日別アーカイブ: 2019年10月30日

【ハロウィン(2019)】


ハロウィン ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

1978年のハロウィン。

精神科病棟を脱走し凄惨な殺人事件を起こしたマイケル・マイヤーズは、「ブギーマン」と呼ばれ恐れられた。

唯一生き延びたローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)は、病院に収容された殺人鬼が再び現れることを想定しその時に備えていた。

そして事件から40年後のハロウィン前夜、精神科病棟から患者を移送する車が事故を起こし、マイケルは逃亡してしまう。

シネマトゥデイより。

ハロウィンのホラームービーと言ったら真っ先に浮かぶ【ハロウィン】。

第1作からリアル時間で40年経っていますが、40年後を描くという離れ業を見せてくれます。

何が凄いって、

1作目のオリジナルの俳優が何人も出演してる

ことが凄い。

2000年代のリメイクではなく、あえて初代オリジナルキャストというのが本気です。

日本の作品で40周年記念だからって、40年前のキャストがそのままなんて、ほとんどできません。

現に【トラック野郎】や【男はつらいよ】とか主演自体亡くなっています。

【男はつらいよ】は一応新作ありますが、オリジナルのキャストは激減してます。

とはいえ、さすがにシリーズ8作の展開を踏まえてだと矛盾等も出てくるので、第1作からの直接の続編に。

老婆と言ってもいい年齢になったローリーにはカレンという娘がいて、結婚して、アリソンという孫もいます。

ちなみに前述の通り、2作目以降のストーリーはなかったことになっているので、カレンはマイケルには襲われてません。

そのため、マイケルを必要以上に恐れるローリーに辟易としていて、仲が悪い様子。

ローリーとジェイミーに確執はあるものの、比較的平穏に過ごしてきた彼女たちでしたが、マイケルを取材にきた記者が余計なことをしたせいでマイケルが覚醒。

精神病院から刑務所に移送中、マイケルが脱走。

ローリーの血筋を追っているのか、ローリーだけでなく、カレンやアリソンにも近づいてきて、周囲の人々を惨殺していきます。

マイケルが他の殺人鬼ものと変わっているのが、目標の相手を追っていて、邪魔な相手を殺すのではなく、途中で遭遇した相手をなんとなくで殺してるところ。

なので、エグいショックシーンを見せるわけでもないので、なんでいまの奴らわざわざ殺したのっていう殺人がちょこちょこあります。

かと言って、ジェイソンみたいに堂々と一直線に向かってくるわけでもないので、どこにいるのかわからない恐怖もあって面白い。

個人的にはどうしても意味がわからないシーンがありましたが、全体的に名作と言っていい作品になってました。

オリジナル通りの展開から外して、捻りを加えた展開も良かったんじゃないかと。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★
(ホラー映画としては★10でも構わないですが、万人に勧められるジャンルでもないので。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハロウィン ブルーレイ+DVD [Blu-ray]