コメディ映画」カテゴリーアーカイブ

【お前はまだグンマを知らない】

グンマに引っ越してきた男子高校生の神月紀(間宮祥太朗)は、転入する高校へ向けて自転車を走らせる途中、校内きっての美少女・篠岡京(馬場ふみか)に心を奪われてしまう。

彼女と一緒に楽しい学校生活を送ることができると期待に胸を膨らませるが、ふとグンマに海がないことをつぶやくと、生徒たちの怒りを買い、篠岡には殴られ、幼なじみの轟一矢(吉村界人)にも冷たくされてしまう。

さらに、トチギとイバラキのヤンキーにも目をつけられ……。

シネマトゥデイより。

千葉から群馬に引っ越してきた高校生の神月が、

グンマの人々の異常なまでの郷土愛

に翻弄されるストーリー。多分、TVドラマを再編集したものじゃないかと思います。ストーリー被ってるので。

一応、ラブコメのような紹介をされるし、ヒロインとして馬場ふみか演じる篠岡京がいるので、ラブコメなのかもしれないけど、きっとラブコメではありません。

グンマあるあるをメインに、イバラキ、トチギあるあるをちょいちょい挟み込んでくるんですが、それが面白い。

正直、ある程度の地域に対する知識がないと何を言っているのかわからないかもしれません。

本当にローカルネタが多いので、他の地方の人たちは大袈裟なのか、そういうものなのかもわからないと思います。

まあ、実際のところ、かなり盛ってるんですけどね。

ただ、この辺りは観終わった後、自分の住んでる地域や近隣の県民性を比較すると、結構楽しめるんじゃないでしょうか。

原作のコミックは1巻しか読んだことがないので、元々こんなに下ネタ多いのかという疑問はあるんですが、なんとなく【変態仮面】を彷彿とさせられました。

男子のトークは何故か男子トイレだったり、赤城の山が怒った時の対処法とか、大事なシーンで下ネタとか突き抜けてる感強いし。

舞台挨拶で馬場ふみかもパンチラアピールしてたらしく、代役だと思っていたんですが、まさかの本人なんですかね。

話だけ聞くとグンマやイバラキ、トチギをバカにして笑う作品にしか聞こえませんし、内容を見ても酷いなとしか感じないんですが、どこか愛情を感じるため、不快には感じない作品でした。

自分や身内を自虐ネタで言うのは許せるけど、他人に言われると不快というのはあると思うので、その辺は注意が必要かも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(くだらない笑いが楽しめる人向け。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


劇場版「お前はまだグンマを知らない」[DVD]

【ジーサンズ はじめての強盗】

ウィリー(モーガン・フリーマン)、ジョー(マイケル・ケイン)、アルバート(アラン・アーキン)は、平穏な余生を過ごしていた。

ところが長年勤めた会社の合併により年金をカットされてしまい、平均年齢80歳以上の彼らの生活はお先真っ暗の状態に。

追い詰められた彼らは、思いがけない行動に出る。

シネマトゥデイより。

3人のおじいちゃんたちがクライムコメディ。

と思ったら、意外なことに

知的な銀行強盗もの。

住宅ローンの金額が跳ね上がり、このままでは孫を連れた娘ともども家を追い出されることになるウィリー。

銀行に相談に行くと、自分に融資の契約をした男は契約した相手であるウィリーのことを覚えてもおらず、完全に他人ごと。

そこへ銀行強盗がやってきて、誰も傷つけず、警察にも捕まらず、颯爽と去っていきます。

そのことを興奮気味に仲間に話すウィリーに追い打ちが。

働いている会社が合併するため、年金がなくなることになった上、それぞれの事情で金が必要になります。

そこでジョーはウィリーが巻き込まれた銀行強盗をしようということになる流れ。

邦題からイメージするような老人たち特有の言動で、銀行強盗中に計画がどんどん破たんしていって、大ごとになっていく展開かと思ったんですが、そういう感じではありませんでした。

さすがに主演のモーガン・フリーマンをはじめ、マイケル・ケイン、アラン・アーキンといったレジェンドを集めてしまっては無茶もさせられないんでしょうね。

他にもアン・マーグレットやクリストファー・ロイド等も出てますし。

喜劇ではあるけど、弾けたコメディではないので、無難に収まっている印象なので、最近のコメディに慣れていると、物足りないと感じるかもしれません。

ただ、その反面、おじいちゃんたちの計画はアリバイが肝になっていて、どうやってアリバイを作ったのかが秀逸。

素人強盗なんだから、もっとザルな計画と思っていたら、すごい綿密で驚かされます。

いろんなシーンで伏線があるので、映画としても面白い作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(コメディ好きよりも推理もの好きにおすすめ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ジーサンズ はじめての強盗 ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

【コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~】

授業もバイトもやる気のないヨガが好きな高校生、コリーン・コレット(リリー=ローズ・メロディ・デップ)とコリーン・マッケンジー(ハーリー・クィン・スミス)はバイト先のコンビニでパーティーを開こうとするが、誤って地下に眠っていた謎のミニナチス軍団を呼び覚ましてしまう。

巨大な怪物を解き放ち、世界を手中に収めようとする軍団から地球を守るべく、彼女たちはコンビニで死闘を繰り広げる。

シネマトゥデイより。

この作品にも出演しているジョニー・デップの娘でモデルのリリー=ローズ・メロディ・デップと、監督のケヴィン・スミスの娘で女優のハーレイ・クイン・スミスの主演作。

ちなみにハーレイ・クイン・スミスの名前の由来は、【スーサイド・スクワッド】のハーレイ・クインからだったりします。

そんな本当にかわいらしいふたりが、携帯依存でバンド活動をしようとしている素行不良な女子高生コンビを演じていているんですが、

見事なまでの親バカ映画。

近年稀に見るレベルのつまらなさです。

ちなみにこの作品、【Mr.タスク】のスピンオフで、ふたりのコリーンたちや、ジョニー・デップ演じる探偵ギー・ラポワンテは【Mr.タスク】の登場人物なので、気になる人はそちらもどうぞ。

ストーリーは、女子高生たちが何かの呪いのアイテムを壊したとかでもなく、くだらない理由でナチスを起こしてしまい、そのせいでミニナチに襲われるという展開。

そもそもミニナチの襲い方もウケを狙い過ぎてて、失笑しか浮かびません。

コンビニの商品をうまく使って撃退とかなら面白かったのかもしれませんが、ミニナチが弱過ぎて、怖くもないし。

これって何かを見た感覚に似ているよなと思ったら、【学校の怪談】とか、その辺りに近い気がします。

まあ、モデルのリリー=ローズ・メロディ・デップ目当てで観る層を考えたら、これくらいがちょうどいいのかもしれませんが。

笑えるシーンもなくはないですが、見どころを訪ねられたら、主演コンビのかわいさと、ジョニー・デップの相変わらずのコスプレみたいな姿くらいとしか答えられない作品でした。

クライマックスのバトルも盛り上がらないって、逆にすごいかも。

オススメ度(10段階)……★★
(邦画でもここまで学芸会のような作品はそうそうないと思う。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ

【漫才ギャング】

コンビ結成10年目を迎える売れない漫才コンビでボケとネタ作りを担当する飛夫(佐藤隆太)は、相方から解散を告げられる。

ヤケ酒を飲みトラブルに巻き込まれ留置場に入った彼は、そこで不良の龍平(上地雄輔)に出会う。

龍平と少しずつ会話する中で、彼のツッコミの才能に気付いた飛夫がコンビ結成を申し込むと、意外にも龍平は承諾する。

シネマトゥデイより。

品川庄司の品川ヒロシの監督2作目。

コンビを結成して10年、自分の笑いを信じている飛夫に対し、相棒の石井保が解散を申し出る。

相棒は借金だけが増えていくだけで、将来が見えない状況に耐えきれなくなっていたのだそう。

一時期、M-1人気でお笑い目指す人間増えたし、昔と比べて芸人になる敷居が低くなってきましたが、ほとんどの自称芸人ってこんな感じだと思います。

実際、俳優や声優、タレント同様、バイトしているのはまだましで、それすらできないでパチスロ等のギャンブルや、人には言いにくい仕事をしている人間も少なくありません。友人にたかるだけのとかいますしね。

まれに実家が資産家で、稽古に集中できる人たちもいますが、一握りでしょう。

その後、保の取り立てにやってきた男にのされ、留置場に入れられた飛夫は龍平と出会い、そのツッコミの才能にコンビを申し込む。

龍平は一匹狼のアウトローで、ギャングに目を付けられ、度々問題を起こしていたが、飛夫と出会ったことで、お笑いの面白さに目覚め、ふたりでお笑いコンテストの優勝を目指すことにという展開。

タイトル通り、お笑い芸人とギャングのような男が手を組む作品で、ストーリー展開もお笑い半分、アウトローな世界半分といった印象。

ピース綾部演じる石井保と飛夫のコンビ、飛夫と龍平によるコンビの漫才シーンがあるんですが、ぶっつけ本番の割にはテンポが良く、結構笑えます。

特に佐藤隆太演じる飛夫は、普段はどちらかというと不快なタイプのキャラクターなので、ちょっと予想外。

もちろん、本当の芸人ではないので、それを踏まえての話ですけどね。

ただ、ギャングとのやりとりは本当につまらない。

リーダーの佐山不在で調子に乗ってる新井浩文演じる城川は小物臭しかしないので、千鳥の大悟演じる岩崎とのやりとりの方が面白い。

というより、城川いいとこまったくなしなので、新井にとっては黒歴史になりかねません。

まあ、千鳥の大悟は芸人なのに、2016年の末に不倫報道された際の画像は完全に半グレですけどね。

ところどころ面白いシーンがあるので、一般受けはしやすいと思いますが、純粋な映画好きにはつまらないんじゃないかと。

面白さがどんどん尻すぼみになっていく上、予想通りの展開にしかならないので、持ち直さないし。

例えると、

積み重ねて山に登るんじゃなく、ハードル走してる

感じ。

まあ、おしゃべりクソ野郎の映画なので、こんなものだと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(いや、普通のドラマやB級映画と比べたら面白いと思いますよ)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


漫才ギャング スタンダード・エディション [Blu-ray]

【ソーセージ・パーティー】

スーパーマーケット「ショップウェル」で、ソーセージのフランクは恋人であるパンのブレンダと結ばれホットドッグになることを夢見るなど、食材たちは人間に買われることを望んでいた。

ある日、ついに一緒にカートに入れられ喜ぶフランクとブレンダだったが、アクシデントが発生し店に取り残されてしまう。

一方、夢がかない購入された食材たちは……。

シネマトゥデイより。

誘われた段階でCGアニメなのに、エログロのB級と聞かされ、予告編を見た限りでは、嫌な予感しかしなかった作品。

結論から言えば、

軽い下ネタが平気なら普通に面白い。

ストーリーは大まかに2つに分かれて進行。

スーパーマーケットに陳列されている商品たちは、客を神、店員を暗黒神、店の外は願いがかなう楽園だと信じています。

そんなある日、客が交換して棚に戻され、外は地獄だと言っていたハニーマスタードが再び買われることに。

カートにはソーセージたちや、グラマーなパン、売れ残りをまぬがれたらしいビデなんかも買われようとしていることに喜んでいます。

しかし、ハニーマスタードが自殺をはかったことでカートは大混乱。

比喩ではなく、【プライベート・ライアン】のノルマンディー上陸シーンとなってしまいます。

過激バージョンの予告編でも流れているシーンですが、【プライベート・ライアン】を観ていたら、よくパロディ化されていると感じるはず。

結局、セットの袋から出てしまったソーセージのフランクとパンのブレンダは、ベーグルのサミーベーグルJrやラバシュのカリームとともに陳列棚を目指そうとします。

その影ではやはり店内に取り残されたビデがフランクとブレンダに逆恨みして、モンスター化して迫っているという状況。

一方、買われていった方はというと、調理のために皮を剥かれたり、茹でられたり、切られたり、裂かれたりともう地獄絵図。

中には生でバリバリ食われてしまうのも。

なんとか逃げ出したソーセージのカールは、フランクに真実をつたえるため、スーパーマーケットを目指すという展開。

もっともカールがハードな状況なのに対して、フランクとブレンダはたまに危険な目にあうものの、タコスのテレサも加わり、イチャコラしたりで余裕が多いんですよね。

必死にフランクを助けようとしているカールがちょっとかわいそう。

全体的にダイレクトな下ネタも少ないし、グロも序盤の調理シーンくらいだよなって思って観ていると、ドラッグ絡みの話が出てきた辺りからきな臭い感じになっていき、CGアニメじゃなかったら、「えっ」てなりそうなシーンもあるので要注意。

エロシーンの方はクライマックスの乱交シーン以外はほとんど口で言ってるだけなので、よほどそういう方面に潔癖か、子供じゃなければ平気だと思います。

もっとも、そういう人たちが観ようと思う映画ではないですけどね。レンタルや配信でよく確認せずに見ちゃったというパターンくらいですかね。

難点としては、詳しい必要はないけど、映画や海外の知識を多少知らないと笑いがわかりにくいかも。

ガムとして出てくるホーキング博士のセリフとか、知らないとなんでガムが車いすとか、セリフが物理学に偏ってるのかとかわからないでしょうし。

多分、日本人が一番わからないのが悪役となるビデ。日本だとウォシュレットで見る単語ですが、海外にはウォシュレットがあまり普及していません。

電源とか、下水の関係だそうですが、便器とは別の設備や、作品中に登場する備え置きの道具が一般的みたい。まあ、女性用の洗う道具だと思ってください。

まあ、そんなのを悪役に選ぶ辺り、下ネタなんでしょうけどね。

思ったより時間が短く感じたので、くだらない下ネタ好きな人なら楽しめると思います。ちなみに六本木での上映では、女性客の比率が高かったです。

入口のスタンディポップと記念撮影してるのもほとんど女性でしたし。

【アイランド】のスーパーマーケット版とかいろいろ書きたいことはあるけど、深く考えずに見て欲しい。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(エンディングロールに入る『最後の真実』は面白いけど、賛否両論かもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ