アクション映画」カテゴリーアーカイブ

【パージ:エクスペリメント】


パージ:エクスペリメント ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

21世紀、アメリカは経済が崩壊し、「アメリカ建国の父(NFFA)」という新しい政党が政権を担っていた。

NFFAは犯罪率を1パーセント以下に抑えるため、1年に1晩だけ殺人を含むいかなる犯罪も合法となる「パージ法」の施行をニューヨークのスタテン島で実験する。

島のギャングのボスであるディミトリー(イラン・ノエル)は、愛する人のために島に残る。

シネマトゥデイより。

1年に一晩だけ殺人を含む犯罪が合法になるという制度パージを描いた作品の4作目。

3作目の時点でひとまずの結末を迎えているので、何を描くのかと思ったら、ビギニングでした。

まだ、パージが制度として導入されておらず、新しい政党が政権を担い始めた頃。

実験的な形でパージが試行されます。

ニューヨークのスタテン島であれば、隔離することが出来るため、その中でだけ行われることに。

当然、襲われるとわかっていて島に残る人間がいるはずもなく、それではパージになりません。

そのため、政府は島に残った住民に、生き残れば5000ドルを渡すという方法にでます。

ただ、シリーズを通して見た人ならわかると思いますが、パージには裏の目的があり、やっぱり暗殺部隊が投入されます。

まだパージがどんなものなのかわからない住民たちは、犯罪が合法化されるだけだと思っているので、過去作のような対抗手段なんて用意していません。

そこへプロと雇われたならず者たちが虐殺に来るのだからたまりません。

身を守るために教会や施設に避難しているところを強襲し、次々住民たちを殺していきます。

政府にしてみれば、

殺せば殺すほど5000ドルを払う相手が減るんです

から、そりゃ殺しますよね。

島のギャングたちを率いるリーダーのドミトリは、謎の集団に襲われますが、これを撃退。

調べてみると傭兵だとわかり、政府が住民たちに殺し合いをさせようとしていると、コミュニティを守ることを決意します。

暗殺部隊がドミトリの恋人たちのいる建物に向っているのを知り、ドミトリは単身向かうことになるという展開。

プロの傭兵が充実した装備や攻撃ドローンまで使ってくるのでやられたりしますが、ギャングたちが無駄に強い。

特にドミトリに至っては、暗殺部隊の傭兵たちを独りずつ暗殺していくというのは、もはやなんなんだか。

後半のドミトリが単身行く辺りからは、パージでもなんでもないし、シリーズの補完として見る分には面白いかもしれませんが、単作だとパージの怖さは伝わらない気がします。

ここまで極端ではないにしても、似たような状況は起こり得る未来ではある作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(シリーズの補完としてのオススメ度。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


パージ:エクスペリメント ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

【ショック・ウェーブ】


ショック・ウェーブ [DVD]

ハワイへ飛行中の政府チャーター機が、嵐の太平洋上で消息を絶つ。

そのジャンボ機には、米軍が開発した戦闘用ロボット“ショック・ウェーブ”のプロトタイプが2台、極秘で積まれていた。

通常の爆弾では破壊不可能な、コバルト合金製のボディ。

最新火器を搭載し、人工知能で動くこのロボットは世界の軍事バランスを一変させるハイテク兵器だった。

そのロボットが自我に目覚めた時、人類に対して無差別殺戮を開始した…。

「Oricon」データベースより。

軍が作った殺りく兵器が暴走して、主人公たちに襲い掛かるので、なんとかするという

アメリカB級映画のいつものやつ。

B級映画にもB級映画の面白さってあると思うんですが、特に見どころという感じはなし。

ちなみに・なしの【ショックウェーブ】という作品とは別物です。

そんなわけで、今回はネタバレありです。

オープニングで軍人と研究者みたいのがいい感じだったので、全員死ぬのが予想外だったから期待したんですけどね。

てっきり研究者らしい女性はいきなり死ぬとは思いませんでした。

ちなみに殺りくロボットのフォルムは、こういう作品には珍しく、ほぼジャケット通りでした。

武装はアームと射出するカッター、ビームくらいで、学習するAI搭載とはいえ、こんなんで軍事バランス崩れるなんて疑問です。

ところ変わって飛行機の中。

オープニングのロボットを回収して輸送中、起動してしまい、飛行機の中で殺りくを始めます。

どうやって回収したのか謎でたまりません。

止める方法がないとか言ってた割に、博士っぽいおっさんが停止装置をとりに行くと言って、当たり前のように倒されるというコントを見るハメに。

政府のチャーター機なのに、普通に乗ってる一般人みたいな連中はなんなんですかね?

結局、回収して運んでいた殺戮ロボット2体は飛行機もろとも無人島に落下。

その無人島にローク達強盗の3人と逃亡を助けたパイロットのジャック、軍の任務を受けたタニ―達精鋭5人と博士っぽいおっさんの娘スーザンがそれぞれ到着。

ロークたちは精鋭部隊と遭遇し、合流するんですが、殺りくロボットに襲われ、強盗のひとりが死亡。

精鋭たちも殺りくロボットと戦うんですが、任務でやってきてるのにロボットの性能を聞いてないような戦い振り。

通常兵器が効かないのに、何故かアサルトライフルを乱射するばかり。

頼みの綱で、ロボットの回路をショートさせることが出来る銃を撃ちまくるも、効果のある場所に当たらない。

案の定、その頼みの綱も破壊され、精鋭のはずの兵士も3人死亡で手詰まりに。

飛行機内同様全滅かと思ったら、何故かロボットは無視して去っていきます。

ロークと仲間のティファニー、ジャック、合流した精鋭部隊の生き残りふたりとスーザンで、ヘリを探すために殺りくロボットを負うことに。

その途中でロークがやられ、ヘリを見つけた際にティファニー死亡。

あるものを目撃したティファニーがやられるんですが、完全にスーザンのせいという疫病神振りでした。

ここまででバリアーは攻撃時に解除されるので、攻撃の瞬間ならあるパーツを壊せばいいことがわかります。

残り1体になったどさくさで誰も突っ込みませんが、情報小出しにし過ぎで仲間が死んでいるんじゃないでしょうか。

通常兵器で倒す方法がわかったところで囮作戦発動。

精鋭ふたりが囮になるから、狙撃が得意そうなジャックが撃つことになるんですが、囮がジャックとロボットの射線上にいないといけないのに気を引くのに夢中。

ここでまた精鋭が死に、残りはジャックと精鋭の隊長、スーザンのみ。

精鋭からミッションを成功させないと、ロボットもろともミサイルで島ごと焼かれるので、最後の作戦に出るという展開。

もう全編ツッコミを入れるくらいしか書くことがないです。

あえて最後まで書かないのは、結末ぐらいは見る人用にとっておこうかと。

ケーブルテレビかネットレンタルくらいしか見る方法なさそうですけどね。

オススメ度(10段階)……★★
(B級映画マニアとか、昭和のSF好きなら好きかもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ショック・ウェーブ [DVD]

【インサイド・マン2】


インサイド・マン 2 ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

銀行強盗グループが連邦準備銀行を襲撃し、多くの客を人質に立てこもる。

その方法が以前の銀行強盗事件と同様な手口で、人質に強盗団と同じユニフォームを着せるというもの。

解決に当たるニューヨーク市警の交渉人とFBIのエージェント。

2人はこの事件の背後に隠された真実を探り、銀行強盗団に立ち向かうのだが。

シネマトゥデイより。

スパイク・リー監督、デンゼル・ワシントンとジョディ・フォスターが出演した名作の続編。

最近、昔の作品のリメイクやらリブートやら、続編を名乗る作品多いなと思いながら視聴。

せめて、オリジナルキャストが出てるとかあれば良かったんだろうけど、それもなかったと思います。

前作の事件は表向きには何も盗んだことになってないため、結局なかったことになったはず。

警察内や人質たちの話題で手法とかは知られているかもしれないけど、模倣犯っていうのは厳しいというのが前提。

そんな中、連邦準備銀行に強盗が入ります。

やっぱり手口は人質に同じ服を着せるという方法。

前作同様穴を掘っていますが、今回はトイレではない様子。

また、前作では盗んだものがダイヤと書類等手荷物レベルで運べるものでしたが、どうやら狙いはいわくつきの金塊のようです。

犯人グループもリーダーの女性と仲間の女性、現地で雇われた人たち、何かの組織からのお目付け役。

真の目的のために集まったメンバーではないんですね。

しかも、お目付け役の男は気にくわなかったり、用済みになった仲間を普通に殺します。

誰も殺さず、まるで怪盗のようだった作品の続編とは思えません。

求めてるものとまったく違うものを出された感じです。

交渉人側も時代の流れからか、デンゼル・ワシントン演じるフレイジャーがひとりでやっていたことをふたりに分けただけという印象。

実際、女性の方に至ってはクライマックス以外、人質になっただけだし。

明らかに犯人グループのリーダーの様子がおかしく、ち密な計算も、意外性もないので、駆け引きなんて存在しません。

ずっと、犯人のリーダーは何かを伝えようとしているから理解するんだと言ってるだけです。

しかも、見ている側は両方の視点から見ている為、映像として何をしているのかは見えているんですよね。

おかげで結末が想像できてしまい、驚きよりも、やっぱりそうだよねってなると思います。

多分、この作品は

【インサイド・マン】が別の目的のためでなく、欲望のために行われたら成功したのか

というIF作品として見た方が面白いんじゃないかと。

頭脳戦をぶち壊すだけのモンスターは入れちゃいけなかったと思う。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(それなりに優秀なのに、出来過ぎた兄を持った弟のような作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


インサイド・マン 2 ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

【超高速! 参勤交代リターンズ】


超高速! 参勤交代リターンズ [DVD]

江戸時代、幕府から5日以内の「参勤」という無茶な難題を、知恵と工夫で何とか果たした湯長谷藩。

藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)率いる一行は帰途に就く「交代」の道中、湯長谷で一揆が起きたという知らせに仰天する。彼らに敗北した老中・松平信祝(陣内孝則)の逆襲によるもので、一揆を鎮めるため大急ぎで帰郷した政醇たちだったが、城は奪われており……。

シネマトゥデイより。

金山を手に入れようとする幕府の企みで、5日で参勤交代を命じられた湯長谷藩の奮闘を描いた作品の続編。

1年の江戸勤めを終え、参勤交代で藩への帰路についた内藤政醇たち。

しかし、前作で蟄居を命じられたはずの松平信祝が恩赦されてしまい、政醇への復讐に燃えてしまう。

そんなこととはつゆ知らず、政醇たちが湯長谷への道を進んでいると、領地内で一機が発生。

一揆を鎮められなければ、とり潰しもありえるらしい。

一揆も信祝の仕掛けた偽装なんですが、信祝の企みはそれだけでなく、もっと大きなものだったという展開。、

前作は行きだったので、本作は帰りで文字通りリターンズ。

信祝の欲望は1年の蟄居期間にパワーアップしています。

しかも行きのように他藩の協力はなく、事情を知らずに田畑を荒らされた領民たちにも責められる始末。

参勤交代なので行列を作らないといけないんですが、人を雇う金もなく、前作のようなごまかしもきかないため、実質10人もいません。

藩に残っている者たちは閉じ込められているので、戻ったところで城を取り戻すのに参加できるのは抜け忍の段蔵を入れてもたったの7人。

ほぼ疫病神と化している相馬のせいで、弓の名手である鈴木は川でどっかに流れていったせいなんですけどね。

【七人の侍】じゃあるまいし、【キングダム】より状況が酷いです。

豪華なメンツで割とサクサク進む

ので、飽きずに見れると思います。

逆に言うと、ちょっと見逃すと話が進んでるってなるかも。

全体的にコメディ色よりもアクション色の方が強くなっている気がしますが、それでも笑える作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(相馬はやっぱり井戸に落ちる運命。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


超高速! 参勤交代リターンズ [DVD]

【ザ・プレデター】

家に届いた箱の中に入っていたもので遊んでいた少年は、謎めいた装置を起動させてしまう。

装置からシグナルが発信され、さまざまな惑星で生物をハンティングしてきた地球外生命体プレデターがやって来る。

地球に到着し狩りを始めて人々を震え上がらせるプレデターに傭兵(ようへい)たちが対抗しようとするが、人知を超越した格闘や殺害のスキル、異種交配を経てきたことで遺伝子レベルであらゆる能力がパワーアップした彼らに苦戦を強いられる。

シネマトゥデイより。

作戦実行中に何かに襲われ、仲間を殺されたクインはヘルメットとガントレットを見つけ、なんとか逃げ出す。

ヘルメットとガントレットを自宅へと送ったクインは、プレデターとの遭遇を隠ぺいしたい政府に捕まってしまう。

一方、プレデターを研究している秘密機関スターゲイザーでは、招致されたケイシー博士の目の前で、クインと遭遇後、捕獲されていたプレデターが覚醒。

装備を起動させていたクインの息子ローリーのもとを目指す。

仲間殺しの罪を着せられ、移送中だったクインは、同じ護送車に乗っていたルーニーズという退役軍人の受刑者グループと協力して、騒ぎに乗じて脱走する。

プレデター、クインとルーニーズに同行するケイシー、スターゲイザー、プレデターを追ってきたアサシンプレデター、4つ巴の争いが始まるといった展開。

勢力と言ってもプレデターたちはそれぞれひとりのようなものですが、

それぞれが目的バラバラなのに争ってる

という不思議な状況。

本当の意味で目的が反してるのは、プレデターとアサシンくらい。

プレデターはある目的のため、装備を持っているローリーを追っかけていて、クインたちはローリーを守るため、ローリーを追っています。

スターゲイザーはプレデターの研究のため、アサシンはプレデターを殺し、ある目的のために動いています。

おかげで関連している【プレデター】、【プレデター2】とは毛色が違っている印象。

どちらかといえば、【プレデターズ】に近いかもしれません。

ちなみにこの作品、【プレデター】、【プレデター2】の出来事はあった世界観なので、ちゃんといた続編だったりします。

また、スターゲイザーの施設にあったものから、【エイリアン VS プレデター】も起きたことであり、それよりもあtの出来事のようです。

一応、【プレデターズ】はシリーズとして前作ではあるんですが、この作品より後の出来事なんだそう。

あくまで個人的な印象ですが、【里見八犬伝】のように姫じゃないけど息子のローリーを守りながら、味方が倒れていきつつも、敵にたどり着く展開はやっぱり熱いと思います。

また、そのイカレた仲間たちルーニーズのベテラン振りもかっこいい。

性格や言動に難があるものの、実力や経験が素晴らしく、もしプレデター並の装備を持たせたら、プレデターに勝ちそうな気がするほど。

過去最強と言ってもいいアサシン相手に戦えているだけでも凄いんですけどね。

最強の生物VS集団戦を描いた作品としては、かなり楽しめた作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(ちょっと詰め込み過ぎなので、シリーズ初見だと理解が追いつかないかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ