【名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)】

Pocket

ある日、東京郊外のとある神社で密談を交わしていた3人の男たちが殺された。

犯人は翁の能面をつけ、日本刀と弓矢で一瞬のうちに3人の命を奪った。

時を同じくして大阪、京都でも殺人事件が発生。やがて殺された5人は、有名な仏像や美術品の窃盗を繰り返してきた盗賊団のメンバーであることが判明する。

彼らはお互いを義経や弁慶、あるいはその家来たちの名前で呼び合っていた。

その頃コナンたちは、8年前に山王寺から盗まれた国宝級の仏像の捜索を依頼され、京都を訪れていた。コナンは仏像を盗んだ犯人を窃盗団と疑い、早速捜査を開始するのだったが…。

allcinema ONLINEより。

名探偵コナンの劇場版第7作。舞台を京都に変え、ストーリーも

西の高校生探偵服部平次がメイン

に据えられています。

今回、コナンは小五郎が受けた依頼で、蘭と一緒に京都へと同行しているんですが、この依頼が酷い。

山能寺の僧侶から受けた依頼なんですが、12年ごとに公開している仏像が盗まれてしまい、見つけて欲しいとのことなんですが、到着してから説明を聞くと、期限が2日後。

盗まれたのはもう何年も前で、住職は縁があれば戻ってくるだろうという呑気なことを言って現在に至るらしい。

なんで今更探して欲しいと言い出したかと思ったら、仏像のありかを示しているらしい絵が届いたので、それを小五郎に解いてもらいたいとのこと。

仏像を盗んだ犯人を窃盗グループの『源氏蛍』だと考えたコナンが弁慶所縁の土地を巡っていると、別の事件を追っていた服部と遭遇。行動をともにすることに。

京都の事件なのに大阪の高校生が調査するとか、伊達に東の工藤、西の服部と呼ばれているわけではないみたいですね。ちなみに和葉も蘭に観光案内するために京都に来ています。

事件を追っていくと、何故か服部が何者かに狙われているらしく、鞍馬山でコナンと一緒にバイクチェイスしてみたり、決闘で殺されかけたりします。

決闘の際、犯人が服部の持っていた小さい袋を拾おうとした事から、それが狙いっぽいんですが、その袋って服部の初恋の人の手掛かりが入ってるだけなんですよね。

オープニングから服部が子供の頃に山能寺で見た少女と手毬唄がクローズアップされているんですが、どうやらそれが服部の初恋だけでなく、事件になんらかの関係があるとわかります。

あくまでメタな情報なので、作品中のキャラクターたちは当然そんな事を知らず、小五郎は相変わらずの迷推理を展開。

また、新登場の警部で『おじゃる警部』こと綾小路文麿を犯人呼ばわりして、ペットのリスが凶器を運んだとか言い出します。

以前も白鳥を犯人扱いしてましたが、自分が辞めた警察に恨みでもあるんですかね。

その後、和葉が誘拐されてしまい、服部が呼び出された玉龍寺に向かうんですが、ここから先は色々と驚きの展開となるので、前情報はなしで観た方が楽しめると思います。

とりあえず、廃寺となった寺とはいえ、危険を知らせるために放火するコナンはメチャクチャということだけは書いておきたいです。

ちなみに今回他にも色々あって、おじゃる警部の他にも大阪の大滝警部が初登場だったり、劇場版では初めてコナンが新一の姿に戻ったり、蘭が時計型麻酔銃の餌食になったりします。

オープニングからの作品説明もコナンではなく、服部が説明していて、現われた和葉にツッコまれてメタネタに走るという珍しいパターンだし。

監督のこだま兼嗣がこの作品で降板するので、好きにやらせてもらってるのかと思っちゃいました。

オススメ度(10段階)……★
(ミスリードや意外な真相もあるので、推理ものとしても、結構楽しめるんじゃないかと。)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理アニメ
アニメ|エンタカフェ
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


劇場版 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)(Blu-ray)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です