【鉄ワン・アンダードッグ】


ハムと爆弾を間違えてしまうようなダメ警察犬だったビーグル犬のシューシャイン。
ある日、またまた大失敗をして落ち込みながら街を彷徨っているところを保健所の車に捕まり、マッドサイエンティストのバーシニスター博士の実験室に運ばれてしまう!逃げ出そうとしたシューシャインは間違って博士が密かに研究していた実験薬を全身に浴びてしまった!そして、その瞬間からシューシャインはスーパーパワーと喋る能力を持った超能力犬として生まれ変わってしまったのだ!
ある日を境にキャピタル・シティの人々がピンチになると必ず、スーパーヒーローが現れるようになる。“アンダードッグ”と名乗り、赤いセーターと青いマントに身を包んだそのスーパーヒーロー。それは、一匹のビーグル犬、シューシャインだった!

高速で空を飛び、巨大な動物のようなパワーで次々と悪を退治していくアンダードッグ。しかし、バーシニスター博士も諦めずに邪悪な計画を進めていた。博士の悪の手から街の平和と、そして、一人ぼっちだったシューシャインを家族として暖かく迎えてくれた親友のジャックとパパを、そして、美しいスパニエル犬、ポリーを守るため、アンダードッグは博士の計画を阻止すべく命をかけて戦うのだった。

公式より。

以前から気になっていたものをやっと視聴。いやあ、面白い。

ディズニーと言うと、アニメとCGのイメージ強いですが、動物モノも安定して面白いですね。

ダメなビーグル犬がしゃべるスーパードッグになったことで、変に傲慢なキャラになっていないのがまた日本人向けかも。

それにしても、こういう動物主役の作品ってどうやって撮っているんだか。人間ならワイヤーアクションで演じればいいところとか、動物じゃこうやってくれとか言えないし。特に車の合間を縫いながら飛んでるシーンとか不思議でたまらないです。

全体的にずば抜けてここが面白いという作品ではなく、安定した面白さという感じの映画。犬好きにはたまらんです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(特典のアニメより、実写の本編が断然面白い。【アルフ】とか好きなら特に)



↑予告編

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です