ファンタジー映画」カテゴリーアーカイブ

【青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない】

空と海が輝く街“藤沢”に暮らす梓川咲太は高校二年生。

先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心躍る日常は、初恋の相手、牧ノ原翔子の出現により一変する。

何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。

やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。

そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷跡が疼き始める――。”

公式より。

鴨志田一の小説【青春ブタ野郎】シリーズの劇場版。TVアニメの後日譚になります。

原作小説では、第6巻『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』、第7巻『青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない』に当たる内容。

劇場版d根は、TVシリーズでは描かれなかったふたりの牧ノ原翔子について描かれています。

【青春ブタ野郎】シリーズの世界観では、『思春期症候群』と呼ばれる現象があり、主人公である梓川咲太は身の周りで起きた『思春期症候群』を解決していくというのがメインのストーリー。

咲太の胸には妹のかえでに思春期症候群が発症した傷があるんですが、かえでの『思春期症候群』が収まったにも関わらず、何故か残っています。

そんなある日、咲太と恋人の麻衣、妹のかえでで過ごしているところへ、大人の姿の牧ノ原翔子が泊めてくれないかと現れる。

翔子によると、自分と中学生の翔子は同一人物で、たまに大きくなってしまうため、帰るに帰れないのだと言う。

しかし、初恋の相手である翔子だけが泊まることに納得のいかない麻衣を含めて、4人で暮らすことになるという展開。

ただ、そうなると翔子の話には説明がつかないことがあり、咲太は友人の双葉理央に相談し、ある仮説にたどり着きます。

そして、ある出来事で仮説に確信を得た咲太に、翔子は事実を伝え、咲太はあまりにも重すぎる選択を迫られることに。

それは麻衣との未来か、翔子の未来のどちらかを選ばなくてはならないというものでした。

そこからは咲太、麻衣、翔子それぞれの想いのぶつかり合いが描かれるんですが、実写では難しい細かい演出含め、想いの強さに驚かされます。

実際、誰かの幸せのために誰かが不幸にならなければならないのが事前に告知されている状況なんて、普通の神経では耐えられないでしょうね。

そして、それぞれが固い決意を決めた結果、予想もしない最悪の結末を迎えてしまいます。

正直、そこまでの気持ちのぶつけ合いに感動して泣けるくらいなので、その結末を迎えたことであぜんとしてしまいました。

その後、なかなかアクロバティックな方法で結末を変えにいくことになるのですが、その先は見ていただいた方が楽しめると思います。

TVシリーズを見ていなかったり、演出の意味がわからないとわかりづらい部分もありますが、それを差し引いても良作と言っていい作品でした。

さすがに劇場版だけ見ると、量子もつれの意味がわからないので、どうしてそうなったのかがわからないとかあるでしょうし。

演出がわからないと、エンディングにかけての意味がわからないかもしれません。

逆に言うと、TVシリーズ→劇場版→TVシリーズと見ると、新たな発見があって、より楽しめるんじゃないかと。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(TVシリーズを見ているものとしての評価。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめファンタジー映画
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ

【ダーク・スクール】


ダーク・スクール(字幕版)

実の父が他界した後に義父、母と暮らしているキットは、素行不良で高校を追われ、森の奥にある名門寄宿学校に入ることになる。

そこには彼女と似たような境遇の生徒たちが集まっており、皆学長に携帯電話を没収されて外部との連絡ができなかった。

キットは学校生活を送るうちに、奇妙な出来事に遭遇する。

シネマトゥデイより。

ゴシックホラー、サスペンス、ファンタジーと色々なジャンルにカテゴライズされてしまうくらい、

見た人の印象でカテゴライズされてしまう

作品。

個人的にはファンタジーホラーかなと思います。

素行不良で転校を余儀なくされたキットの転入先は、問題児でも才能を発揮できるようになるという寄宿学校『ダークウッド』。

学校の名前にダークをつけるとか、軽くイカレてます。

キティが到着すると、同じく転校してきた4人の女生徒と説明を受けるんですが、その学園長がユマ・サーマン。

いつものような危険な雰囲気ではなく、古い洋画に出てきそうな教育係の老婆みたいな雰囲気。

生徒は転校してきた5人だけで、校舎もただの洋館なので、学校というより、日本でいうフリースクールのような印象。

ちなみに国によってフリースクールの意味がまるで違っていて、無料とか、自由とかの意味合いが多いようです。

携帯電話は取り上げられ、外部との通信は月1回の電話だけですが、断崖絶壁に囲まれたりといった隔離された施設ではなく、いざとなったら町まですぐに行けるっぽい。

やがて、完全に反抗的なヴェロニカ以外は、才能を発揮し始めるんですが、様子がおかしい。

得意分野や、隠れた特技が引き上げられるならともかく、なんの脈絡もない才能を発揮。

キティにいたっては、知らない曲を演奏してしまい、困惑する始末。

異常な状況について、調べ始めたキティは学園の秘密を知るという展開。

起きていること自体は間違いなくホラーなんですが、映像や演出的にはまったく怖くない。

むしろ、誰も得をしない悲劇のような気がします。

システム的にありえませんが、被害者となる人物がいなければ、ファンタジーとか、【世にも奇妙な物語】系でもよかったかもしれません。

黒幕についても、偏執敵ではありますが、自分の野心とか利益のために行ってることではないですし。

ある意味、オーソドックスなゴシックホラーなんですが、多分昨今のホラーに慣れていると、記憶にも残らないかも。

クライマックスはちゃんと見せ場にはなっているんですが、そこすらもハラハラしないまま、淡々と進むので物足りないんじゃないでしょうか。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(もしかしたら、レンタル&配信のみで、セル版ないかもしれません。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
おすすめファンタジー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ダーク・スクール(字幕版)

【クリスマス・カンパニー】


クリスマス・カンパニー [DVD]

そこは人間界から遠く離れた“サンタ”たちの世界。

クリスマスまであと4日、サンタクロースとお手伝いのエルフたちは、人間の子供たちへのプレゼントの準備に大忙しだ。

しかし、プレゼントを作っていた9万2千人のエルフたちが、一斉に倒れてしまったからさあ大変!

エルフを治すのに必要なビタミンCを手に入れるため、寝ている子供たちにしか会ったことがない、大人嫌いのサンタクロースは渋々人間界に向かうのだが、それが大騒動の始まりだった…!

タイムリミットは12月25日!果たしてサンタクロースはエルフたちを救い、無事プレゼントを世界中の子どもたちに届けることができるのか!?

公式より。

ブラック企業のワンマン社長のようなサンタクロースは子供たちのためだとエルフたちに無茶振りばかり。

そのうちのひとりが倒れてしまうんですが、この作品のエルフはひとりが倒れると、次々と倒れていくという習性を持っていて、10万人近いエルフが全滅してしまいます。

エルフを回復させるためにはビタミンCが必要なんですが、当然そんな量のビタミンがあるはずもなく、人間たちの世界に買いに行くことに。

しかし、この偏屈なサンタクロースは、寝ている子供たちにしか会ったことがなく、人間社会の常識を一切持ち合わせていません。

はっきり言ってしまえば、

コミュ障な老人

なので、自分の要求だけで相手の話を聞こうとしません。

そんな状態なので、当然警察のやっかいになり、弁護士のトマと出会います。

その場では別れたサンタクロースとトマですが、トナカイをトマの家の屋上に止めていたため、再会することに。

始めは不審人物としか思っていなかったトマも、サンタクロースが本物だとわかると、子供たちのためにも協力することにという展開。

昨今のサンタクロースムービーとしては、意外と面白い。

ただ、偏屈な老人がトラブルメイカーになるコメディというスタイルなので、サンタクロースが偏屈なトラブルメイカーと思うと、ちょっとモヤモヤします。

ドジとかなら笑えていいと思うんですが、どっちかというと自分勝手な嫌な人物という印象。

むしろ、トマがストレスを抱えながらも頑張る善人で、本当に健気でした。

ちょくちょく別のトラブルが起きるので飽きはしないという意味でも悪い映画ではないんですけどね。

意外と面白いけど、ちょっと好みが分かれるかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(多分クリスマスの定番にはならない作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめファンタジー映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


クリスマス・カンパニー [DVD]

【キングコング: 髑髏島の巨神】

コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。

しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。

島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。

そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。

人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。

シネマトゥデイより。

オリジナルの【キングコング】を見たことないなと思って調べてみたら、3度も作られていて、それぞれ設定が違うんですね。

続編や便乗タイトルを合わせたら、もっと多いみたいですし。

本作では、ベトナム戦争からの撤退が宣言された時代、他国に先んじて調査をするため、護衛の部隊を伴い、ある島に向かうことに。

しかし、島に地質調査の名目で爆弾を投下していると、キングコングが出現。次々とヘリを落とし、部隊を壊滅させます。

なんとか生き残ったものの、ヘリはすべて落とされてしまったため、調査隊のメンバーは助けがくるはずの北へ、復讐に燃える護衛部隊のバッカードは部下たちとともに、武器が残っているチャップマンがいる西を目指すことに。

この辺、なんとなく

【JAWS】を連想させる

んですが、軍人であるデッカードはコングへの復讐しか考えておらず、調査隊の責任者ランダは自分の研究欲のため、他人も危険に陥るとわかっていても平気で欺きます。

ランダの何が恐ろしいって、一般的なクズ研究者って自分は危険を犯さず、安全なところで策をめぐらすものですが、自分もろともなので周りに疑われないんですよね。

結局、やっぱりほぼ一般人が解決の道をたどっていくという定番な展開に。

予告編では、【ジュラシックパーク】を彷彿とさせる巨大生物や、危険生物に襲われまくる印象を受けますが、実際はそこまで終始襲われるという印象ではありませんでした。

それなりに襲われるので、期待外れということもないですが。

というのも、途中で出会う島民たちにとってはコングは守り神で、天敵である別の怪物を除けば、戦意がない限り、襲ってこないんですよね。

他の生物も巨大なだけで基本的には普通の生物なので、捕食のためか、なわばりに入ったために襲ってるだけなんでしょうね。

例外がコングの天敵の怪物で、そいつだけは殺すためだけに襲ってくる感じです。

結局のところ、コングと天敵の怪物に、人間が勝手にちょっかいかけて、勝手にやられるだけのストーリー。

天敵の怪物は、【エヴァンゲリオン】に出てきそうなデザインで、スカル・クローラーという名前なんですが、正直、タイトルも【キングコング VS スカル・クローラー】でもよかったんじゃないかと思います。

ちなみに2020年にはゴジラとの対決が予定されています。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(怪獣に追いかけまわされる作品を期待しなければ、わかりやすいし、面白いと思います。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめファンタジー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

【ドクター・ストレンジ】

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。

彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。

神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

シネマトゥデイより。

個人的には【イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密】よりも、ドラマ【SHERLOCK】のシャーロック・ホームズのイメージが強いベネディクト・カンバーバッチ主演。

さすがに【ホビット】のスマウグや、アニメ【シンプソンズ】で【ハリー・ポッター】のスネイプの人という人はいないでしょうけど。

【マーベル・シネマティック・ユニバース】のシリーズ作品でもあり、後々は【アベンジャーズ】等の作品にも絡んでいく予定です。

実際、作品中でもドクター・ストレンジが加わった組織は、アベンジャーズが物理的な脅威に対抗しているように、魔術的な脅威に対抗するために存在することを告げるシーンがありました。

元々、天才脳外科医であったストレンジは、交通事故で精密な動きが出来なくなった両手を元に戻すため、カマー・タージを訪れます。

医者であったストレンジは、当初カマー・タージの主エンシェント・ワンの魔術を手品や催眠術のようなものだと信じなかったんですが、実体験させられ、信じるように。

その後は才能を開花させ、驚くべきスピードで魔術を習得。兄弟子のモルドや、蔵書室の司書であるウォンの想像を超えるほどな様子。

そんなある日、エンシェント・ワンの元弟子でありながら、不老不死を求めて、『ダーク・ディメンション』の支配者ドルマムゥの手先となったカエシリウスの襲撃に巻き込まれるストレンジ。

禁忌の魔術の正体や、カエシリウスの目的、エンシェント・ワンの秘密等が明らかになっていき、ストレンジは最後の戦いにという流れ。

多分、賛否両論あると思うんですが、ストレンジは元医者であり、根本に人を救いたいという思いがあるので、敵を殺さないというのが面白い。

当然、ラストバトルにしても、正直予想の斜め上の展開になるので、ここは本当に好みがわかれると思います。

個人的には面白いと思ったんですが、観終わった感想は、

これってカンフー映画を魔術に置き換えたらこうなった

的な印象でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(カンバーバッチって、ピアース・ブロスナンに雰囲気が似てる気がしてきた。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめファンタジー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ドクター・ストレンジ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]