【逃走中 殺人ハンター】


近未来の日本、あるテレビ番組に爆発的な人気が集中していた。過激な内容で話題の<デンジャラス・デイズ>は[参加者=ランナー]が、様々な武器を所持した数体の[鬼=ハンター]から、100分間逃げ切ったら、1億円が手に入るシンプル且つ危険でリアルな鬼ごっこゲーム。刑事の光子は、一刻も早い移植を必要とする病弱な妹の高額な移植手術捻出のためゲームへの参加を決意する。今回の舞台・秋葉原へ集められた光子らランナーたち。遂にゲームは始まった・・・!他のランナーが次々と死んでいく中、光子はハンターたちから逃げ切り、賞金を獲得することができるのか!?

公式より。

フジテレビのバラエティ番組【逃走中】のドラマ化。

【逃走中】をドラマにすると、こんなものなんだろうなという作品ですが、フジ関連の作品としては雑。

バラエティの方の【逃走中】は人数が多い方が面白いと思いますが、ドラマ化して掘り下げるのなら人数は少ない方が良かったような気が。

16人参加して、100分程度。1人あたり5分程度ですから、頑張っても参加動機くらいしか描けません。

そっちに時間を割けば割くほど、ハンターとのチェイスやバトル、ミッションの時間が激減しますしね。

16人にするなら16人にするで、ルールを破るとどうなるかを作品中で説明した方がわかりやすかった気もするし。

殺され方が撲殺、銃殺、ナイフで刺殺ばっかりで、1回だけ電気ショックとバリエーション少ないんですよね。

どうせならバカがテンパり、ルールを破って、エリア外に出て爆死とかあればいいのに。

バラエティでは禁止されている屋内や地下に入っちゃうのもいるし。あ、ミッションは2回しかないですが、2回目のはむちゃ振りです。

また、逃亡する側があまりにも

個性を狙い過ぎて、

バカばっかりなのもちょっと。

確率や理論がどうとか、幸運がどうとか、頭いいから隠れてる的なこと言ってる奴とか、裏づけがないので凄く厨二病っぽい。ヤクザも厨二病な人が考えそうなキャラですが、本当に良い人です。

主人公の女刑事は女刑事でかなり変。

平然と逃亡者を殺しているハンターが倒れていたら、ハンカチを差し伸べてみたり。発言もメチャクチャ。

ネオハンターと対峙した際、自分が銃弾を撃ち尽くしたら、「男だったら素手でかかってきなさいよ」と格闘戦を挑んでおいて、不利になったら相手が捨てた銃を拾おうとするし。

主人公にあるまじき言動だと思うんですが。

ステージは秋葉原で、撮影スタートはシャッターが閉まっている店が多いことから早朝だったみたいですが、終了は夜になってます。どう考えても1時間程度の出来事ではありません。本当に外ロケでの撮影って大変ですね。

それにしても作中の<デンジャラス・デイズ>。街中でショットガンぶっ放したり、どう考えても周囲の非参加者のことを考慮してないあたり、勢い任せです。番組で人殺してる時点でメチャクチャですが。

ちなみに番組そのものに陰謀とかなく、ただのアクションですが、バラエティではないので、頭吹き飛んだり、首掻っ切られたりするため、子供には見せない方がいいと思います。CGちゃちいですけどね。

オススメ度(10段階)……★
(メイドハンターはガンスキルが高過ぎる。でも、せめて美少女にして欲しかった)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です