【スモーキン・エース】

FBI捜査官のメスナー(ライアン・レイノルズ)と、カラザーズ(レイ・リオッタ)は、大物ギャングに命を狙われる人気マジシャン、エース(ジェレミー・ピヴェン)を司法取引のため逮捕することになった。

そんな中、女殺し屋のサイクス(アリシア・キーズ)ら、賞金目当てにエースを狙う暗殺者たちが世界中から集まり始める。

シネマトゥデイより。

司法取引をしようとしているマジシャンをめぐって、FBIと大物ギャングがかけた賞金を狙う殺し屋たちの壮絶なバトル。

賞金を狙っているので、殺し屋たちも協力関係ではなく、それぞれがライバルです。

殺し屋たちは、ジョージアとシャリスの女性コンビ、傭兵の破壊屋アコスタ、カミカゼスタイルのトレモア3兄弟、変装の名人ラズロの7人。

FBI含め、それぞれがそれぞれの思惑で動いているので、ホテルで潜入の準備をしていて、エレベーターが開いたら、アホが着替えてるとか。

FBIと偽FBIが撃ち合ったエレベーターに入って状況を調べていたら、犯人と間違われて撃ち合いとか、割とカオスな状況を楽しめます。

もっとも、

最大のクレイジーな人間は、空手ボーイ。

ホテルでの事件より前に襲われた刑事が助けを求めにいった家で登場するんですが、本当にクレイジー過ぎて、見ていてイライラします。

というか、何度か出てきて尺を奪っていくんですが、このガキにそんなに時間を使う必要ないだろと。むしろ必要な登場人物じゃなかったし。

ストーリー自体も、ただのイカれた連中のドンパチと思わせておいて、意外と良く出来ていて、結構楽しめます。

ちゃんと伏線が細かく張ってあり、ラストで一気に回収するというスタイルなので、こういう作品に慣れてないと真相の意外性にはたどり着けないかも。

また、キャストも豪華で、ライアン・レイノルズ、レイ・リオッタやアンディ・ガルシア、ベン・アフレック、クリス・パインとか出ています。

クリス・パインなんて、【スタートレック】のカーク船長になる前とはいえ、バカ3兄弟役で黒歴史と言っても良さそう。

また、アリシア・キーズとコモンが俳優デビューした作品でもあります。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(アリシア・キーズはエロくてかっこよかった。)

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


スモーキン・エース [DVD]

コメント

タイトルとURLをコピーしました