コメディ映画」カテゴリーアーカイブ

【俺たちホームズ&ワトソン】


俺たちホームズ&ワトソン

名探偵として名声を欲しいままにしていたホームズとワトソン。

そんなホームズは自身のサプライズ誕生日パーティーにて偶然モリアーティ教授からの脅迫状を発見する。

そこには女王の殺害予告が書かれていて…プロレスラーとの突然の決闘や女王の殺害未遂を乗り越えながら、天才的なひらめきで彼らはこの難事件を解決できるのか?

公式より。

イギリスの名探偵シャーロック・ホームズを描いた作品は多々ありますが、コメディはかなり少ないんですよね。

本作はその中でもずば抜けて、下ネタや下品な笑いで埋め尽くされています。

というか、配役こそホームズにウィル・フェレル、ワトソンにジョン・C・ライリーと一見まともそうですが、ラズベリー省に6部門ノミネート、4部門受賞するだけはある作品でした。

ストーリー自体は、ホームズの誕生パーティーでヴィクトリア女王を暗殺する計画が発覚。

ホームズが計画の阻止に奔走するという真っ当そうなストーリー。

しかし、ホームズは頭おかしい。ワトソンはただの凡人。

言動はトンチンカンか、下ネタばっかりというありさま。

わかる人にはわかる【スカリームービー(最終絶叫計画)】シリーズのノリに近い。

ミステリーパロディとしては、ナシというほどではないですが、やはりホームズファンないわゆるシャーロキアンとの親和性は低そう。

特にハドソン夫人のファンにいたっては激怒しそうなくらいにキャラが崩壊、

ハドソン夫人が田舎臭いビッチ

として描かれています。

推理の過程も推理とは呼べないので、ミステリーファンに楽しめる余地は少ないです。

ギャグというか、ユーモアの部分もどちらかと言えば寒いので、コメディとして見るにもハードルが高いかも。

ウィル・フェレルの出ている『俺たち』がタイトルにつく作品や、イギリス流の下ネタギャグが好きな人にだけおすすめしたい作品。

オススメ度(10段階)……★★★
(よく言えばドタバタコメディと言えなくもない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


俺たちホームズ&ワトソン

【カメラを止めるな!】


カメラを止めるな! [Blu-ray]

人里離れた山の中で、自主映画の撮影クルーがゾンビ映画の撮影を行っている。

リアリティーを求める監督の要求はエスカレートし、なかなかOKの声はかからず、テイク数は42を数えていた。

その時、彼らは本物のゾンビの襲撃を受け、大興奮した監督がカメラを回し続ける一方、撮影クルーは次々とゾンビ化していき……。

シネマトゥデイより。

2018年にスマッシュヒットしたホラーコメディ。

今回はネタバレありです。というか、ネタバレしないと、まともに紹介できないタイプの作品。

個人的に上映前はB級ゾンビ映画として推していましたが、実際はコメディです。

正直な話、展開は察していたので、ホラーとして推すのはどうかなと思ったんですが、ゾンビを扱っていることに代わりはないので、そのまま紹介してました。

ストーリーは2段構え、厳密には3段構えで、あらすじに書かれているゾンビ映画の撮影が前半。

劇中劇としてゾンビ映画を撮影していたはずが、その役者やスタッフたちが本当にゾンビに襲われるという展開なんですが、それも劇中劇。

ゾンビ映画を撮っているスタッフたちが襲われるというドラマを撮影していたというのが本当のストーリー。

前半が終わった段階でクレジットが流れ、実はそれが前述の通りの状況だったということがわかります。

後半は前半の撮影がどのように行われていたのかが描かれていくんですが、そこからが完全にコメディ。

前半がホラー、後半がコメディという意味で、ホラーコメディです。

役者たちは曲者揃い、製作側もクセの強いキャラばかり。

やたら意識の高い主演男優、演技が下手な女優、アル中の中年男優、メガネ、やたら細かいことにこだわる男優たちを使って撮るのは、生中継1カットという無茶なゾンビドラマ。

しかも、とある事情で監督が監督役に、監督の妻で元女優の女性までドラマに参加するハメに。

アクシデントだらけの生中継ドラマはどうなってしまうのかという展開。

前半であまりにも不自然で、なんなんだろうと思うシーンが多々あるんですが、何故そんなことになっているのかも後半で判明します。

前半のグダグダ振りの理由がわかるので、それなりに納得はいくんですが、思った以上に観る人を選ぶ作品だと思います。

はっきり言ってしまうと、

舞台演劇や、映画撮影等に興味がないと、本当にただのドタバタコメディ。

系統としては、【サマータイムマシン・ブルース】や、【曲がれ! スプーン】、【スペーストラベラーズ】辺りを好きな人なら楽しめると思います。

ただ、それらの作品と比べて、1ランク2ランク落ちるという印象ですが。

同じ監督の【お米とおっぱい。】も、【12人の優しい日本人】の劣化版としか感じませんし。

本作中の本当の主人公である日暮の売り文句が、『早い安いそれなり』なんですが、本作の監督である上田慎一郎もそうなのかと思ってしまいました。

あとは、登場人物の名前がキャストの名前をモジっていることくらいが特徴ですかね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(面白いことは面白い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


カメラを止めるな! [Blu-ray]

【クリスマス・カンパニー】


クリスマス・カンパニー [DVD]

そこは人間界から遠く離れた“サンタ”たちの世界。

クリスマスまであと4日、サンタクロースとお手伝いのエルフたちは、人間の子供たちへのプレゼントの準備に大忙しだ。

しかし、プレゼントを作っていた9万2千人のエルフたちが、一斉に倒れてしまったからさあ大変!

エルフを治すのに必要なビタミンCを手に入れるため、寝ている子供たちにしか会ったことがない、大人嫌いのサンタクロースは渋々人間界に向かうのだが、それが大騒動の始まりだった…!

タイムリミットは12月25日!果たしてサンタクロースはエルフたちを救い、無事プレゼントを世界中の子どもたちに届けることができるのか!?

公式より。

ブラック企業のワンマン社長のようなサンタクロースは子供たちのためだとエルフたちに無茶振りばかり。

そのうちのひとりが倒れてしまうんですが、この作品のエルフはひとりが倒れると、次々と倒れていくという習性を持っていて、10万人近いエルフが全滅してしまいます。

エルフを回復させるためにはビタミンCが必要なんですが、当然そんな量のビタミンがあるはずもなく、人間たちの世界に買いに行くことに。

しかし、この偏屈なサンタクロースは、寝ている子供たちにしか会ったことがなく、人間社会の常識を一切持ち合わせていません。

はっきり言ってしまえば、

コミュ障な老人

なので、自分の要求だけで相手の話を聞こうとしません。

そんな状態なので、当然警察のやっかいになり、弁護士のトマと出会います。

その場では別れたサンタクロースとトマですが、トナカイをトマの家の屋上に止めていたため、再会することに。

始めは不審人物としか思っていなかったトマも、サンタクロースが本物だとわかると、子供たちのためにも協力することにという展開。

昨今のサンタクロースムービーとしては、意外と面白い。

ただ、偏屈な老人がトラブルメイカーになるコメディというスタイルなので、サンタクロースが偏屈なトラブルメイカーと思うと、ちょっとモヤモヤします。

ドジとかなら笑えていいと思うんですが、どっちかというと自分勝手な嫌な人物という印象。

むしろ、トマがストレスを抱えながらも頑張る善人で、本当に健気でした。

ちょくちょく別のトラブルが起きるので飽きはしないという意味でも悪い映画ではないんですけどね。

意外と面白いけど、ちょっと好みが分かれるかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(多分クリスマスの定番にはならない作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめファンタジー映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


クリスマス・カンパニー [DVD]

【ゲーム・ナイト】

マックスとアニーは週に一度、仲間同士で集まっては様々なゲームに興じている。

この夜はマックスの兄が企画した殺人ミステリーパーティーのはずだったが、待っていたのは予想の斜め上を行く展開だった。

シネマトゥデイより。

マックスとアニーは仲の良い夫婦だったが、子供が出来ないことに悩んでいた。

どうやら原因は兄のブルックスへのコンプレックスに起因するストレスらしい。

そんなブルックスがゲームの日にマックスの憧れである車シボレーで現われる。

隣人の警官ゲイリーは面倒なタイプな上、妻と別れて以来、なるべく関わらないようにしていたのに、ブルックスのせいで集まっていることがバレてしまう。

ゲーム中もマックスの過去を暴露したりして、ブルックスの言動はマックスとアニーをイラつかせるばかり。

来週のゲームでは負かしてやろうと思っていると、ブルックスが来週は自分の家でゲームをしようと提案をしてくる。

そのゲームは誰かが誘拐され、その人物を見つけたプレイヤーにシボレーをあげるというものだった。

参加者はホストのブルックス、マックスとアニー夫妻、ケヴィンとミシェル夫妻、ライアンと同僚のサラの7人。

やがてFBIを名乗る男がやってきて、状況を説明していると、覆面の男たちが乱入してきてFBIの男を倒すと、ブルックスを連れて行ってしまう。

6人はそれもゲームの一環だと思い、お菓子を食べながらのんびりと見送り、ゲームを開始。

どんな方法で探してもいいというルールなんですが、ヒントから正攻法で探しているのはケヴィンとミシェルだけ。

マックスとアニーは身も蓋もない方法で追跡、ライアンたちはそのマックスたちのあとをつけている様子。

実はブルックスを誘拐したのは彼が雇った俳優ではないんですが、そんなこととは知らないマックスたちは監禁場所に突入。

一旦はブルックスを救い出すことに成功するんですが、そこで事態を把握。

他の2組も違う理由で状況を把握します。

再び捕らわれたブルックスを救うため、様々な行動に移るんですが、

真相が二転三転していく

という展開。

印象としては、おとなしめの【ハングオーバー】と言った感じ。

【モンスター上司】に出ていたジェイソン・ベイトマンが主演なので、【モンスター上司】の方が近いかも。

その辺りのややブラックなくだらない感じのコメディが好きな人なら楽しめると思います。

マックスの妻アニーがレイチェル・マクアダムスなんですが、【アバウト・タイム?愛おしい時間について?】のイメージとは大違いでした。

にしても、頑ななまでのデンゼル・ワシントンネタはなんだったんだろう。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(エンドロールは最後までちゃんと見るべき。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゲーム・ナイト(字幕版)

【お前はまだグンマを知らない】

グンマに引っ越してきた男子高校生の神月紀(間宮祥太朗)は、転入する高校へ向けて自転車を走らせる途中、校内きっての美少女・篠岡京(馬場ふみか)に心を奪われてしまう。

彼女と一緒に楽しい学校生活を送ることができると期待に胸を膨らませるが、ふとグンマに海がないことをつぶやくと、生徒たちの怒りを買い、篠岡には殴られ、幼なじみの轟一矢(吉村界人)にも冷たくされてしまう。

さらに、トチギとイバラキのヤンキーにも目をつけられ……。

シネマトゥデイより。

千葉から群馬に引っ越してきた高校生の神月が、

グンマの人々の異常なまでの郷土愛

に翻弄されるストーリー。多分、TVドラマを再編集したものじゃないかと思います。ストーリー被ってるので。

一応、ラブコメのような紹介をされるし、ヒロインとして馬場ふみか演じる篠岡京がいるので、ラブコメなのかもしれないけど、きっとラブコメではありません。

グンマあるあるをメインに、イバラキ、トチギあるあるをちょいちょい挟み込んでくるんですが、それが面白い。

正直、ある程度の地域に対する知識がないと何を言っているのかわからないかもしれません。

本当にローカルネタが多いので、他の地方の人たちは大袈裟なのか、そういうものなのかもわからないと思います。

まあ、実際のところ、かなり盛ってるんですけどね。

ただ、この辺りは観終わった後、自分の住んでる地域や近隣の県民性を比較すると、結構楽しめるんじゃないでしょうか。

原作のコミックは1巻しか読んだことがないので、元々こんなに下ネタ多いのかという疑問はあるんですが、なんとなく【変態仮面】を彷彿とさせられました。

男子のトークは何故か男子トイレだったり、赤城の山が怒った時の対処法とか、大事なシーンで下ネタとか突き抜けてる感強いし。

舞台挨拶で馬場ふみかもパンチラアピールしてたらしく、代役だと思っていたんですが、まさかの本人なんですかね。

話だけ聞くとグンマやイバラキ、トチギをバカにして笑う作品にしか聞こえませんし、内容を見ても酷いなとしか感じないんですが、どこか愛情を感じるため、不快には感じない作品でした。

自分や身内を自虐ネタで言うのは許せるけど、他人に言われると不快というのはあると思うので、その辺は注意が必要かも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(くだらない笑いが楽しめる人向け。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


劇場版「お前はまだグンマを知らない」[DVD]