ドラマ映画」カテゴリーアーカイブ

【ゾンビ・リミット】


ゾンビ・リミット(字幕版)

幸せなカップルのケイトとアレックス。

ケイトはゾンビウイルスに感染した患者“リターンド”をサポートする病院で働いている。

リターンドの保護に反対する人々も多く、過激なグループは暴動を起こしていた。

そんな中「ゾンビウイルスを抑制するワクチンの残数はあと僅か」と噂が出回り、ケイトとアレックスは、大量のワクチンを抱えて逃亡することを決意する。

「Oricon」データベースより。

ゾンビというタイトルがついているのにアマゾンプライムではアクションにカテゴライズされていて、ホラーじゃないの? と見た作品。

ホラーじゃないどころか、アクションでもありませんでした。

このサイトでは一応、ホラードラマとしてあります。

ゾンビらしいものはオープニングにちょっと出てくるくらいで、あとはほとんど出てきません。

オープニングは主人公となるケイトの母親が父親に襲われ、幼いケイトが父親を撃ち殺すシーン。

それから20年の時が経ち、ケイトは医師となって、リターンドと呼ばれる感染者たちの治療に当たっています。

しかし、世間はリターンドへの恐怖から良くは思われておらず、差別や、過激な抗議活動が行われていました。

なにしろ、ワクチンを打つことで発症を抑えられるとは言っても、打たなければ発症する時限爆弾みたいなものです。

その上、ワクチンは感染した人間の髄液からしか作れないため、治療により死亡者が出ないことで、当然需要が供給を上回る状況。

政府も合成たんぱく質を開発しようとしていますが、失敗続きでうまくいかない様子。

実はケイトのパートナーであるアレックスはリターンドで、楽器を買おうとして入った店で、発作を起こしている男性を助けようとして感染しています。

ワクチンが足りなくなっていき、アレックスの友人ジェイコブ夫妻にアレックスがリターンドであることを告白すると、ジェイコブは力になると約束。

そんな中、ケイトの働く病院に過激派が襲撃し、治療中の患者たちを射殺していきます。

ケイトの同僚で、ワクチンを横流ししてもらっているイヴに、患者のリストも奪われたらしいことを知らされ、帰宅するとアレックスが襲われている始末。

ワクチンが足りなくなってきたことで、政府もリターンドの隔離を画策。

出頭しなければ逮捕という強硬手段にまで出始めたため、ケイトとアレックスはワクチンを持って逃亡するという展開。

ゾンビが蔓延する世界ではなく、

感染者が迫害されて、追い詰められていく

という世界観。

そのため、ゾンビである必要はなかったので、ホラーではないんですかね。

ゾンビが蔓延した世界を描いた【ゾンビの中心で愛を叫ぶ】とはまた違った答という印象のヒューマンドラマな印象。

ただ、本作は追い詰められた人間の言動としてリアルに感じます。

子供が退院するけど、ワクチンを打ち続けなければいけないことを不満に思う母親に、足りるから問題ないと言いつつ、自分はパートナーのために横流ししてもらってるとか。

治療にかかる費用が高額だから、隔離する方がいいんじゃないかと提案する人物とか。

愛する者のために裏切ったり、略奪したり。

恐ろしいと思うのが、病院や家にまで襲いにくる過激派で、もはや疑わしきは殺せの精神としか思えません。

全体的なストーリーとしては、ケイトとアレックスの愛のあるヒューマンドラマなんですが、周囲の環境があまりにも殺伐とし過ぎていて、人間不信な気分になりそう。

オチもそうなるよなあっていう感じで、感動とは程遠い内容でした。

ゾンビはほとんど出てきませんが、ゾンビのいる世界を描いた作品と考えると、変わった作品なので面白いと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(院長がすごく良い人物なのが救い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゾンビ・リミット(字幕版)

【3D彼女 リアルガール】


3D彼女 リアルガール

アニメやゲームが大好きな高校生の筒井光(佐野勇斗)は、バーチャルな世界に満足し、オタク仲間の伊東とアニメのヒロイン魔法少女えぞみちだけを心のよりどころにしていた。

ある日、彼は派手で無愛想な美少女・五十嵐色葉(中条あやみ)とプール掃除をすることになり、彼女はなぜかいきなり光に告白する。

シネマトゥデイより。

オタクでコミュ障、ひきこもりの筒井はプール掃除をさせられることになり、美少女の色葉と出会う。

コミュ障の筒井は色葉が冗談のつもりで言った言葉にカッとなり、彼女を傷つけてしまった。

友人の伊東にたしなめられ、謝る機会をうかがっていた筒井は、万引き犯扱いされている色葉を助けるが、自分がストーカー扱いに。

ストーカーのような行為をしていたことを謝ることで頭がいっぱいの筒井に、色葉が告白してくるが謝ってしまい、告白を断ったと思われてしまう。

誤解させたことを周囲に責められた筒井は、誤解を解くために追いかけた結果、色葉と付き合うことになるという展開。

アニメ化もされたんですが、アニメの方はあんまり話題にならないまま。

そういうと、本作が話題になったかというと、なってないんですけどね。

自分も見なくていいかと思っていたんですが、他の作品で予告を見て気にはなっていました。

主人公の筒井は、いじめのような目にはあってないですが、カーストの最下層にいるタイプ。

とは言っても、本人がそれを嫌がっておらず、男なのに何故か猫耳をつけている友人の伊東と仲良く過ごしているんですね。

普段からアニメキャラのえぞみちの妄想と会話しながらも、言動はともかく、意外と常識的な考えを持っている様子。

ただ、コミュ障ぶりは酷く、色葉とプール掃除する際は、女子との会話を苦手としていることをからかわれ、女子におまえとか言うくらい。

そのぶっきらぼうな口調はつきあうことになってからも変わりませんが、途惑いながらも、徐々に色葉への猜疑心を解いていきます。

色葉の方も興味本位だったのが、筒井の優しさを知るうちに、本気で好きになっていくように。

その後、カースト上位のミツヤや、ミツヤに近づきたいありさ、下級生のアニメオタク綾戸等も絡んできて、リア充青春ドラマの様相に変わっていきます。

恋愛相関図もなかなか面倒な感じで、一応両想いな筒井と色葉、いい女だから色葉とつきあいたいミツヤ、ミツヤと近づきたいありさ、筒井に憧れてる綾戸、その綾戸に好意を抱いている伊東。

恋愛相関図から除外されている人がいません。

まあ、筒井と色葉に関しては、猜疑心の強い筒井の誤解で、危うい感じではあるんですが。

原作だとさらにシスコンのミツヤの妹と、筒井の弟や、社会人になった筒井の同僚の恋愛展開があるようですが、さすがにカットされた様子。

ちなみに原作とは出会い方とか違う人物もいるようです。

綾戸とか園芸用の土を運んでいるのを筒井が助けますが、原作だとアニメ雑誌を拾うみたいですし。

そんな楽しい時間もある理由から終わりを迎え、筒井はアニメからの卒業をしかけます、

この辺り、人によってはアニメって卒業しないといけないの? っていう感想もあるんですが、アニメからというより二次元への依存ということなんじゃないかと。

前半のコミュ障時代は、えぞみちの登場シーンがすごく多いんですが、色葉とつきあい始めてから徐々に減っていきますし。

ラブコメから突然のシリアスへのギャップがあまりにも大きいので、苦手な人もいるかもしれませんが、結構良かったんじゃないかと思います。

途中途中にちゃんと伏線が張られているのも良かった。

原作通りなのかもしれませんが、シリアス部分がかなり端折られてる印象を受けるのは確かですけどね。

あと、とりあえず、映画だけ見たら間淵はクズ。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(まさか色葉役の中条あやみがニセコイの違和感だらけの千棘とは思わなかった)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


3D彼女 リアルガール

【ゾンビの中心で愛を叫ぶ】


ゾンビの中心で、愛をさけぶ [DVD]

カレンとジョンの夫婦は、別れる寸前だった。

ある日、人間がソンビ化する疫病が広がり、街はゾンビであふれかえる。

二人は感染を避けるためにマンションの部屋に閉じこもって救助を待つが、ゾンビ以外にも食糧狙いの強盗や怪しげな生存者たちまで現れる。

二人の仲は、思いがけないサバイバル生活で回復しようとしていた。

シネマトゥデイより。

あらすじ微妙に間違ってる気がするゾンビもの。

ホラーというほど怖くないし、コメディというほど笑えない。

じゃあ、ジャンルは何かと言ったら、

ゾンビ世界でのラブストーリー。

ただ、本音を言えば、タイトルとあらすじを軽く読んだ感じだと、【ショーン・オブ・ザ・デッド】と同じ方向性だと思って観たので残念な印象。

いまにも別れそうな警官のカレンと教師のジョンの夫婦がいて、飛行機が911ばりにビルに突っ込んだと思ったら、ゾンビが発生。

状況がわからず、自宅マンションに立てこもるんですが、テレビやラジオのニュースでは、外には出ずに窓に印を書いて、救助を待つように伝えるばかり。

救助はなかなか来ないまま、元々立てこもる予定なんてあるはずもなく、すぐに食料が尽きてしまいます。

ふたりはマンションの他の部屋から食料や家具等を拝借したり、ドラッグで燃え上がったりしながら、なんとか生き延びていくんですが、生き残っていた老夫婦が助けを求めて来訪。

その老夫婦の部屋から色々くすねているんですが、当の家にはゾンビがいたらしく、バレてない様子。

ただ、カレンと老夫婦の妻の方は普段から相手をよく思っていなかったらしく、お互いの排除を狙い出します。

このくだりがブラックコメディチックではあるんですが、いまいち盛り上がらない。

テレビのニュースは早い段階で止まっているんですが、やがてラジオのニュースも流れなくなり、絶望的な雰囲気になっていきます。

正直、観ている側としては避難しないで救援を待つように伝えるだけのニュースなので、助けになんてくる気がなくって、印も生存者を殺すための目印なんじゃと疑い始めるレベル。

そんな中、3人の武装グループが現われるんですが、ただの強盗。

明かりが見えたから生存者がいると思ってやってきたと言いますが、このマンションはあちこちにゾンビがいるのに、どうやって部屋まで来たのか不思議でたまりません。

そんな実力があるなら、普通に生存者のいない商店を襲えると思うんですけどね。

とはいえ、その出来事のおかげでカレンとジョンの気持ちはすっかり燃え上がり、再びドラッグなしでも愛しあうようになっていきます。

しかし、相変わらず救助は来ず、食料の尽きていき、絶望の中、さらなる悲劇がふたりを襲うという展開。

前半のブラック気味のコメディがもっと突き抜けてれば、対比が楽しめたかもしれませんが、ボンヤリした感じだったため、後半のふたりの展開が際立たなかった印象。

それを踏まえても、後半のラブストーリー部分は良かったと思います。

とりあえず、この内容で邦題をこんなのにしたのは酷いだろって思ったら、原題が【ZOO】でもっとどうしようもなかった。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(ジャケットのイメージほどゾンビは出てきません)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
おすすめホラー映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゾンビの中心で、愛をさけぶ [DVD]

【あさひなぐ】


【Amazon.co.jp限定】映画『あさひなぐ』 DVD スタンダード・エディション(早期購入特典:映画フィルム風しおり1枚付き)(オリジナル特典:オリジナルたすき+ブロマイド3枚組付き)

二ツ坂高校に通う1年生、東島旭(西野七瀬)。

中学校では美術部員だった彼女だが、なぎなた部のキャッチコピーに興味を抱き、入部することにする。

練習に打ち込む旭は、剣道経験者の八十村将子、背が高いことにコンプレックスを抱く紺野さくら、高い実力を持つ先輩の宮路真春(白石麻衣)らと一丸となって、インターハイの全国大会を目標に日々鍛錬を重ねる。

シネマトゥデイより。

第60回小学館漫画賞(一般向け部門)に輝いた、こざき亜衣のコミックを実写映像化した作品。

高校で薙刀デビューした3人が、上級生たちと成長していく姿を描いています。

結論から言うと、

漫画としては面白いけど、映画には向かない

作品でした。

あんまりおすすめ出来る映画ではないので、ネタバレしています。

原作は読んでいませんが、漫画なら連載を続けていけばいいですが、映画は時間という制限があるので、描ききれてない感じ。

主人公である旭すら中途半端な印象で、一緒に入部するハメになった将子、さくらにいたってはモブのよう。

もっとも、入部させられるシーンも意味がわからないんですけどね。

部活勧誘の際、笑ったエースの真春が新入生を叱りつけ、目を瞑らせて手を挙げた3人を呼び出し。

行ってみたら説教でもなんでもなく、いきなり入部前提であいさつさせられて、入部することになっているという謎展開。

これで入部するっておかしいし、普通に考えて続かないでしょ。

そもそも、笑う前に薙刀部がやってたのって、ぶんぶんぶんダンスですよ。

そりゃ笑います。

練習シーンが続き、大会のシーンがあるものの、呆気にとられる感じで終了。

特に見せ場と感じません。

そして、合宿として寺で修行させられる薙刀部。

普通ならここで特訓して強くなると思うんですが、なんとなく何かつかんだっぽいのは旭だけ。

それも具体的に強くなったというわけではなく、この感じ……みたいな。

夏休みも終わり、秋の大会で再び國陵高校と当たるんですが、参加しているのが7校なので当たるのも当然ですね。

そこで格付けされるように真春が國陵高校の一堂寧々に惨敗してしまいます。

その結果、自分より弱い相手しかいない薙刀部から離れ、別の場所で練習するようになる真春。

部の雰囲気がおかしくなっていく中、中村倫也演じるハイテンションでポジティブな教師小林が國陵高校との練習試合を組んできます。

大会が2回とも見せ場なし、練習試合が見せ場ってなんなんですかね?

というか、この作品、映画だけ見たら【あさひなぐ】じゃなく、【まはるなぐ】だと思います。

全体的にいろんなことがチグハグな作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★
(当時の乃木坂46メンバーがキャスティングされてるので、乃木坂好きにどうぞ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


【Amazon.co.jp限定】映画『あさひなぐ』 DVD スタンダード・エディション(早期購入特典:映画フィルム風しおり1枚付き)(オリジナル特典:オリジナルたすき+ブロマイド3枚組付き)

【イン・ザ・ヒーロー】


イン・ザ・ヒーロー [Blu-ray]

下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉(唐沢寿明)。

数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)という人気若手俳優と出会う。

ヒーロー番組に敬意を払わないリョウと対立するも、ある出来事を契機に本城は彼と絆を育むように。

そんな中、日本で撮影中のハリウッド大作で、落下して炎にまみれながらノーカットで殺陣を繰り出すクライマックスに出演する予定だった俳優が、恐れをなして降板。

慌てたスタッフは、本城の評判を聞き付けて出演をオファーする。

シネマトゥデイより。

スーツアクターたちの姿を描いた作品。

ジャンルとしてはコメディになってることが多いと思いますが、やや喜劇的ではありますが、ジャンル的にはヒューマンドラマ。

というか、俳優や、特撮アクションの知識がないと、笑うところがなく、ただのヒューマンドラマにしか見えないと思います。

スーツアクターというのは、わかりやすく説明すると、よく【仮面ライダー】や【ウルトラマン】、戦隊もの等で本人に代わってスーツを着てアクションをする役者のこと。

ちなみに本作品でスーツアクターを演じる唐沢は、東映アクションクラブに在籍していたので、本当にスーツアクターを経験しています。

スタッフの仕事もしたりしていた意外と苦労人だそう。

本城渉はそんなスーツアクターたちとともに下落合ヒーローアクションクラブという会社の社長なんですが、念願の劇場作品での顔出しでのオファーが来て、喜んだのもつかの間、若手俳優の一ノ瀬リョウに交代させられてしまう。

しかし、当の一ノ瀬はハリウッドにばかり目がいっていて、日本の特撮を軽視。

そのため、本城には盾突かないものの、他の俳優やスタッフには横柄な態度をとってしまう。

そんな折、オーディションを受けたハリウッド映画の感触がよく、スタッフが撮影現場に来るのを知った一ノ瀬は殺陣をやらせて欲しいと申し出る。

その結果、他のスーツアクターに怪我をさせてしまい、ハリウッド映画のスタッフにも批判されることに。

あまりにもハリウッド進出を急ぐ一ノ瀬を本城がたしなめるが、一ノ瀬の事情を知った本城は仲間とともに稽古をするように伝える。

その稽古の間、音楽に合わせて映像流れるだけという時間が続き、一ノ瀬も立派に成長していきます。

この辺、文字だけで数日後とか、数週間後じゃなかったので、変化していく様子が面白い、

一方、本城にも同じ作品のスタントのオファーが。

あらすじだと恐れをなしてとなっていますが、頭がおかしいです。

なにしろ内容が、

2階から落ちて、受け身に失敗した後、途中で火だるまになりながら数十人の敵と戦うシーンをワイヤーなし、CGなし、ワンカット

とか言い出す監督。

自分の映画だと言いますが、おまえやってみろというレベルです。

2階から落ちてまではともかく、ワンカットで受け身に失敗するため、マットとか敷けません。

しかも、そこから敵と戦うので、そんなに長く倒れてもいられないという無茶振り。

本作品にとっても見どころです。

さすがに本作品ではそんな無茶はしないので、殺陣のシーンでは本城はともかく、敵はスタイリッシュな動きをしてますけどね。

いわゆる師弟愛ではなく、夢を持つ者同士の絆を描いた作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(エンドロール中にも本編映像や、唐沢のスーツアクター時代の映像があります。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


イン・ザ・ヒーロー [Blu-ray]