【藁の盾】


少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告が出され、身の危険を感じた清丸は福岡県警に自ら出頭。清丸の命が狙われるという状況下、警視庁警備部のSP銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)は凶悪犯を移送することになる。

シネマトゥデイより。

少女に無残に殺すことに快感を得る犯人に懸賞金が懸けられ、SP2人と警察関係者3人が福岡から東京まで護送するというストーリー。

少女を顔が変わるくらい殴り続けるというだけでも不快な印象を受けますが、

藤原竜也自体が本当にうざい。

個人的な印象ですが、【バトル・ロワイアル】の七原秋也や【カイジ】のカイジ、【インシテミル】の結城理久彦といい、何故彼はこうもうざいのかと。

本来ならかっこいい主人公をキャスティングされるようなポジションのはずなのに、人を不快にするキャラクターの方が似合うというのもちょっと可哀想な気がします。

この作品中での彼の演技も本当に不快で、助けようとか思いたくもありません。

実際、護衛する5人も本音を言えば守りたくはないけど、仕事にプライドを持っているため、そうも出来ないという感じです。

状況設定も凄まじく、10億円のためとはいえ、一般人までもが襲撃してくる始末。失敗して捕まっても1億円もらえたりするので、やりたい放題です。

一度は道路いっぱいに護送部隊を展開しますが、中には警察関係者でも襲おうとする人間が出てくるため、機動隊に応援を要請すると、完全武装した敵が集団でやってくるようなものです。

様々な思惑が絡まり、生命を落とす者、裏切る者、離脱を余儀なくされる者と5人しかいない護衛が一人一人退場していきます。

自分の生命が狙われているのに、それを見て喜ぶ清丸のまたうざいこと。見事に不快です。

展開的にはベタ気味な展開ですが、誰が裏切るのか、どういうパターンで襲ってくるのかがまるでわからず、結構なハイペースでトラブルに見舞われるため、飽きがきません。

よく敗走する将や姫を守るという話はありますが、嫌な奴を守るために生命を落としていくというのは意外と斬新かも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(松嶋菜々子の劣化振りは酷いと思う)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画リンク集
おすすめ推理映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


藁の楯 わらのたて(通常版) [Blu-ray]

2件のコメント

  1. ハレルヤ より:

    これは最高におもしろかったです。好きな役者が出ており、氷室京介のエンディングの歌が好きというのもあって即購入しました(^^)

    1. enta_mattari より:

      これ、何故か【里見八犬伝】を彷彿とさせるんですよね。守っている人を進ませながら、
      ひとりひとり減っていく感じが。清丸は守りたくないですがw
      原作が漫画【BE BOP HIGHSCHOOL】の作家が小説家デビューした作品とか聞いて、
      びっくりしましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です