャンダルとして取り上げられて負けるのかと思ったら、意外なことに裁判では善戦。

単純に陪審員たちの心をつかみ切れなかったのと、テッド自身がおもちゃだったことが敗因なんでしょう。

それでも諦められないテッド、ジョン、サマンサは人権派で知られるミーガンのもとを訪れるんですが、なんとモーガン・フリーマン。

その後もいろいろとあり、コミコン会場で大騒ぎ。

コスプレ同志の乱闘はみどころ

です。孫悟空とかもいます。

アメコミ等の元ネタを知らないとわからないかもしれませんが、知っていればニヤリとすること間違いなし。

下ネタが本当に下なのと、なんか今回セリフなしで音楽だけが流れるシーンが多い印象があるので、その辺りを受け入れられるかで評価が分かれるかもしれません。

まあ、一番評価がわかれるのは元ネタがわかるか、わからないかだと思いますが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(今回はストーリーそのものが真面目なので、普通に楽しみやすいでしょう。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめファンタジー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


テッド2 [Blu-ray]