アクション映画」カテゴリーアーカイブ

【血まみれスケバンチェーンソーRED 後編 ギーコの覚醒】


血まみれスケバンチェーンソーRED 後編 ギーコの覚醒 [Blu-ray]

自ら作った改造死体を使って同級生の鋸村ギーコ(浅川梨奈)を追い詰める碧井ネロ(あの)には、彼女を執拗(しつよう)に襲う理由があった。

さらに、うぐいす学園新生徒会ガーディアンズの総長ネメシス(護あさな)がギーコの前に立ちはだかる。

シネマトゥデイより。

【血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐】の続編。

かなり原作から改変されて、ネロは以下のガーディアンズではなく、生徒会になったネメシスたちに捕らわれ、収監されます。

原作での未消化部分を一気に消化したかったのか、ネロのアジトに向かう展開と、収容所辺りの展開を再構築した様子。

原作ではキンバリーが誘拐されましたが、この作品では助けにきていたドリエが誘拐され、それを助けにいくことに。

キンバリーの役割をドリエがこなす感じです。

対戦カードは、アジト編の地下アイドルメロンと、ネメシス。

メロンの方は割と原作通りで、多少改変されたものの、特に違和感ありません。

というか、原作よりちょっと強い印象でした。

原作でその後に出てきた敵は、ネタ的に扱いづらいのでしょうがないかもしれません。

それが三家本礼の特徴とも言える気がするんですが、ネタが危うくて扱いづらかったり、展開が実写にはしづらいんじゃないかと思います。

よくアイドルや元アイドル使って撮影できたなという印象。

ネメシス戦はかなり改変。

本作には爆谷もキンバリーもいないので当たり前なんですが、その上で原作のある人物と設定が融合しているので、結構普通に驚きました。

誰の展開なのかは原作組にはお楽しみとして、演じている護あさなもクールな印象の美女なのによく受けたなと思いましたが、実写版の【監獄学園】で白木芽衣子を演じていたじょゆうなんですね。

そして、クライマックスは〇〇との対決。

まあ、この対決は予想通りなんですが、その演出がメチャクチャ。

何を見せられてるんだ?

という気持ちになること請け合いです。

心からくだらないと感じるんですが、不思議と面白いと思ってしまう不思議な作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(他の映画とのバランスが悪いけど、不思議な面白さがあるため)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


血まみれスケバンチェーンソーRED 後編 ギーコの覚醒 [Blu-ray]

【血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐】


血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐 [Blu-ray]

うぐいす学園の学生・鋸村ギーコ(浅川梨奈)は、セーラー服に下駄を履き、チェーンソーを持ち歩いていた。

ある日、同級生のマッドサイエンティスト、碧井ネロ(あの)が作り出した改造死体たちの襲撃を受ける。

ギーコは襲い掛かる改造死体たちを倒し、ネロのアジトに乗り込む。

シネマトゥデイより。

三家本礼のコミック【血まみれスケバンチェーンソー】の2度目の実写映画化。

リブートなので、主演が内田理央から、元SUPER☆GiRLSの浅川梨奈に。他のキャストも一新されてます。

浅川梨奈は本当に最近の作品に引っ張りだこですね。

内田理央のふんどし姿も頑張ってるなと思いましたが、浅川梨奈に至っては、この作品で

一瞬ですが、オッパイを完全に出していて驚きました。

セミヌード写真集を出しているみたいですが、映画だと出さない人の方が多いと思うんですけどね。

個人的には、ネロ役のあのと、仙崎部長役の日高七海はこちらの方が原作に似てる気がします。

それにしても、【咲-Saki-】の映画版のキャストが3人も揃ってるって、何かのつながりなんですかね。

とはいえ、リブートに伴い、設定やストーリーがかなり改変されているので、好みがわかれるところ。

前作にはいた爆谷とか出てこないし。

ネロもマッドサイエンティストではなく、いじめられっ子が復讐してるだけみたいな感じ。

ギーコを狙う理由もクラスメイトの最後のひとりだからではなく、かなりくだらない理由だし。

失禁シーンはいらなかったというか、違う流れで失禁した方がネロらしかったと感じる演出でしたし。

原作のノリがくだらなかったり、勢いではあるので、それはそれで悪くないんですけどね。

他の敵も再構成されていて、銭湯で襲ってくるのは3姉妹でなく、水着の二人だし、光学迷彩の敵は全裸の女性になってます。

原作のキンバリーの役割は、だいたいドリエが担ってました。

全体的に演技が学芸会っぽいし、改造死体も普通の作品と比べたら雑だと思うんですが、原作の雰囲気も相まってか、逆に面白いという不思議。

多分、原作ファンなら割と楽しめるんじゃないかと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(チープさが逆に良いのかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐 [Blu-ray]

【MEG ザ モンスター】


MEG ザ・モンスター ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ステッカー付き) [Blu-ray]

地球で最も深い海とされるマリアナ海溝以上の深海が発見され、探査チームが最新の潜水艇で調査に乗りだす。

チームは世紀の発見に沸き立つが、突如巨大な何かの襲撃を受け、動けなくなってしまう。

深海レスキューダイバーのジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)が助けに向かうと、200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ、メガロドンが出現する。

シネマトゥデイより。

ジェイソン・ステイサム主演のサメ映画。

ステイサム演じるテイラーは過去に深海で探査チームを助けた代わりに、仲間を見捨てたという過去を持っています。

実際、巨大な何かに襲われ、仲間を助けていたら全滅していたという状況なんですが、テイラーしか怪物を見ていなかったため、精神異常で見た幻覚呼ばわりされて退職。

その5年後、海底とされていた場所より深い場所を見つけた探査艇が音信不通に。

調査の指揮をとっているジャン博士の娘であるスーインが救助に向かい、テイラーも後を追う。

しかし、巨大なサメであるメガロドンに襲われ、スーインを海上に逃がし、テイラーだけで救助に向かうことに。

テイラーはなんとか元妻のローリーと、ウォールを救助することに成功するが、メガロドンを引き付けるためにトシが犠牲になります。

トシの犠牲によって、海洋研究所に戻ったテイラーたちでしたが、その影響で本来は深海にしかいないメガロドンが浅海へと近づいてきていたという展開。

サメ映画としても、怪獣映画としても、

良くも悪くもない映画

でした。

出資者がメガロドンで儲けようとする展開とか、本当に定番な展開が多いし、メガロドンの造形も良いので、つまらなくはないんですけどね。

ただ、盛り上がりに欠けるというか、記憶に残るようなインパクトのあるシーンもないので、パッとしない印象。

ジェイソン・ステイサムである必要あったかなっていうのもありますが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(トシ役で海外ドラマ【HEROES】で日本人役だったマシ・オカを久々に見た。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


MEG ザ・モンスター ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ステッカー付き) [Blu-ray]

【ZMフォース ゾンビ虐殺部隊】


ZMフォース ゾンビ虐殺部隊 [DVD]

近未来、東欧の都市でひそかに遂行されていたアメリカ軍の生物兵器開発の最中に事故が起こり、町は一晩でゾンビだらけになってしまう。

軍は証拠を消すのため町ごと核爆弾で殲滅(せんめつ)ことを決定し、殺しのスペシャリストたちが召集される。

彼らは爆弾を仕掛けて1時間以内に脱出しなければならないが、町には想像をはるかに超えるゾンビの大群があふれていた。

シネマトゥデイより。

ケーブルテレビでやっていたのでなんとなく視聴。

アメリカが何故かルーマニアで生物兵器の開発をしていて、その隠ぺいで周辺を吹き飛ばすために爆弾を設置するチームを派遣。

そのチームも娘を人質にしている元軍人とスナイパー、中二病の忍者みたいな女剣士、爆弾のプロ。

たった4人で爆弾で周辺一帯吹っ飛ばして来いという極秘任務なわけですが、行ってみたら依頼主のカーター将軍による罠で爆弾が車に溶接されていてはずせない。

すでにタイマーは進んでいて、残り時間は1時間。乗ってきた車は使えないけど、ゾンビに囲まれた状態で影響範囲外に逃げないといけないという展開。

タイトル、【ZMフォース ゾンビ虐殺部隊】だったよなと情報を表示して二度見。

爆弾のプロなのに、出発前に爆弾を確認してないのかというツッコミは置いといて、そんな状況でスナイパーはひとりで離れたところから狙撃。

元軍人、爆弾のプロ、剣士が必死に戦います。

なんとか危機を脱しますが、スナイパーがなぜそんなところにいたのかわからないゾンビによりやられます。

致命傷ではなかったんですが、仲間のところまでたどり着き、退場。

どうみても、主人公側が虐殺されそうです。

というか、主人公が一番ポンコツでした。

これを書いている最中も、なんでわざわざ娘を人質にしてまで、この主人公を行かせたのか理解できません。

その後、ゾンビに追われる、逃亡を繰り返しながら、ウイルスを作っていた研究者の娘や、恋人のバカンス中に事態が発生した金持ちと合流するくらい。

悠長に事態を民間人に説明しちゃう極秘部隊。

どう考えても1時間なんて、余裕で経過しています。

ヘリが待機している基地につくと、依頼主のカーター将軍がトラブルでヘリが飛べなかったために待ちかえているという始末。

研究中の事故に始まり、最後までルーマニアのアメリカ軍はポンコツだらけかという印象。

クライマックスで盛り上がるはずの戦いも、突然前振りもなしに現われた変異体が引っ掻き回して終了という何コレ振りでした。

最終的な印象は、

趣味で映画を撮ってるグループが作った【バイオハザード】

という感じでした。

オススメ度(10段階)……★★★
(エンディングだけ無駄にオッパイ祭。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ZMフォース ゾンビ虐殺部隊 [DVD]

【サラリーマン・バトルロイヤル】


サラリーマン・バトル・ロワイアル (吹替版)

コロンビアにあるベルコ・インダストリーズ社。突如、閉じ込められた80人の従業員が、殺し合いを命じられる。

シネマトゥデイより。

amazonプライムで視聴した作品。

どうやら割と条件のいいらしい会社で働く80人もの従業員たち。

突然、シャッターが閉まり、扉が施錠され、屋上には出られるものの、実質巨大な密室に。

そして、謎の放送で最後のひとりになるまで殺し合いを命じられるんですが、事情が誰にもわかりません。

元軍人や犯罪者たちを集めたわけではなく、ごく普通のサラリーマン同士なので、普通なら殺しあう展開になるはずもなし。

ただ、事前に爆弾を仕込まれていて、制限時間以内にひとりになっていなかったり、ルールや警告に従わないと爆発させられるらしい。

もちろん、見せしめに数人死んでいるので、ブラフではありません。

それでも、指示通り殺しあう派と、助けを求める派等に分かれていき、

戦闘による殺し合いというよりは選別

という展開に。

まあ、元々一般人同士なので、無意味な残虐な殺し方や、バリエーションの多い殺し方はほとんどありません。

ほとんどの死因は運営による爆死、射殺、好戦的なグループによる射殺です。

それすら警備の名目なのか、運営が準備したとしか思えない大量の銃器が保管してあったからなので、それもなかったらもっと地味になっていたことでしょう。

ネットのレビューでは、映画の【バトル・ロワイヤル】の劣化版みたいな感想が少なくないですが、個人的には山田悠介の作品の方が近いかなという印象でした。

また、学生同士や見知らぬ相手同志だと単純に生き残り合戦になりますが、会社員同志だと直前までの上下関係や、相手への印象が影響するのが面白いですね。

正直、買ってまで見るかと言われたら迷いますが、動画配信や、テレビで観る分には満足できるんじゃないかと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★
(ハードルは上げない方がいい。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


サラリーマン・バトル・ロワイアル (吹替版)