ドラマ映画」カテゴリーアーカイブ

【神様のカルテ2】


神様のカルテ2 Blu-rayスタンダード・エディション

妻・榛名(宮崎あおい)の出産を間近に控えた内科医の一止(櫻井翔)は、一層仕事に励んでいた。

そんな折、大学時代の同期で親友のエリート医師辰也(藤原竜也)が本庄病院に赴任してきて一止を喜ばせる。

だが、彼は勤務時間が終了するとすぐに帰宅し、時間外の呼び出しにも全く応じない辰也の医師としての態度が理解できず……。

シネマトゥデイより。

結局、本庄病院に残った一止。

前作ではすごくダサいし、コミュ障っぽさが半端なかったですが、なぜか突然あか抜けてます。

病院はビジネスを優先して、ベッドの回転率を上げたり、利益を上げるように強調してくる状況に。

そんな中、旧友の辰也が本庄病院に赴任してきて喜びますが、一止の知っている辰也とは思えない言動ばかり。

通常、主治医は時間外でも連絡がつくようにしているし、勤務時間を超えても何かあれば残業するのが一般的。

もちろん、そんな働き方が正しいかどうかという問題はありますが。

実際、本作の前半はそれがテーマのようです。

一止と辰也は大学時代に将棋部に所属していて、辰也は後輩の如月千夏と結婚しているはず。

どうやら辰也が定時で帰るのも、勤務時間外に電話に出ないのも、妻の千夏に起きた出来事が起因しているらしい。

医者とは何なのか

を考えさせるテーマですね。

後半は古狸先生こと、貫田のストーリー。

原作だと古狐先生こと内藤のことですが、映画では設定が変わっています。

正直、後半のストーリーに関しては、結局医者が患者にできることという前作と被る感じ。

そこに一止と榛名、貫田と千代、辰也と千夏といった3組の夫婦それぞれのつきあい方を描いたという印象。

ただ、後半の解決方法が無茶過ぎて、フィクションとしても酷いなと思いました。

全体的に医療に関する問題提起とヒューマンドラマとしては良質なだけにちょっと残念。

糖尿病患者として佐藤二郎が出てくるエピソードもあるんですが、利益のためにベッドの回転率を上げなければいけないという問題のためだけだったんでしょうね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(問題提起が詰め込まれ過ぎてるけど、減らしたら半端になりそう。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


神様のカルテ2 Blu-rayスタンダード・エディション

【神様のカルテ】


神様のカルテ スタンダード・エディション【DVD】

自然あふれる長野・松本の本庄病院で、内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。

24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、最愛の妻・榛名(宮崎あおい)らと語らうことが日々の楽しみだった。

そんなある日、一止はある患者と出会い、人生の岐路に立つこととなり……。

シネマトゥデイより。

櫻井翔が有能でありながら、不器用でコミュ障の医者栗原一止を演じた医療ドラマ。

別に原作ではコミュ障でもなんでもないんですが、ボソボソ喋るのと、古風な話し方に引きずられたのか、コミュ障にしか見えません。

一止が夜間の救急外来の当直の日は、次々と患者が運ばれてくるんですが、現実にこんな感じじゃやってけないだろうなという印象。

この救急外来の患者の多さは、【田口・白鳥】シリーズの【ジェネラル・ルージュの凱旋】のようになんでも受け入れた結果ではなく、諦めの境地のようです。

本作のテーマは多分ですが、

医者は目の前の患者と、最新技術を身につけることで救える未来の患者たちのどちらをとるべきか

というものではないかと。

主な患者は胆のう癌の女性安曇雪乃。

手術をするか迷っているうちに進行してしまい、他の病院では手術を断られ、以前に診てくれた一止を頼ってきた患者。

一方で、一止には信濃医大の高山から勉強会の誘いが。

一止は最先端の医術を学ぶために信濃医大に行くべきか、目の前の患者に何かできることはないかで迷うことになるという展開。

現実的に難しい選択ですよね。

実際、病院、特に大学病院って医者たちのグループがあり、それによって医者としての人生が決まると言っても過言じゃないので。

しかも、別の病院に行ったとしても、ついて回りますし。

それがなくとも、医療は日進月歩なので、最新技術を身につけていかないと、周囲に置いていかれてしまいますから大変です。

かと言って、目の前の患者を適当にというわけにもいかないので、本当にバランスが難しい。

正直、信濃医大の高山みたいに物分かりのいい派閥リーダーってそうそういないと思うし。

患者側にとって何が幸せなのかを考えさせる作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(スーパードクター系ではなく、ヒューマンドラマなのもいいですね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


神様のカルテ スタンダード・エディション【DVD】

【あと1センチの恋】


あと1センチの恋 スペシャル・プライス [Blu-ray]

ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳のころからの友達同士。

自分たちの住むイギリスの田舎町を出て、アメリカのボストンの大学へ進学しようと約束し、二人とも合格。

ところがロージーは、クラスの人気者クレッグと軽い気持ちで関係を持ち、身ごもってしまう。

アレックスはボストンへ移り、ロージーは一人で子育てに奮闘するが……。

シネマトゥデイより。

こちらもバレンタインにおすすめと紹介されていた作品ですが、個人的にバレンタイン向きじゃないと判断したもの。

幼馴染みのロージーとアレックス。

ふたりは卒業パーティーに一緒にいく予定だったが、アレックスがベサニーに誘われていることを知り、ロージーは人気者のグレッグの誘いを受ける。

その上、アレックスが童貞を卒業したことで、ロージーもパーティーの夜にグレッグと寝てしまう。

しかし、そこでグレッグは人気者でありながら童貞で、コンドームの扱いもよくわかっておらず、病院に行くも避妊に失敗。

カトリック教徒のロージーは、ボストン大学で経営を学び、ホテルを経営するという夢を諦め、産まれた赤ん坊にケイティと名付け、育てることを決意する。

一方、アレックスはハーバード大学へと進み、成功していった、

順風満帆に見えるアレックスと、夢を諦め、ホテルの清掃係となっているロージー。

ふたりは人生を交差させながらも、それぞれの人生を送ることになるという展開。

最初がズレたせいで、

ボタンの掛け違いのようにずっとズレててモヤモヤする

んですよね。

よくある話で、同窓会で高校の頃好きだったんだよ的なことを言われて、その時言えよみたいな感じ。

ただ、それを踏まえてもロージーは一途だし、アレックスはなんだかんだで優柔不断過ぎ。

そのせいでリアルでもありそうな話にもかかわらず、なんとなく不快な気持ちになるような気がします。

結局、ラブストーリーなのにクライマックスまで良い思いをしているのはアレックスだけだし、ロージーの人生はケイティがいるものの、どう考えても灰色。

ハッピーエンドなんだとしても、その間の10年以上が灰色過ぎて、報われた感がない。

むしろ、幸せからドロップアウトしたアレックスが、純愛に気づいた体で財産を手に入れた幼馴染みに近づいたようにすら見えてしまいます。

本来なら誤解で失われた恋を取り戻すストーリーなんでしょうが、そう見えず残念に感じる作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(映画としては面白いと思いますが、見る人の恋愛観に左右されそう。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


あと1センチの恋 スペシャル・プライス [Blu-ray]

【ピース オブ ケイク】


ピースオブケイク [ブルーレイ]

一人きりよりはいいという安易な理由で男性と付き合ってきた梅宮志乃(多部未華子)は、アルバイト仲間との浮気が発覚しDV体質の恋人からフラれ、バイト先から去ることに。

状況を変えるべく引っ越した先で出会った隣に住む人は、新しい職場の店長・菅原京志郎(綾野剛)だった。

京志郎に強く惹(ひ)かれる志乃だったが、彼には一緒に住んでいる恋人がいて……。

シネマトゥデイより。

バレンタインにおすすめの作品と紹介しているサイトがあったので視聴。

バレンタインに見たくなかった作品でした。

ジョージ朝倉のコミックが原作。

多部未華子演じる梅宮志乃は、男に求められると、気持ちいい方が勝って身体を許すタイプの女性。

ただ、ビッチとか、ヤリマンという表現は合わない気がします。

自分から求めるわけじゃなく、求められたから、まあいいかっていう感じ。

そんななので、支配欲の強いDV男とは相性が悪く、別れるはめになり、引越しをします。

引越し先の隣に住んでいた京志郎が面接にいったレンタルショップの店長というオチ。

京志郎に好意を抱くようになる志乃ですが、京志郎には同姓しているあかりという彼女がいます。

あかりはあかりでメンヘラとしか思えないような言動をしているっぽいんですが、京志郎に興味がないのかと思えば、ある光景を見てキレまくる面倒な性格。

綾野剛演じる雰囲気イケメンな京志郎も、一見優しいし、相手のことを思いやるタイプに見えますが、志乃には違う風にも見えている様子。

はじめは基本受け身な志乃が積極的にアタックし、あかりがある理由で姿を消してる間につきあい始めると、イチャイチャしまくります。

しかし、ネガティブで疑心暗鬼な性格の志乃は京志郎を疑い始め、ある隠し事がきっかけで大爆発。

京志郎のことがどう見えてたかをぶちまけるという行動に。

なんかいまの若い世代の恋愛観ってこんな感じがリアルかもなあっていう気がします。

実際にこうしてるというわけじゃなく、思考的なものとしてですが。

特に見てくれのいい男を連れて飲食店で見られてることへの優越感を感じるシーンとか、なんか生々しい。

エロい雰囲気の多部未華子を見てみたい人にはオススメですが、ヌードはセミヌードすらありません。

ブラ姿くらいです。

それにしても、タイトルのピース オブ ケイクっていわゆる朝飯前のように簡単だという意味なんですが、

どう考えても簡単と思える要素がありません。

相手に何かを伝えるのも、自分が変わるのも、相手との関係を維持するのも、幸せになるのも、何一つ簡単じゃないです。

原作を読んでいないので、原作のコミックを読めばわかるんですかね。

なんか芸能人の卵の日常を切り抜いただけのような作品。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(この映画を見た後、UQのCMで多部美香子を見ると変な気持ちになります)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ピースオブケイク [ブルーレイ]

【お前ら全員めんどくさい!】


お前ら全員めんどくさい! Blu-ray

高校の国語教師・國立国彦(小野賢章)は、クラスで孤立している女子生徒・一宮数美(小宮有紗)に新しい友達ができるまで、彼女の友達になることにする。

四六時中ついて回る一宮に友達作りを促す國立だったが、一宮は全く友達を持とうとしない。

そんな國立の前にツンデレや肉食女子、女王様キャラといった個性豊かな生徒たちが次々と現れる。

シネマトゥデイより。

TOBIによるコミックを原作にした実写映画。

性格に難のある女生徒たちと、彼女たちに好かれる国語教師の國立国彦を描いたラブコメディ。

メインヒロインは、【ラブライブ!サンシャイン!!】の黒澤ダイヤ役で知られる小宮有紗演じる一宮数美。

【ラブライブ!】の声優として有名なんですが、アニメ声優としては、【ラブライブ!】しか出ていないんですけどね。

どちらかというと、声優よりも女優業の実績の方がはるかに多かったりします。

彼女が演じる一宮数美はいつも白衣を着ていて、コミュ障な割には意外と感情豊かな女の子。

他に、教師が好きな恋多き栗原理穂、まじめな委員長の榎本英子、その英子を愛し過ぎる姉の史織が登場します。

一応、国彦が好意を抱いている同僚の古峰小雪も出てきますが、ほとんど出番がありません。

原作だと他にも元教え子の本田保乃香や、古峰小雪の姪の久川響というキャラクターも出てきますが、本作はそこまで進みません。

原作では割といろんな出来事があり、そこからお互いの心を理解していく感じのストーリーが展開されます。

特に一宮はかなりかまってちゃんだし、英子も邦彦が好きなくせに真面目さが邪魔をして、かなりめんどくさい。

しかし、この実写版の場合、

日常に毛が生えた程度の映像ばかり

が続きます。

一宮が軽くかまってちゃんなのと、栗原がひとりだけ芝居がかったビッチなのがめんどくさいですが、原作ほど面倒ではないんですよね。

そのため、毒にも薬にもならない映像が流れ、たまにその演出必要? ってシーンがあるくらい。

多分、作者は嬉しいでしょうし、小宮有紗は色っぽさを感じましたが、原作ファンだとなんだこれ感が強いと思います。

オススメ度(10段階)……★★★
(制服が原作と同じデザインでしたが、驚くほどカラーリングがダサかった)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


お前ら全員めんどくさい! Blu-ray