【ドーベルマン】


パリの銀行で立て続けに強盗事件が発生した。犯人はドーベルマンと名乗る強盗とその一味。生まれながらの強盗・ドーベルマンこと、ヤン・ルパントレックは、あるで遊びのように銀行を襲撃。鮮やかな手口で現金を盗む一味に、警察は手も足も出ない。もはやなす術がないことを知った警察署長クロダレックは、目的のためには手段を選ばない凶暴な警視、クリスチーニにすべてを委ねるが・・・。

allcinema ONLINEより。

ビデオテープ時代に衝撃を受けた作品ですが、いま観ると「あれ、こんなもんだっけ?」という印象を否めない作品。

激しいガンアクションとイカれたキャラクターたちが登場するギャング映画としては、ナンバー1だったはずなんですけどね。

とはいえ、当時に比べて衝撃が少ないというだけで、全員

イカれてる

ことに変わりはありません。主人公のドーベルマンはバイオレンスな方向にイカれてますが、仲間は変な方向にイカれてる感じ。

ドーベルマンや、斧を武器にしているピットブルはまだまともな方で、酷いのになると、家族がいるのに女装好きな同性愛者ソニアとか、聖書に手榴弾隠し持ってる神父とかはメチャクチャです。

好敵手となる刑事もまともでなく、ドーベルマンを捕まえるためには文字通りなんでもするタイプ。余裕で犯罪行為でもやらかします。

多分、観ている側からしてみれば、ドーベルマンたちの方がダークヒーローで、刑事の方が不快に感じると思います。

刑事についてる部下が常識人過ぎてかわいそうで溜まりません。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(いかにもタランティーノに触発された感じの作品)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

ドーベルマン [DVD]/ヴァンサン・カッセル,モニカ・ベルッチ,チェッキー・カリョ

¥2,625
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です