【ミッシング55】


ミッシング55 [DVD]

拉致・監禁した女子高生たちに拷問・虐待・レイプを繰り返し、性奴隷に再教育する“学校”。

そこへ秘密組織のスパイとして潜入した、生徒番号“55番”の京子。

目的は人身売買組織の極秘データの奪取と、囚われている少女たちを解放すること。

そしてついに、脱獄決行の日が訪れる!

「Oricon」データベースより。

【ミッシング44】、【ミッシング44 ファイナルステージ】の続編。前作は可愛くないヒロインの性格の悪さと、異様なまでの納豆推しくらいしか記憶に残っていません。

続編とは言っても、主人公は別の娘になっていて、続けて出ているのは洗脳後、組織の幹部と化している女刑事、処女厨のメガネ、とんでも設定の元ヒロインくらい。

今回早乙女ルイが演じているヒロインはえらい反抗的で、拉致される際も抵抗するんですが、結局捕まってしまいます。

正直、あらすじに書かれてしまうくらいストーリーなんてどうでもいい作品なのでネタバレしますが、彼女の正体はある組織から『学校』に潜入して、囚われた女子高生たちを解放しにきたスパイ。

でも、そう考えると、オープニングの拉致シーンのつじつまが合わなくなるんですが、気にしては負けなんでしょう。

難易度のメチャクチャな試験に合格した京子が部屋に案内されると、そこには前作同様3人の少女たち。

ただ、今回は軽くヤンキー入ってる感じですが、根は優しいふたりと、いかにも虐められそうなメガネ巨乳。ヤンキーっぽいふたりはあいかわ優衣と小林サヤ。メガネ巨乳は前田優希でした。

つまり、全員AV女優です。

おかげさまでセクシーものというより、

アングルが下手くそなアダルトビデオ

みたいなことになってます。もちろん、アダルトビデオではないので、本当にカメラが下手くそなわけではありません。

とにかく、秘密組織側も囚われた側もやりたい盛りかというくらいそっち系のシーンに時間が費やされています。

基本的に罰はスカートめくって鞭とか、レイプなんですが、夜には補習みたいなことを言ってエッチをしたがります。

「55番は反抗的なので、補習が必要だと思います」とドヤ顔で言うシーンがあるんですが、どう見ても、エッチに興味を持った男子中学生が「やりたいです!」と宣言しているようにしか見えないという残念さ。

しかし、その直後、元女刑事にその前の流れがあったため、「具合が悪いのでしょう」と却下され、シューンとする姿はちょっと面白いです。

前作で妙に推されていた『納豆プレイ』に代わり、今回はマヨネーズを塗ったくったり、ラップを巻いたり、何かネタをぶっ込まないと気が済まないんでしょうかね。

前作のヒロインも実は死んでなくって、死体を奪還してみたら仮死状態だった的な感じなんですが、仮死状態であれだけ長い時間放置されたら脳死すると思います。

もしくは脳死とか気にならないくらい馬鹿な娘なのかもしれません。

とりあえず、拷問の基準がメチャクチャで、死んでしまうと言っているような拷問をする割には、隠し事をしていないかを尋問しないといけない状況では何故か口頭での質問です。

質問に答えられないと氷水につけて殺そうとしたりするのにです。

脱出計画も普通に話しているんですが、秘密組織には全然バレません。秘密組織も、主人公たちもほとんど小学生の妄想レベルの行動です。

この作品では脱出の成否までが描かれ、【ミッシング44】同様、後編にあたる【ミッシング55 ファイナル・ブレイク】へと続きます。

オススメ度(10段階)……★★
(女優のレベルが上がった分、オススメ度を上げたものの、エロ目的以外の視聴は時間の無駄)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ミッシング55 [DVD]

コメント

タイトルとURLをコピーしました