コメディ映画」カテゴリーアーカイブ

【ゾンビランド:ダブルタップ】


【Amazon.co.jp限定】ゾンビランド:ダブルタップ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(オリジナルクリアファイル付) [Blu-ray]

2009年、感染者をゾンビ化するウイルスのパンデミックが発生。

コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は、32項目におよぶ生き残るためのルールのもと、ゾンビと戦いながら絆を育んできた。

それから10年後の2019年、進化を遂げたゾンビが彼らの前に現れ、4人は倍以上に増えたルールで生き残りを図る。

シネマトゥデイより。

前作から10年、家族のような絆で生き残りつづけているコロンバスたち。

10年経ってもあんまりイメージ変わらない辺り、【ウォーキング・デッド】とは大違いです。

本作では安息の地を目指すわけではなく、コロンバスにプロポーズされたウィチタと、やたらと干渉してくるタラハシーにイラついたリトルロックの姉妹が離脱。

ウィチタに受け入れられなかったことに落ち込むコロンバスは、ショッピングモールでマディソンと出会います。

ピンク色なラブコメ映画に出てきそうなマディソンは、冷蔵庫を根城にひとりで生き残ってただけあって、コロンバスに猛烈アピール。

そんなところへウィチタが武器をとりに帰ってきて険悪なムードに。

話を聞くと、いまさらのような反抗期を迎えたリトルロックがテキトーな優男と駆け落ちしてしまい、探しに行くと言う。

タラハシーと変な三角関係と化したコロンバス、ウィチタ、マディソンの4人は、リトルロックを探す旅に出ることにという展開。

10年の間にゾンビたちが分類できることに気づき、一般的なのろいゾンビをホーマー、知能があるものをホーキング、足の速いボルト等にわけられた。

なかでもやっかいなのが、ニンジャと呼んでいる反射神経が高く、忍び寄って突然襲ってくるタイプと、T-800と呼んでいる強力なパワーを持ち、タフでなかなか死なないタイプ。

特にT-800のタフさはハンパなく、コロンバスの考えたルールの二度撃ちでもとどめを刺せません。

そんなゾンビたちに襲われながら、リトルロックを追ってたどり着いたハウンドドッグホテルで女主人のネバダとタラハシーがいい中になったり、コロンバスとタラハシーに似たコンビとあったりします。

この

ハウンドドッグホテルでの出来事がかなりの笑いどころ

なんですが、そっくりさんコンビの扱いが軽過ぎて、必要だったかなという気がしなくも。

もっとも、似たようなコンビがずっと出てきてもうっとおしいだけで、わかりにくくなるので軽いのもしょうがないかもしれませんが。

このネバダ、前作で死んだビル・マーレイのファンでもあり、殺したのがコロンバスだと知らないため、犯人を恨んでたりするのが面白い。

ちなみにビル・マーレイは作品中には出てこないにもかかわらず、エンドロール中に出てきます。

そして、リトルロックがバビロンという町にいると知り、会いに行くんですが、リトルロックの幸せそうな姿にタラハシーは別れを告げるも、新種のゾンビたちの群れがバビロンに向かっているのを発見。

バビロンには武器がなく、ゾンビは住民たちの100倍。

ハチャメチャな戦いで普通の映画なら最大のみどころなんでしょうが、この作品の場合はあんまり見どころではありませんでした。

それなりに面白いシーンが続くんですが、ハウンドドッグホテルのくだりの方が面白かった分、ちょっと物足りない感じ。

それでも、作品全体を通して考えたら面白いシーンが多いので、グロ耐性がある人たちなら楽しめる作品だと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(オープニングのコロンビアの女神が動き出すのが笑えます。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


【Amazon.co.jp限定】ゾンビランド:ダブルタップ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(オリジナルクリアファイル付) [Blu-ray]

【リトル・モンスターズ】

恋人に裏切られて姉の家に転がり込んださえないミュージシャンのデヴィッドは、おいが通う幼稚園の先生キャロライン(ルピタ・ニョンゴ)を好きになり、彼女に近づくために遠足に同行する。

動物園には子供たちに人気のテレビ番組司会者テディ・マクギル(ジョシュ・ギャッド)がいた。

子供たちが大喜びする中、大量発生したゾンビが一行に迫っていた。

シネマトゥデイより。

幼稚園が遠足にいった動物園でゾンビパニックが発生するゾンビコメディ。

ダメなミュージシャンのデヴィッドが甥のフェリックスを連れ、長年つきあってきた恋人にプロポーズしようと帰宅すると、なんと同僚とセックス中。

しかも、自分がフラれた上、浮気相手の同僚に返り討ちにされる始末。

結果的に家を出るはめになったデヴィッドは、フェリックスの母親で、自分にとっても育ての親のような存在の姉の家に転がり込む。

その交換条件にフェリックスの面倒をみる約束をすることに。

デヴィッドは、フェリックスを送っていった幼稚園で先生のキャロラインに一目ぼれ。嘘をついたりして気を引こうとします。

幼稚園の遠足の引率が足りないことを知ったデヴィッド、自ら同行を立候補。

もっとも、キャロラインには婚約者がいることを知り、消沈することになるんですけどね。

そんなストーリーが延々と20分以上。

間違った作品を見てるのかと思っちゃいました。

動物園というか、農場みたいな場所に幼稚園のバスが憑いた頃、辞退は進展。

人気番組の収録をしているらしく、司会のマッギグルのダンスに園児たちは大喜び。

近隣にあるらしい施設ではアクシデントか何かでゾンビが逃亡。

園児たちのいる動物園にも、どんどん侵入してきます。

様子がおかしいため、話を聞きに行ったガイドの職員がやられ、キャロラインも襲われますが、自分で撃退。

こういった作品としては珍しい

初めから容赦のないヒロイン

です。

パニックを起こさないようにこども達には鬼ごっこだと説明し、なんとか土産物屋への籠城に成功。

しかし、動物園はすでにゾンビだらけで、脱出手段がないという展開。

ひとりふたりならともかく、10人以上の園児をふたりの大人が連れているという珍しい状況設定。

まあ、もうひとりお邪魔キャラとして、クズなおっさんがいますが。

もしこれが大人の集団や日本のアニメだったら、それぞれの個性を活かしたり、派閥争いになるんでしょうけど、5歳のこどもたちなのでそんなことはありません。

キャラクターがあるのは、フェリックス、フェリックスのガールフレンド、フェリックスをいじめてるピーマンデブ。

フェリックスはダースベイダーのコスプレで活躍したり、トラクターの運転を知っていたりと有能ですが、ピーマンデブはパターゴルフやりた過ぎて、本当にうるさいだけでイライラします。

おまえの父親マッギグルじゃないのかと言いたくなります。

そんなこどもがワラワラと出てくる作品にもかかわらず、周囲は絵面的には割とエグい。

痛い類の演出はほぼないですが、現実だったらトラウマになるくらいには血だらけです。

これで鬼ごっこと信じるこども達はなかなかチョロそうで、それだけが救いかも。

やがて、軍隊が来るんですが、この指揮官がポンコツ。

保護者が押し寄せてるのに、ゾンビが集まっている土産物屋に爆弾を落とそうと考えます。

クライマックスのデヴィッドたちが脱出しようとするシーンでも、判断基準がボヤボヤで、戦争だったら部隊全滅させそう。

もっとも、アクション的なみどころは、ほぼすべてキャロライン先生が持っていくというのも特筆すべき点かもしれません。

こどもたちは当然ですが、デヴィッドもマッギグルも基本的にゾンビから逃げるだけですが、キャロライン先生だけは余裕で倒します。

あるシーンにいたっては、まるで無双系アクションゲームのようでした。

ちょっとラブコメっぽい展開が占める割合が多いかなという印象を受けましたが、オーソドックスなストーリーなおかげもあるのか、結構楽しめた作品。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(TSUTAYAレンタル&配信独占か、先行かも)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ

【ブラック・クランズマン】


ブラック・クランズマン [Blu-ray]

アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捜査のために電話で白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に応募する。

黒人であることを隠して差別発言をまくし立てた彼は、入会のための面接に進み、彼の代わりに白人の同僚刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライヴァー)が面接に向かう。

シネマトゥデイより。

いまだ黒人差別が根強く残るアメリカで、黒人が刑事として採用され、偶然から差別団体である白人至上主義団体KKKに潜入する作戦を進めるストーリー。

予告の段階から気になっていたんですが、てっきり【ビバリーヒルズ・コップ】みたいに口先だけでなんとかするコメディなのかと思ってました。

ただ、その時点で外見が黒人なんだから口先だけでどうするにもならないはずだよなという疑問が。

実際に見てみたら、思った以上に真面目な話。

これくらい真面目だと事実を基にと言われても納得しますね。

黒人が権利を求めてブラック・パワーを掲げてる一方、それをよく思わない白人がアメリカファーストやホワイトパワーを提唱し、対立しています。

そんな中、情報課に配属された黒人初の刑事ストールワースは、新聞で見つけたKKKの募集に白人の振りをして応募。

黒人やユダヤ人への差別を熱弁したことでKKKの支部長に気に入られたストールワースはメンバーに会うことに。

ストールワースは潜入を望みますが、当然ながら黒人のストールワースに潜入できるわけがありません。

そのため、ストールワース、フリップ、もうひとり白人のおっさん刑事でチームを組み、ストールワースが電話担当、フリップが潜入担当の

ふたりでひとりの潜入計画

を進めることに。

一見なんとかなりそうな計画ですが、実はフリップもユダヤ系だし、バレたら白人だとしても危険な作戦です。

会うことになっているグループのリーダーは穏健派ですが、実際の実力者はフェリックスという男で、妻のコニーともどもかなりの差別主義者。

何かにつけて、フリップを疑ってくるので、なかなか厄介な人物。

そして、どんどん加熱していく黒人たちの活動と、白人たちの差別意識。

ストールワースは以前潜入しようとした講演会で知り合った黒人学生連合の代表であるパトリスと親密になり、正体を隠したまま危険を伝えようとします。

やがて、フェリックスはある計画を実行に移すことを知り、ストールワースたちが奔走するという展開。

何度もバレそうになり、やられるんじゃないかとハラハラするのがおもしろい。

どうせやられないんでしょと思うかもしれませんが、その状況からどうやって助かるのがが想像できないから結構ドキドキします。

また、ストールワースとKKKの支部長との電話のやりとりは、個人的にはかなり笑えました。

ラストのネタにも使われるくらいなので、作品としても自信がある部分なんでしょうね。

あと、厳しいなと思っていた上司が意外といい人なのも良かったですね。

ちなみにいまさらですが、この黒人刑事のストールワースを演じているジョン・デヴィッド・ワシントン。

名前からも察すると思いますが、デンゼル・ワシントンの長男です。

相棒であるフリップは、【スターウォーズ】でカイロ・レンを演じたアダム・ドライバーでした。

基本一緒に行動はしませんが、バディムービー好きでも楽しめる作品。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★

(刑事ものですが、アクションは薄いので、推理系好きにおすすめ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ブラック・クランズマン [Blu-ray]

【家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。】


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ってきたサラリーマンのじゅん(安田顕)は、玄関で血を出して倒れている妻ちえ(榮倉奈々)の姿を目にして驚く。

だが、血はケチャップで彼女は死んだふりをしているだけだった。

驚く夫を見てほくそ笑むちえ。

それを境に彼女は、ワニに食われたり、銃で撃たれたり、頭に矢が突き刺さったりと、さまざまなシチュエーションで死んだふりをするように。

あきれるじゅんだったが、理由も言わずに奇怪な行動を続けるちえに対して不安を覚える。

やがて、それらが彼女の発する何かのサインではないかと考えるが……。

シネマトゥデイより。

元々はYahoo!知恵袋への投稿から始まった話で、家に帰ると妻が死んだふりをしているんだけど、妻の意図がわからないという夫の話。

個人的にはボーカロイドの初音ミクに歌わせた楽曲を見て、まとめサイトで読んだ記憶がありました。

それを10年くらい経って、なんで実写化? とも思ったんですが、アマゾンプライムにあったのでなんとなく視聴。

サラリーマンのじゅんが家に帰ると、妻のちえが血を流して死んでいます。

慌てて近づいて、救急車を呼ぼうとしたところでネタばらし。

いまやったら、実際にそういう事件があるのでシャレになりません。

その後も、ワニに食べられてたり、矢が刺さってたりと様々な死に方をしています。

当時インパクトの強かったマンボウはなかったと思いますが。

同僚に相談するも、どうせわからないんだから適当に流せ的なことを言われます。

しかし、じゅんは何とか理解しようと、色々と悩み抜くんですね。

元々、じゅんは再婚で、なぜ前妻が3年目に離婚を切り出したのかがわからないまま。

同じ思いをしたくないため、ちえとは3年目に、結婚を持続できるかふたりの気持ちを確かめ合おうという条件を出していました。

その3年目が近づき、死んだふりは何かのメッセージなのかと考えても、思いつきもしません。、

直接ちえに尋ねてみても、「月がきれいですね」とか、はぐらかされるばかりです。

その後、ちえが働き始めたクリーニング屋の老店主や、同僚夫婦等さまざまな夫婦の形に触れていくという展開。

映画なのでしょうがない部分ではあるんですが、元ネタが元ネタだけに後半のシリアス展開はどうなんだろうなって感じました

元ネタを知らない人にとってはコメディからのシリアスはごく当たり前の構成だと思うんですが、

元ネタを知っている人たちにはそうじゃない感

があるような。

もっとも、それ以前に元ネタを知らない人で、安田顕や榮倉奈々のファンじゃない人たちって見るのかなって。

純粋にラブコメと思って見たら、前半の死んだふりのシュールさは面白いし、後半の純愛とも言えるラブストーリー、様々な人たちの夫婦観の描写とか良い作品なんですけどね。

あと、クライマックスにどういうことだったのか説明をしているんですが、あんまり見た人たちには伝わらなかった様子。

回りくどいし、前フリがないとわからないような無茶振りでしたし。

一番疑問なのは、ネットで質問したことでブレイクしたのに、全然そんな描写がないことでしたけどね。

その辺が【電車男】とは違うかなって印象でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(元ネタ知らない方が楽しめるのかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

【ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!】


ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]

ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒という学生時代に達成できなかった挑戦にリベンジすべく、故郷であるイギリス郊外の街ニュートン・ヘイヴンに戻ってきた中年男性たち。

終点となる12軒目のパブ、ワールズ・エンドを目指して、ひたすら飲みまくっては大騒ぎする彼らだったが、どこか街の住民たちの様子がおかしいことに気付く。

やがて、住民が何者かによって操られていることが判明。

目を光らせて青い血を流す彼らに追い掛けられながらも、五人はハシゴ酒を成し遂げようと逃げては飲んでを繰り返していく。

シネマトゥデイより。

サイモン・ペグとニック・フロストのいつものやつ

という感じのSFコメディ。

高校卒業時に達成できなかった12軒のパブで1杯ずつ飲んではしごするというチャレンジ。

当時はイケてたゲイリー・キングも、20年経ち、完全に落ちぶれていた。

4人の仲間たちは、それなりの生活を送っていたが、ほぼ無理やりという感じでつきあわされます。

そして、5人で故郷のニュートン・ヘイヴンに着くんですが、20年も経っているので、すっかり街の様子は変わっていました。

それでもパブは残っているようなので、挑戦を強行。

はしご酒からどうやったらSFにシフトするのかと思っていたら、トイレでからんだ青年とトラブルに。

喧嘩をしたら首がもげちゃいました。

もげたと言っても血が噴き出すとかではなく、昔の人形みたいにとれちゃう感じ。

トイレが長いと仲間たちが様子を見に来たため、ゲイリーが説明していると、青年の仲間がやってきて大乱闘。

人形みたいな青年たちが弱いのか、おっさんたちが意外と強いのか、割と圧勝。

でも、トイレはメチャクチャです。

こんな乱闘があっても、店内は誰も気にしている様子がなく、次の店へ。

明らかにおかしい状況なのに、挑戦を続けるとか神経太いですね。

とはいえ、様子がおかしいため、別のパブで会った昔の知り合いに話を聞くと、どうも町は何かに支配されているらしい。

支配されているとは言っても、奴隷みたいな目にあっているわけではなく、共存しているとのこと。

ただ、そう話した住民は指示を受けて、どこかへ行ってしまいます。

普通なら町から出るところですが、ゲイリーは挑戦を続けることにこだわり、追われながらも挑戦を続けることに。

中盤位までは、相手も必死に追いかけてくることもないんですが、たまに思い出したように襲ってくるという展開。

途中、オリヴァーの妹で、過去の挑戦では途中でゲイリーとヤッているサムが加わって、相手と戦ったりも。

そのバトルシーンが昔のカンフー映画みたいなのと、相手の特性をいかした演出が結構面白い。

また、何故か昔の知り合いが若い姿で現れて、明らかに罠なのにのっちゃう展開とかも、くだらなくて良かったですね。

挑戦が終了に近づくにつれ、ゲイリーたちを追う相手の追跡が苛烈に。

見ている間は、挑戦が進むことに何の問題があるのかわかりませんが、そういうことだったのかとわかります。

結局、ある理由で異星人がニュートン・ヘイヴンにいて、事情を説明するんですが、サイモン・ペグとニック・フロストのいつものやつなので、お察しの展開に。

ちなみにこのネットワークと呼ばれる異星人の声、オリジナル音声はビル・ナイです。

バトルシーンを除けば、このネットワークとのやりとりが見どころでした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(なんか見覚えあるなと思ったら、ガイ・シェパードという役で、ピアース・ブロスナンが出てました。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]