【ランボー】

Pocket

アメリカ北西部の小さな町を訪れた元グリーン・ベレーの隊員が、地方警察のいわれの無い仕打ちに絶えかね逆襲に出る。

allcinema ONLINEより。

ベトナムからの帰還兵のランボーは、戦友の家を訪ねるが、既に戦友は化学兵器の後遺症で癌を発症し死亡しています。

仕方なくランボーは食事をとろうと街に入ると、トラブルを起こしそうという理由だけで退去を命じられ、従わなかったために浮浪罪とサバイバルナイフの所持で逮捕されてしまいます。

浮浪罪って実際に使われることってあるんですかね? サバイバルナイフを持っていたから大義名分が立つけど、浮浪罪って難しそうな気がします。

この逮捕した保安官ティーズルが、またわかりやすい偏見の持ち主な上、ボス猿タイプ。

自分に反抗するランボーに対して、尋問を建前に拷問の真似事のようなことをしてしまい、トラウマによって覚醒したランボーに返り討ち。

ランボーはナイフを奪い返すと山に逃走。ティーズルもやめればいいのに、警察を引き連れ、山狩りを開始します。

その後もアクシデントや誤解から状況がどんどん悪化。州警察と州兵で組織された対策本部にランボーのベトナム時代の上官トラウトマンがやってきて、事態の収拾を図ろうとしますが、ランボーにしてみれば完全に売られた喧嘩。

国のために戦ったはずなのに、ベトナムから帰ってきたら、罵声を浴びせられるだけで、誰にも助けてもらえない。

助け合ったベトナム時代の仲間は自分を残し、全員が他界してしまっている。

そんなランボーの理解者は、作品の中ではトラウトマンだけ。この小さな町にとって、ランボーは異質なやっかいものでしかないんですよね。

シリーズが進むにつれ、アクション色が強くなっていく【ランボー】シリーズですが、1作目はどちらかと言うと、社会派ドラマだと思います。

ベトナムからの帰還兵にとって、もはやアメリカは帰るべき母国ではなく、フラッシュバックや後遺症に苦しむ彼らにとっては、戦争はまだ終わっていません。

戦争によって、力を得てきたアメリカにとっても皮肉な現実なんじゃないでしょうか。

作品中のランボーの言動をただの荒くれ者だと思って見ていると、多分ラストのトラウトマンへの吐露シーンに驚くような気がします。

実際、ランボーにしてみれば、

仲間と助け合って生きてきたベトナムが故郷

であり、自分たちを責めるだけのアメリカは異国のようなもので、完全に逆転しているわけです。

ティーズルにしてみれば、彼は彼で自分の町を守ろうとしての言動なんでしょうが、ランボーにとっては、異国の地で身を守るための行動だったんでしょうね。

ベトナム戦争を直接描かず、ベトナム戦争に参加した兵士たちの代弁をしている形になっている面白い作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(多分、単純なアクション映画として観る派と、社会的な問題を提示している作品と感じる派に分かれると思います。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ランボー [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください