【るろうに剣心】

幕末から明治になり、かつて「人斬(き)り抜刀斎」として恐れられた剣客・緋村剣心(佐藤健)は「不殺(ころさず)」の誓いのもと流浪人となっていた。流浪の旅の途中、剣心は神谷道場の師範代・薫(武井咲)を助けたことから、薫のところで居候することに。一方、街では「抜刀斎」を名乗る人物による人斬(き)り事件が発生しており……。

シネマトゥデイより。

大人気剣劇コミックを実写映画化。長年何度も企画の噂がありつつも、気づくと立ち消えというパターンだったんですけどね。

原作をそのまま実写にすると、とても時代劇とは思えない作品になってしまうので、費用対効果を考えるとしょうがないですが。

リアルな剣劇アクション映画を目指すと地味になってしまうし、原作の漫画に近づけようとすれば、まるでSF映画のようなCGを使うことになりそうですし。

跳躍だけならワイヤーアクションでなんとかなるんでしょうけどね。

原作ファンが固定化されている作品は、原作を改変するのに厳しいので、その辺もしきいが高い。

さて、そんなハードルの高い【るろうに剣心】ですが、映画では原作の『武田観柳』編をベースに、『黒笠刃衛』編を加え、さらに他の登場人物を加えるといった構成に。

本来なら観柳邸で待ち受けるのは、四乃森蒼紫率いる『御庭番衆』で、単純に映画単作で考えたら、バラエティに富んでいて、見栄えもいいので、『御庭番衆』のままの方が良さそうです。

ただ、そうするとヒロインが神谷薫ではなく、高荷恵みたいになってしまうので、『黒笠』を付け加えたんだと思うんですが、そうすると今度は『御庭番衆』では多過ぎるし、次回作の有無がわからない状態ではもったいない。

そのため、敵役として『外印』と『戌亥番神』なんでしょう。ただ、『戌亥番神』は佐野助と殴りあわせたかったんでしょうが、なんでわざわざ『外印』なんだか。

佐野助VS番神戦は、番神のキャラクターが変わっているものの、喧嘩バカ対決でコメディチックではありますが楽しめます。

剣心VS外印もそれなりではあるんですが、外印の攻撃が鋼糸と刀だけなので、ただのSF忍者みたいなんですよね。

そして、観柳戦というか、ガトリングガンを乱射する観柳なんですが、何故か剣心たちへの降伏勧告が「オレに跪け」からの

「…つーか脱げ!オマエら全部脱げ!」

って。いや、なんでだよ。ホモなのか? って勢いです。薄い本を出させたいんですかという話です。しかも、香川アドリブです。

他にもピーターパンのように空を舞う江口洋介演じる斎藤一とか、細かい見どころが満載です。

でも、全編見終えて思った感想は、一番見ごたえのあったアクションシーンって、前半の道場を荒らしに来た相手と戦うシーンだったなあですけどね。

実写で観るなら、『志々雄真実』編が見てみたいもんです。でっかい船炎上したり、京都での大乱闘とか、ド派手なところを邦画でも頑張って欲しい。

せっかく海外でも人気のある作品なので、普通の時代劇よりも資金回収しやすそうですが、難しいんでしょうね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(原作の剣心のギャップが好きか、原作後半のシリアスな展開が好きかで評価が分かれそう)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》


るろうに剣心 豪華版〔初回限定仕様〕 [Blu-ray]

るろうに剣心 通常版 [Blu-ray]

コメント

タイトルとURLをコピーしました