【地獄でなぜ悪い】

とある事情から、激しく対立する武藤(國村隼)と池上(堤真一)。

そんな中、武藤は娘であるミツコ(二階堂ふみ)の映画デビューを実現させるべく、自らプロデューサーとなってミツコ主演作の製作に乗り出すことに。

あるきっかけで映画監督に間違えられた公次(星野源)のもとで撮影が始まるが、困り果てた彼は映画マニアの平田(長谷川博己)に演出の代理を頼み込む。

そこへライバルである武藤の娘だと知りつつもミツコのことが気になっている池上が絡んできたことで、思いも寄らぬ事件が起きてしまう。

シネマトゥデイより。

自分を助けるために抗争相手のやくざを殺した妻しずえ。そのしずえの夢はミツコを女優にすることだったんですが、自分が殺人を犯したせいで、CMは降板、女優の道もほぼ絶たれます。

それから10年が経ち、刑務所から出所してくるしずえのために、武藤はミツコを女優にしようと画策しますが、主演でかっこ良くないと嫌という理由でミツコが逃亡。

逃亡中に彼氏の振りを頼んだ公次とともに捕まり、連れ戻されるんですが、殺されそうになった公次を救うため、彼は映画監督で、私を主演に撮ってくれると言い出すミツコ。

当然、映画の撮影なんて知るはずもない公次は逃亡するんですが、ひょんな事から一世一代の映画を撮りたいと思っている平田を知ることに。

この平田、カメラの谷川と御木、アクション担当の佐々木とともに映画バカなんですが、10年間ろくな映画を一つも撮れず、佐々木は明らかに限界を迎えています。

そんな中、金はいくらでも出すし、35ミリで撮らせるし、俳優も用意するという好条件を逃すわけもなく、平田たちは公次とミツコについていくことに。

脚本もなく、スタッフも、俳優もヤクザだと聞き、茫然とする平田でしたが、抗争相手との対決を映画として撮ると聞き、逆に乗り気になるという映画バカ振り。

武藤の案では撮影に困惑する池上組の連中を一気に倒してしまう案を提示しますが、平田はなんと抗争相手に連絡をして協力させようと言い出します。

序盤から提示されているのでネタバレではないと思いますが、抗争相手の池上はしずえが迎え討った際の生き残りで、それ以来ミツコに惚れ込んでいるので、ミツコが主演と聞き、撮影を快諾。

こうして、抗争相手がお互い承諾した状態での映画撮影が始まります。

ここまでは案外バイオレンスではあるものの、コメディ色が強いんですが、撮影が始まると、バイオレンス色が異常に高まります。

映画として撮影するので銃の使用はつまらないということで、お互い刀での斬り合いになるんですが、腕や首が跳ぶこと跳ぶこと。

どう考えても投げてるだろというくらいに跳んでます。

完全にただの殺し合いの真っただ中、カメラの谷川と御木が動き回るというおかしな状況が続くんですが、ヒートアップしたヤクザたちは空気を読まなくなっていきます。

そして、決定的とも言える出来事から一気に殺し合いが激化してしまい、何故かカメラマンたちも参戦し始めるという状況に。

さらなる乱入者に混沌としていき、池上組は屍だらけのまさに地獄。生きている人間の方が少なくなるほどです。

もうその辺りになると、ストーリーとか、リアルさとかどうでも良くなってしまっているので、そこまでついて来れたら最後まで観れると思います。

ただ、ヴェネツィアでスタンディングオベーションを送られたと話題になっていましたが、そこまでの作品ではないんじゃないかと。

特にラストに余計なものを継ぎ足しているため、

そこまでの作品が台無し

になってしまっています。多分、あれを良いという人もいるとは思いますが、あんな風に終わるくらいなら、車に轢かれて死んだ方がまだましです。

【TOKYO TRIBE】といい、役者に嫌われてもいいから最高の芝居を引き出したいと言う割に、自分が最後に台無しにしてる感が否めません。以前の作品は鬼才と呼んでもいいくらい凄いものをいくつも撮ってるのに、なんなんですかね?

まあ、三谷幸喜や宮藤官九郎、園子温って固定ファンが少なからずいるので、こんな事を書くと、何もわかってないとか言われちゃいそうですが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(妄想シーンがわかりづらいのと、ラストが余計なことを除けば、最後まで飽きずに観せるということは面白いということだと思うので)

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


地獄でなぜ悪い コレクターズエディション [Blu-ray]

コメント

タイトルとURLをコピーしました