【名探偵コナン 時計じかけの摩天楼】

Pocket

怪しい毒薬のせいで小学生の体となってしまった高校生探偵・工藤新一が“江戸川コナン”と名乗り、難事件を次々と解決してゆく大人気推理アニメ。本作は97年に劇場公開された記念すべき第1弾。工藤新一宛てに、建築家の森谷からパーティーの招待状が届くが、コナンの姿では参加できず、幼なじみの蘭に代理を頼む。その直後、街で連続放火事件が発生。その犯人と思われる人物から工藤新一に爆破予告の挑戦状が届く。正体を隠しながら犯人と戦うコナン。しかし蘭までもが事件に巻き込まれ…。

allcinema ONLINEより。

体は子供、頭脳は大人って……高校生って大人ではないよなあと思いますが、重箱の隅をつついてもしょうがないので気にしない。そんな小学生探偵、名探偵コナンの劇場版第1作。

本作では、工藤新一に何らかの因縁がある犯人からの爆弾予告をコナンが解決していくスタイル。ただ、爆弾の規模が初めはラジコン飛行機なんですが、爆風で子供たちが吹き飛ばされるほど。次々と予告される爆弾は、だんだん規模が大きくなり、電車とか言い出す始末。

よく黒の組織のボスだと言われている阿笠博士の誘導としか思えない言動に導かれたりしながらも、なんとか爆発を回避していきます。

それにしても、犯行の動機が理解しづらい。漫画や映画ではアリな部類ではあるんですが、目的はわかるんですが、そのためにたくさんの人たちを犠牲にするのをいとわない異常性。それが犯人から感じられないんですよね。異常なまでの完璧主義とか、潔癖症とか、そういう極端な部分が欲しかった気がします。一応、完璧主義っぽい部分はありましたけどね。

今回の

毛利のおっちゃんの迷推理ぶりは酷すぎる。

一生懸命仕事をしていた白鳥刑事のことが嫌いなのか、建築家の森谷の父に憧れていたとはいえ、電話の時にいないからって犯人呼ばわりはさすがにひどいw そういえば、この当時の白鳥刑事って、現在は亡き塩沢兼人なんですよね。いまは井上和彦ですが。本当にすばらしい声優さんでした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(コナンは万人受けする作品だと思います)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理アニメリンク集
エンタカフェ|アニメ
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


劇場版 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(Blu-ray Disc)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です