ファンタジー映画」カテゴリーアーカイブ

【キングコング: 髑髏島の巨神】

コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。

しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。

島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。

そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。

人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。

シネマトゥデイより。

オリジナルの【キングコング】を見たことないなと思って調べてみたら、3度も作られていて、それぞれ設定が違うんですね。

続編や便乗タイトルを合わせたら、もっと多いみたいですし。

本作では、ベトナム戦争からの撤退が宣言された時代、他国に先んじて調査をするため、護衛の部隊を伴い、ある島に向かうことに。

しかし、島に地質調査の名目で爆弾を投下していると、キングコングが出現。次々とヘリを落とし、部隊を壊滅させます。

なんとか生き残ったものの、ヘリはすべて落とされてしまったため、調査隊のメンバーは助けがくるはずの北へ、復讐に燃える護衛部隊のバッカードは部下たちとともに、武器が残っているチャップマンがいる西を目指すことに。

この辺、なんとなく

【JAWS】を連想させる

んですが、軍人であるデッカードはコングへの復讐しか考えておらず、調査隊の責任者ランダは自分の研究欲のため、他人も危険に陥るとわかっていても平気で欺きます。

ランダの何が恐ろしいって、一般的なクズ研究者って自分は危険を犯さず、安全なところで策をめぐらすものですが、自分もろともなので周りに疑われないんですよね。

結局、やっぱりほぼ一般人が解決の道をたどっていくという定番な展開に。

予告編では、【ジュラシックパーク】を彷彿とさせる巨大生物や、危険生物に襲われまくる印象を受けますが、実際はそこまで終始襲われるという印象ではありませんでした。

それなりに襲われるので、期待外れということもないですが。

というのも、途中で出会う島民たちにとってはコングは守り神で、天敵である別の怪物を除けば、戦意がない限り、襲ってこないんですよね。

他の生物も巨大なだけで基本的には普通の生物なので、捕食のためか、なわばりに入ったために襲ってるだけなんでしょうね。

例外がコングの天敵の怪物で、そいつだけは殺すためだけに襲ってくる感じです。

結局のところ、コングと天敵の怪物に、人間が勝手にちょっかいかけて、勝手にやられるだけのストーリー。

天敵の怪物は、【エヴァンゲリオン】に出てきそうなデザインで、スカル・クローラーという名前なんですが、正直、タイトルも【キングコング VS スカル・クローラー】でもよかったんじゃないかと思います。

ちなみに2020年にはゴジラとの対決が予定されています。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(怪獣に追いかけまわされる作品を期待しなければ、わかりやすいし、面白いと思います。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめファンタジー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

【ドクター・ストレンジ】

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。

彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。

神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

シネマトゥデイより。

個人的には【イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密】よりも、ドラマ【SHERLOCK】のシャーロック・ホームズのイメージが強いベネディクト・カンバーバッチ主演。

さすがに【ホビット】のスマウグや、アニメ【シンプソンズ】で【ハリー・ポッター】のスネイプの人という人はいないでしょうけど。

【マーベル・シネマティック・ユニバース】のシリーズ作品でもあり、後々は【アベンジャーズ】等の作品にも絡んでいく予定です。

実際、作品中でもドクター・ストレンジが加わった組織は、アベンジャーズが物理的な脅威に対抗しているように、魔術的な脅威に対抗するために存在することを告げるシーンがありました。

元々、天才脳外科医であったストレンジは、交通事故で精密な動きが出来なくなった両手を元に戻すため、カマー・タージを訪れます。

医者であったストレンジは、当初カマー・タージの主エンシェント・ワンの魔術を手品や催眠術のようなものだと信じなかったんですが、実体験させられ、信じるように。

その後は才能を開花させ、驚くべきスピードで魔術を習得。兄弟子のモルドや、蔵書室の司書であるウォンの想像を超えるほどな様子。

そんなある日、エンシェント・ワンの元弟子でありながら、不老不死を求めて、『ダーク・ディメンション』の支配者ドルマムゥの手先となったカエシリウスの襲撃に巻き込まれるストレンジ。

禁忌の魔術の正体や、カエシリウスの目的、エンシェント・ワンの秘密等が明らかになっていき、ストレンジは最後の戦いにという流れ。

多分、賛否両論あると思うんですが、ストレンジは元医者であり、根本に人を救いたいという思いがあるので、敵を殺さないというのが面白い。

当然、ラストバトルにしても、正直予想の斜め上の展開になるので、ここは本当に好みがわかれると思います。

個人的には面白いと思ったんですが、観終わった感想は、

これってカンフー映画を魔術に置き換えたらこうなった

的な印象でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(カンバーバッチって、ピアース・ブロスナンに雰囲気が似てる気がしてきた。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめファンタジー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ドクター・ストレンジ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

【神様メール】予告編動画

【少女椿】予告編動画

【スノーホワイト/氷の王国】予告編動画