【レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード】

Pocket

CIA捜査官のサンズ(ジョニー・デップ)は麻薬王バリーリョ(ウィレム・デフォー)のクーデター計画を知る。

彼は実行部隊のマルケス将軍の暗殺をエル・マリアッチ(アントニオ・バンデラス)に依頼する。

シネマトゥデイより。

あらすじもジャケットもまるでジョニー・デップが主人公のようですが、主人公はあくまでもアントニオ・バンデラス演じるエル・マリアッチ。まあ、どう見ても

ジョニー・デップが主役

になっちゃってるんですけどね。

しかも、このジョニー・デップ演じるサンズが曲者で、物語を一人で複雑にしてくれます。多分、観ている間は良い人間なんだか、悪い人間なんだかわからないんじゃないかと。

また、人間関係がやや複雑で、前作の【デスペラード】は観ておかないと厳しい。よく勘違いをされているんですが、【エル・マリアッチ】シリーズとして3部作として語られやすいですが、実際につながっているは【デスペラード】と【レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード】だけです。

【レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード】を観るのに、【エル・マリアッチ】を観る必要はありません。【エル・マリアッチ】自体は面白いので、単体として面白いですけどね。

また、マルケス将軍がカロリーナを殺したという話は、【デスペラード】と【レジェンド・オブ・メキシコ】の間の話なので、【レジェンド・オブ・メキシコ】の回想シーンで表現されていること以上の事は語られていません。

ちなみに【デスペラード】に続き、ダニー・トレホやチーチ・マリンが出演していますが別人です。

ストーリーの規模は前作より大きくなっていますが、その分、説明に尺を使い過ぎていて、スタイリッシュなガンアクションは激減。これはバンデラスとジョニー・デップ両方を撮ろうとしたせいもあるかもしれない。

前作のようなバカっぽいけど、かっこいいガンアクションもほとんどないので、ガンアクションに期待して観ると物足りないと思います。

もうちょっとバイオレンスな感じが欲しかった。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(それでも充分面白い)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です