コメディ映画」カテゴリーアーカイブ

【Z Bull ゼット・ブル】


Z Bull ゼット・ブル [DVD]

様々な兵器を生産する軍事大企業アモテック社。

そのアモテック社の経理部で働くデズモンドは、リストラ候補にも挙がる冴えないサラリーマン。

ある日、デズモンドはいつものように遅刻して出勤するが、社内の様子が何かおかしい。

社員たちは、試作品の兵器である集中力強化ドリンク剤「ゾルト」を飲んでいた。

しかしそれは失敗作で、社員たちは狂暴化し日頃のうっぷんを晴らすかのように殺し合いを始めていた…。

「Oricon」データベースより。

以前見た【Z Inc. ゼット・インク】と雰囲気似ているなあと思いながら視聴。

いや、まあタイトルも似てるんですが。

リストラ候補の青年が、エナジードリンクを飲んでおかしくなっている同僚たちがはびこるビルの中を片思い中の女性と、難を逃れた同僚と脱出するという展開。

部署同志の対立や、普段のしがらみ、野心による下克上等があらわになるんですが、薬の効果で割と簡単に人を殺します。、

ある人物が薬の効果でおかしくなったり、元に戻ったりするのも面白い要素。

この作品自体ゲームっぽいんですが、ゲームであったら面白いなと思う感じで、仲間が足を引っ張ってくるおかげで脱出の難易度が跳ね上がったりとか。

攻撃できないようなことを言っている割に、案外えぐいことするやつとか。

展開的には脱出するためにあっち行ったり、こっち行ったりするだけなので、

頭を使うことなく見れる

と思います。

キャストも地味に豪華で、主演は【マレフィセント】のフィリップ王子や、【パイレーツ・オブ・カリビアン】でヘンリーを演じていたブレントン・スウェイツだったし、ヒロインは【ドント・ブリーズ】で主演だったジェーン・レヴィ。

ジェーン・レヴィって【死霊のはらわた(2013)】のミアも演じていたんですね。

デズモンドのイカレた上司のナスバウムとして、【シャザム】やTVシリーズの【CHUCK】のザッカリー・リーヴァイが出ています。

【CHUCK】のイメージだと全然別人ですけどね。

やや残酷なシーンもありますが、ブラックコメディに近い作品なので、意外と見れるかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(シーンを見逃しても特に問題なく見れる作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめコメディ映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


Z Bull ゼット・ブル [DVD]

【翔んで埼玉】


【Amazon.co.jp限定】翔んで埼玉 通常版(Amazon.co.jp特典:原作漫画”翔んで埼玉”ステッカーシート2点セット) [Blu-ray]

東京都民から冷遇され続けてきた埼玉県民は、身を潜めるように暮らしていた。

東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)と出会い、惹(ひ)かれ合う。

しかし、麗が埼玉出身であることが発覚し……。

シネマトゥデイより。

【パタリロ】で知られる魔夜峰央のコミックを原作にした実写コメディ。

原作というか、ここまで来ると、原案な気もします。

原作は埼玉ディスりをしつつ、BLを描いた内容なんですが、実写版はディスってはいるものの、県民あるあるな印象が強かったです。

すごく大雑把に書くと、東京と神奈川が都会として扱われ、埼玉、千葉、茨城辺りは辺境のような扱い。

基本的に関東近県しか描かれず、都会指数と呼ばれる数値で管理されているらしい。

東京都民は都会指数が高く、都会指数が低い埼玉県民は差別されています。

本作品では埼玉県同様千葉県が東京に入るのに、通行手形がないと都内への出入りが許されないんですが、埼玉とは違い、東京に迎合しているため、埼玉を見下している。

あくまで架空の埼玉なので、電化が始まったばかりだったり、昔の農村みたいな生活をしていたりと、かなりのディスり振り。

病気になった埼玉県民は薬ももらえず、

埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!

というインパクトの強い言葉まで生まれています。

とはいえ、悪意のあるディスりとは感じなく、あるあるに近いので、あんまり不快な気分にはならない印象。

ストーリーは、島崎遥香演じる愛美の結納のため、父親役のブラザートム、母親役の麻生久美子が埼玉に関する都市伝説として、ラジオから流れるストーリーを聞いているという状況。

その都市伝説が、通行手形の全廃を企む埼玉県民の麻実麗と、都知事の息子である壇ノ浦百美たちの話です。

本編の合間にブラザートムたちのシーンがはさまることで、話がテンポよく進むので、思ったよりもダレることなく見れるんじゃないかと。

出演陣も和k手の人気俳優というよりは、ベテランという感じですが、割と豪華で驚きます。

撮影にも結構お金かかってそうだし。

ただ、それらのすべてが関東近県ディスリに注がれているため、県民あるあるが楽しめないとつまらないかもしれません。

特に埼玉と千葉のあるあるがわからないと厳しいような気がします。

また、【パタリロ】同様BLネタがあるというか、本作ではそれがメインにあるんですが、演じているのがGACKTと二階堂ふみなので、あんまりそういう風には見えませんでした。

ただのコスプレイケメンと、男装の女の子にしか見えないと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(個人的には面白かったですが、魔夜峰央がどういう漫画家か知らない人は期待しない方がいい作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


【Amazon.co.jp限定】翔んで埼玉 通常版(Amazon.co.jp特典:原作漫画”翔んで埼玉”ステッカーシート2点セット) [Blu-ray]

【俺たちホームズ&ワトソン】


俺たちホームズ&ワトソン

名探偵として名声を欲しいままにしていたホームズとワトソン。

そんなホームズは自身のサプライズ誕生日パーティーにて偶然モリアーティ教授からの脅迫状を発見する。

そこには女王の殺害予告が書かれていて…プロレスラーとの突然の決闘や女王の殺害未遂を乗り越えながら、天才的なひらめきで彼らはこの難事件を解決できるのか?

公式より。

イギリスの名探偵シャーロック・ホームズを描いた作品は多々ありますが、コメディはかなり少ないんですよね。

本作はその中でもずば抜けて、下ネタや下品な笑いで埋め尽くされています。

というか、配役こそホームズにウィル・フェレル、ワトソンにジョン・C・ライリーと一見まともそうですが、ラズベリー省に6部門ノミネート、4部門受賞するだけはある作品でした。

ストーリー自体は、ホームズの誕生パーティーでヴィクトリア女王を暗殺する計画が発覚。

ホームズが計画の阻止に奔走するという真っ当そうなストーリー。

しかし、ホームズは頭おかしい。ワトソンはただの凡人。

言動はトンチンカンか、下ネタばっかりというありさま。

わかる人にはわかる【スカリームービー(最終絶叫計画)】シリーズのノリに近い。

ミステリーパロディとしては、ナシというほどではないですが、やはりホームズファンないわゆるシャーロキアンとの親和性は低そう。

特にハドソン夫人のファンにいたっては激怒しそうなくらいにキャラが崩壊、

ハドソン夫人が田舎臭いビッチ

として描かれています。

推理の過程も推理とは呼べないので、ミステリーファンに楽しめる余地は少ないです。

ギャグというか、ユーモアの部分もどちらかと言えば寒いので、コメディとして見るにもハードルが高いかも。

ウィル・フェレルの出ている『俺たち』がタイトルにつく作品や、イギリス流の下ネタギャグが好きな人にだけおすすめしたい作品。

オススメ度(10段階)……★★★
(よく言えばドタバタコメディと言えなくもない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


俺たちホームズ&ワトソン

【カメラを止めるな!】


カメラを止めるな! [Blu-ray]

人里離れた山の中で、自主映画の撮影クルーがゾンビ映画の撮影を行っている。

リアリティーを求める監督の要求はエスカレートし、なかなかOKの声はかからず、テイク数は42を数えていた。

その時、彼らは本物のゾンビの襲撃を受け、大興奮した監督がカメラを回し続ける一方、撮影クルーは次々とゾンビ化していき……。

シネマトゥデイより。

2018年にスマッシュヒットしたホラーコメディ。

今回はネタバレありです。というか、ネタバレしないと、まともに紹介できないタイプの作品。

個人的に上映前はB級ゾンビ映画として推していましたが、実際はコメディです。

正直な話、展開は察していたので、ホラーとして推すのはどうかなと思ったんですが、ゾンビを扱っていることに代わりはないので、そのまま紹介してました。

ストーリーは2段構え、厳密には3段構えで、あらすじに書かれているゾンビ映画の撮影が前半。

劇中劇としてゾンビ映画を撮影していたはずが、その役者やスタッフたちが本当にゾンビに襲われるという展開なんですが、それも劇中劇。

ゾンビ映画を撮っているスタッフたちが襲われるというドラマを撮影していたというのが本当のストーリー。

前半が終わった段階でクレジットが流れ、実はそれが前述の通りの状況だったということがわかります。

後半は前半の撮影がどのように行われていたのかが描かれていくんですが、そこからが完全にコメディ。

前半がホラー、後半がコメディという意味で、ホラーコメディです。

役者たちは曲者揃い、製作側もクセの強いキャラばかり。

やたら意識の高い主演男優、演技が下手な女優、アル中の中年男優、メガネ、やたら細かいことにこだわる男優たちを使って撮るのは、生中継1カットという無茶なゾンビドラマ。

しかも、とある事情で監督が監督役に、監督の妻で元女優の女性までドラマに参加するハメに。

アクシデントだらけの生中継ドラマはどうなってしまうのかという展開。

前半であまりにも不自然で、なんなんだろうと思うシーンが多々あるんですが、何故そんなことになっているのかも後半で判明します。

前半のグダグダ振りの理由がわかるので、それなりに納得はいくんですが、思った以上に観る人を選ぶ作品だと思います。

はっきり言ってしまうと、

舞台演劇や、映画撮影等に興味がないと、本当にただのドタバタコメディ。

系統としては、【サマータイムマシン・ブルース】や、【曲がれ! スプーン】、【スペーストラベラーズ】辺りを好きな人なら楽しめると思います。

ただ、それらの作品と比べて、1ランク2ランク落ちるという印象ですが。

同じ監督の【お米とおっぱい。】も、【12人の優しい日本人】の劣化版としか感じませんし。

本作中の本当の主人公である日暮の売り文句が、『早い安いそれなり』なんですが、本作の監督である上田慎一郎もそうなのかと思ってしまいました。

あとは、登場人物の名前がキャストの名前をモジっていることくらいが特徴ですかね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(面白いことは面白い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


カメラを止めるな! [Blu-ray]

【クリスマス・カンパニー】


クリスマス・カンパニー [DVD]

そこは人間界から遠く離れた“サンタ”たちの世界。

クリスマスまであと4日、サンタクロースとお手伝いのエルフたちは、人間の子供たちへのプレゼントの準備に大忙しだ。

しかし、プレゼントを作っていた9万2千人のエルフたちが、一斉に倒れてしまったからさあ大変!

エルフを治すのに必要なビタミンCを手に入れるため、寝ている子供たちにしか会ったことがない、大人嫌いのサンタクロースは渋々人間界に向かうのだが、それが大騒動の始まりだった…!

タイムリミットは12月25日!果たしてサンタクロースはエルフたちを救い、無事プレゼントを世界中の子どもたちに届けることができるのか!?

公式より。

ブラック企業のワンマン社長のようなサンタクロースは子供たちのためだとエルフたちに無茶振りばかり。

そのうちのひとりが倒れてしまうんですが、この作品のエルフはひとりが倒れると、次々と倒れていくという習性を持っていて、10万人近いエルフが全滅してしまいます。

エルフを回復させるためにはビタミンCが必要なんですが、当然そんな量のビタミンがあるはずもなく、人間たちの世界に買いに行くことに。

しかし、この偏屈なサンタクロースは、寝ている子供たちにしか会ったことがなく、人間社会の常識を一切持ち合わせていません。

はっきり言ってしまえば、

コミュ障な老人

なので、自分の要求だけで相手の話を聞こうとしません。

そんな状態なので、当然警察のやっかいになり、弁護士のトマと出会います。

その場では別れたサンタクロースとトマですが、トナカイをトマの家の屋上に止めていたため、再会することに。

始めは不審人物としか思っていなかったトマも、サンタクロースが本物だとわかると、子供たちのためにも協力することにという展開。

昨今のサンタクロースムービーとしては、意外と面白い。

ただ、偏屈な老人がトラブルメイカーになるコメディというスタイルなので、サンタクロースが偏屈なトラブルメイカーと思うと、ちょっとモヤモヤします。

ドジとかなら笑えていいと思うんですが、どっちかというと自分勝手な嫌な人物という印象。

むしろ、トマがストレスを抱えながらも頑張る善人で、本当に健気でした。

ちょくちょく別のトラブルが起きるので飽きはしないという意味でも悪い映画ではないんですけどね。

意外と面白いけど、ちょっと好みが分かれるかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(多分クリスマスの定番にはならない作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめファンタジー映画
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


クリスマス・カンパニー [DVD]