【赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター】


グレートバリアリーフ在住のルーク(ダミアン・ウォルシュ=ハウリング)は、小型船舶の配送業を営んでいた。そこに友人マット(ガイトン・グラントリー)とその恋人スージー(エイドリアン・ピカリング)、そしてマットの妹ケイト(ゾーイ・ネイラー)がバカンスにやって来る。彼らは穴場スポットでクルーズとダイビング楽しむが……。

シネマトゥデイより。

単純にシチュエーションとして、フィールドとしての『オープン・ウォーター』であって、【オープン・ウォーター】シリーズなわけではありません。

【オープン・ウォーター2】では船から跳び下りてしまい、昇れなくなり、その場に居続けた人々が描かれていましたが、こちらは逆に移動したケースが描かれています。

サンゴ礁のせいで船が転覆してしまい、沈むのも時間の問題。その場にいても助けが来る可能性が低いため、陸地を目指して泳ぐことに。

ここで珍しいことに6人中、2人が転覆した船の上に残ります。しかも、ありがちな残ったおかげで助かったとかでなく、その後はもう出てきません。

泳ぐことを決心するまでに半分くらい費やしているため、残り時間が少なくなってサメの行動が

やたらとアグレッシブ

です。

4人が泳いでいるだけなのに、執拗に狙ってきます。血が出てるわけでもないのに、ピンポイントで迫ってきて、食らいつくとかストーカーのようです。

一人ずつやられていくだけで、たくさんのサメに囲まれるということもないのに、何度も襲われるという不条理展開。せめて複数のサメを出していれば、そんな違和感感じなかったんでしょうけどね。

食われるシーンもまともに映らないので、人が減ったと思うだけで怖さは感じません。変にグロくするとリアルじゃなくなるので、さじ加減が難しそうですが。

オススメ度(10段階)……★★★
(タイトルが中身を現わしてなさ過ぎるし、もちろん巨大なサメなんて出てきません)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
おすすめアクション映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です