【名探偵コナン 瞳の中の暗殺者】

Pocket

史上最悪の事件、現職警察官を標的とした殺人事件が相次いで発生。

事件に遭遇したコナンは、白鳥警部に事件のことを尋ねるが、答えは「Need not to know」という警察の隠語。

ついには佐藤刑事までもが何者かに襲われ、偶然居合わせた蘭はそのショックで記憶喪失に。

犯人は蘭に顔を見られたと思い込み、蘭の命を脅かす。

彼女に自分のことさえも忘れられてしまったコナンだが、必死に蘭を守り抜き、犯人を追いつめる。

allcinema ONLINEより。

第4作。まだ人間関係が入り乱れてない頃なので、主な人数も少なめで落ち着いて観れますね。

しかも、蘭は記憶喪失になってしまうし、佐藤刑事も撃たれてしまい、服部も登場せずなので、コナンばっかり出ているような印象です。

劇場版にありがちな無意味に大掛かりなトリックもほとんどなく、記憶喪失になった蘭を犯人がつけ狙うという展開が実写のサスペンス映画っぽくて面白い。

邦画では難しいラストのレジャーランドでの犯人との追いかけっこの演出も、劇場版なのに地味過ぎるという雰囲気を防ぎ、子供でも飽きさせない努力に感じます。

少年マンガが原作なので、ややご都合主義な部分は否めませんが、コナンの劇場作の中では一番推理映画になっているんじゃないかと。

それにしても、目の前で知り合いの刑事を撃たれて、自分も血まみれになったのに、それぐらいで記憶喪失になるほどショックかと思われている蘭はかわいそう。

でも、本当のみどころは

コナンの蘭への告白

シーン。新一じゃないですよ。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(コナンの劇場版はたまに見返すと面白い)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理アニメリンク集
エンタカフェ|アニメ
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


劇場版 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(Blu-ray Disc)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です