【アナと雪の女王】

Pocket

エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、夏に憧れる雪だるまのオラフと一緒に山の奥深くへと入っていく。

シネマトゥデイより。

松たか子が歌う劇中歌のシーンが大ヒットしたディズニー映画。てっきり歌うシーンは、松たか子が吹き替えを担当したエルサが走るシーンだけかと思っていたら、ミュージカル映画でした。

特に何か事情があるわけではなく、氷を作る能力を持っている王女エルサは、幼い頃、妹のアナにアクシデントで氷をぶつけて失神させてしまう。

生命に別状はなかったが、エルサの氷の能力が暴走するのを恐れた国王と女王、エルサたちは、アナの記憶を改ざんし、エルサを隔離することにするのだった。

仲の良かったアナとエルサの姉妹だったが、エルサが引きこもり、アナを拒絶し続けたため、少しずつ疎遠に。

ですが、エルサの戴冠式の日、久しぶりに顔を合わせた二人は再び談笑することが出来るのでした。

それも長くは続かず、初対面のハンス王子と婚約したことを告げるアナを叱りつけたエルサにアナが反発。エルサの手袋を外してしまい、感情も相まって、能力が暴走。夏だった王国を氷の世界へと変えてしまいます。

エルサは逃げ出してしまい、山へと走り出すのが例のシーンなんですね。

そんなエルサを救って氷を溶かそうと考えたアナは、ハンスに国を任せ、山へと踏み込んでいく。途中、山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、雪だるまのオラフと仲間になるんですが、こいつらが本当に良い奴ら。

人参とロープとか、その程度のものをもらっただけで、結構生命懸けの行動してくれます。王国で好き勝手言ってる国民たちとは大違いです。

エルサとアナの姉妹愛も素晴らしいですが、

オラフの言動が作品中最大の無償の愛なんじゃないか

と。

感動するほどの大きなイベントはありませんが、ところどころに良い感じのシーンが散りばめられているという感じでした。

ただ、残念なことに、松たか子版のエルサの『Let It Go』ばかりが話題になったことで、ストーリーが薄っぺらいとか、普通過ぎるというネガティブな感想も多いんですよね。

情報過多で期待し過ぎた結果というのもあるようですが、個人的にはこれくらいがちょうどいいんじゃないかと思います。

大人から子供まで楽しむ映画で、変にストーリーにこだわられて、何度も観ないとわからないとか困ってしまうんじゃないでしょうか。

いまはすでにメディア化されているからいいですが、劇場公開時に何度も子供を劇場まで連れていける親御さんとか少ないだろうし。

ビジュアル的には美しいし、ミュージカルなだけあって、音楽も楽しみやすかったこともあり、普通であることが最大の褒め言葉となる作品なんではないでしょうか。

確かに難解な作品や、泣くくらいの感動を求めている人には物足りないかもしれませんが、たまにしか映画を観ない人には勧めやすい作品だったと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(一過性のブームなのか、本当に名作なのかは5年後、10年後になってみないとわからないかも)

《関連リンク》
おすすめファンタジー映画
アニメ|エンタカフェ
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です