【血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐】

Pocket


血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐 [Blu-ray]

うぐいす学園の学生・鋸村ギーコ(浅川梨奈)は、セーラー服に下駄を履き、チェーンソーを持ち歩いていた。

ある日、同級生のマッドサイエンティスト、碧井ネロ(あの)が作り出した改造死体たちの襲撃を受ける。

ギーコは襲い掛かる改造死体たちを倒し、ネロのアジトに乗り込む。

シネマトゥデイより。

三家本礼のコミック【血まみれスケバンチェーンソー】の2度目の実写映画化。

リブートなので、主演が内田理央から、元SUPER☆GiRLSの浅川梨奈に。他のキャストも一新されてます。

浅川梨奈は本当に最近の作品に引っ張りだこですね。

内田理央のふんどし姿も頑張ってるなと思いましたが、浅川梨奈に至っては、この作品で

一瞬ですが、オッパイを完全に出していて驚きました。

セミヌード写真集を出しているみたいですが、映画だと出さない人の方が多いと思うんですけどね。

個人的には、ネロ役のあのと、仙崎部長役の日高七海はこちらの方が原作に似てる気がします。

それにしても、【咲-Saki-】の映画版のキャストが3人も揃ってるって、何かのつながりなんですかね。

とはいえ、リブートに伴い、設定やストーリーがかなり改変されているので、好みがわかれるところ。

前作にはいた爆谷とか出てこないし。

ネロもマッドサイエンティストではなく、いじめられっ子が復讐してるだけみたいな感じ。

ギーコを狙う理由もクラスメイトの最後のひとりだからではなく、かなりくだらない理由だし。

失禁シーンはいらなかったというか、違う流れで失禁した方がネロらしかったと感じる演出でしたし。

原作のノリがくだらなかったり、勢いではあるので、それはそれで悪くないんですけどね。

他の敵も再構成されていて、銭湯で襲ってくるのは3姉妹でなく、水着の二人だし、光学迷彩の敵は全裸の女性になってます。

原作のキンバリーの役割は、だいたいドリエが担ってました。

全体的に演技が学芸会っぽいし、改造死体も普通の作品と比べたら雑だと思うんですが、原作の雰囲気も相まってか、逆に面白いという不思議。

多分、原作ファンなら割と楽しめるんじゃないかと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(チープさが逆に良いのかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください