月別アーカイブ: 1月 2019

【不能犯】


「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]

大都会を舞台に立て続けに変死事件が起こり、その現場には決まっていつも黒のスーツを着た男の姿があった。

その男は宇相吹正(松坂桃李)で、“電話ボックスの男”とSNSで話題になっており、とある電話ボックスに殺人の依頼を貼るだけで必ず遂行されるとささやかれていた。

実際に標的は100パーセントの確率で、事故や自殺や病気によって命を落としており……。

シネマトゥデイより。

同名のコミックを白石晃士が監督したサスペンス。

とある電話ボックスに恨みを持った相手への殺人依頼をすると、謎の男が遂行してくれるというもの。

話だけ聞くと、【必殺仕事人】のようなものを想像しますが、そんな正義の味方ではありません。

相手が善人だろうと悪人だろうと、怨みを持たれていれば殺します。

また、場合によっては自分の都合で殺したりも。

もっとも、殺すと言っても、宇相吹正自身は物理的には手を下さず、言葉だけで相手を操り、自分で死なせるという手口。

いわゆる暗示や催眠といったマインドコントロールの類で殺しているので、現実には実行不可能なはずの犯罪のため、不能犯というわけですね。

ストーリーは殺人を続ける宇相吹と、それを止めようとする百々瀬麻子を軸に、いくつかの事件を描いていきます。

隣人と乱暴された妻の話は面白かったですが、あとは正直微妙でした。

つまらないというより、

なんか薄っぺらい。

原作のコミックスをほとんど読んでいないのでなんとも言えませんが、必要なことを詰め込むのに尺が足りないため、全体的に薄く感じるのかも。

ドラマ版もあるので、ある程度はそちらで描いて、映画ではストーリーに必要な展開だけ描いた方が逆にわかりやすかった気がします。

丁寧な作りだとは思うんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(トータルすると面白いとは思うんですけどね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]

【オーシャンズ8】


オーシャンズ8 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]

仮出所したデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)は、服役中に考えていた犯罪計画を実行しようとする。

それは、ニューヨークで開催される世界最大規模のファッションの祭典メットガラに出席する女優ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)が身に着ける1億5,000万ドルの宝石を盗み出すというものだった。

デビーは旧知の仲のルー・ミラー(ケイト・ブランシェット)を相棒に、ハッカー、スリ、盗品ディーラーらを集めてチームを結成する。

シネマトゥデイより。

【オーシャンズ11】の主人公だったダニー・オーシャンの妹が仲間を集めて、女優が身に着けている宝石を盗むという作品。

本当に淡々と話が進んでいき、驚くようなトラブルも起きないので、毒にも薬にもならなかった印象。

女優陣も超豪華なようでいて、同じレベルの女優が集まってしまったせいで、平均化されてしまい、印象に残らない。

新しい技術と言っても、そんなに最新技術ではなかったし。

基本的にハラハラドキドキを楽しむ作品ではなく、

いかに計画的に盗むか

を楽しむ映画なんでしょうね。

ただ、リメイクとうたいながらも、過去のシリーズからの登場人物もいて、シリーズが好きだった人はニヤリとするかも。

特に新生『オーシャンズ』のひとりとして、イエンが登場するのは良かったですね。

カメオ出演の多さも話題だったので、探しながら観るのも楽しいかもしれません。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(淡々とし過ぎてて、派手さもないので勧めづらい。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


オーシャンズ8 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]

【サラリーマン・バトルロイヤル】


サラリーマン・バトル・ロワイアル (吹替版)

コロンビアにあるベルコ・インダストリーズ社。突如、閉じ込められた80人の従業員が、殺し合いを命じられる。

シネマトゥデイより。

amazonプライムで視聴した作品。

どうやら割と条件のいいらしい会社で働く80人もの従業員たち。

突然、シャッターが閉まり、扉が施錠され、屋上には出られるものの、実質巨大な密室に。

そして、謎の放送で最後のひとりになるまで殺し合いを命じられるんですが、事情が誰にもわかりません。

元軍人や犯罪者たちを集めたわけではなく、ごく普通のサラリーマン同士なので、普通なら殺しあう展開になるはずもなし。

ただ、事前に爆弾を仕込まれていて、制限時間以内にひとりになっていなかったり、ルールや警告に従わないと爆発させられるらしい。

もちろん、見せしめに数人死んでいるので、ブラフではありません。

それでも、指示通り殺しあう派と、助けを求める派等に分かれていき、

戦闘による殺し合いというよりは選別

という展開に。

まあ、元々一般人同士なので、無意味な残虐な殺し方や、バリエーションの多い殺し方はほとんどありません。

ほとんどの死因は運営による爆死、射殺、好戦的なグループによる射殺です。

それすら警備の名目なのか、運営が準備したとしか思えない大量の銃器が保管してあったからなので、それもなかったらもっと地味になっていたことでしょう。

ネットのレビューでは、映画の【バトル・ロワイヤル】の劣化版みたいな感想が少なくないですが、個人的には山田悠介の作品の方が近いかなという印象でした。

また、学生同士や見知らぬ相手同志だと単純に生き残り合戦になりますが、会社員同志だと直前までの上下関係や、相手への印象が影響するのが面白いですね。

正直、買ってまで見るかと言われたら迷いますが、動画配信や、テレビで観る分には満足できるんじゃないかと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★
(ハードルは上げない方がいい。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


サラリーマン・バトル・ロワイアル (吹替版)

【ドント・ブリーズ】


ドント・ブリーズ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人アレックスと共に、大金を持っているといううわさの目の見えない老人の家に忍び込む。

だが、老人(スティーヴン・ラング)は、驚異的な聴覚を武器に彼らを追い詰める。

明かりを消され屋敷に閉じ込められた若者たちは、息を殺して脱出を図るが……。

シネマトゥデイより。

街を出るための資金が必要だからと盲目の老人の家に忍び込む3人の若者たち。

マニーは盗む気満々で、ロッキーは罪悪感より街を出るためには仕方なく、アレックスは消極的だが、ロッキーに好意を寄せているので参加という感じ。

盲目の老人は金を貯め込んでいるという噂があり、厳重に施錠されている部屋があるのを見つけ、扉を開けようとする。

そのせいで老人に気づかれ、マニーがあっさりと殺されます。

ここでのやりとりや、ここまでのシーンだけでも割と伏線が張られているんですが、本当に馴染んでいるため、伏線とは気づきません。

で、この老人。盲目ではあるんですが、元軍人で、異常なまでに聴力と、あまり触れられませんが、触覚も優れています。

老人はマニーを殺した後、意外と仲間思いなマニーが口を割らなかったにも関わらず、仲間の存在を確信。

普通なら警察を呼ぶ等するところですが、家中を施錠し、窓には板を張り付け始めます。

この辺りから薄気味悪い盲目の老人から、なんかヤバい人にクラスチェンジ。

残ったふたりは老人があっさりマニーを殺したことを知っているので、鍵を壊したり、板を力ずくで外すわけにもいきません。

ぶっちゃけ、密室化した家の中で一緒に閉じ込められたのがゾンビなら、リスクを背負っても脱出を優先できたかも。

ただ、この老人、いくら元軍人とは言っても、目が見えないにも関わらず、室内で銃をぶっ放す始末。

メチャクチャにでもなく、割と方向性は的確です。

自分たちはよく見えず、相手は文字通りホームの異常人格者。

それだけでも怖いのに、施錠されていた扉の先にあった事実を知ると、さらに恐怖が増します。

明らかにご都合主義な展開もありますが、良い作りの作品でした。

ただ、

充分に楽しむには共感力か、想像力が必要

になるので、そういうのを感じないタイプの人だとつまらないかも。

ちなみに理解力ではありません。難解な作品ではないので。

続編製作予定です。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(本当に登場人物に移入できるかが楽しめるかどうかの鍵。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ドント・ブリーズ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

【カメラを止めるな!】


カメラを止めるな! [Blu-ray]

人里離れた山の中で、自主映画の撮影クルーがゾンビ映画の撮影を行っている。

リアリティーを求める監督の要求はエスカレートし、なかなかOKの声はかからず、テイク数は42を数えていた。

その時、彼らは本物のゾンビの襲撃を受け、大興奮した監督がカメラを回し続ける一方、撮影クルーは次々とゾンビ化していき……。

シネマトゥデイより。

2018年にスマッシュヒットしたホラーコメディ。

今回はネタバレありです。というか、ネタバレしないと、まともに紹介できないタイプの作品。

個人的に上映前はB級ゾンビ映画として推していましたが、実際はコメディです。

正直な話、展開は察していたので、ホラーとして推すのはどうかなと思ったんですが、ゾンビを扱っていることに代わりはないので、そのまま紹介してました。

ストーリーは2段構え、厳密には3段構えで、あらすじに書かれているゾンビ映画の撮影が前半。

劇中劇としてゾンビ映画を撮影していたはずが、その役者やスタッフたちが本当にゾンビに襲われるという展開なんですが、それも劇中劇。

ゾンビ映画を撮っているスタッフたちが襲われるというドラマを撮影していたというのが本当のストーリー。

前半が終わった段階でクレジットが流れ、実はそれが前述の通りの状況だったということがわかります。

後半は前半の撮影がどのように行われていたのかが描かれていくんですが、そこからが完全にコメディ。

前半がホラー、後半がコメディという意味で、ホラーコメディです。

役者たちは曲者揃い、製作側もクセの強いキャラばかり。

やたら意識の高い主演男優、演技が下手な女優、アル中の中年男優、メガネ、やたら細かいことにこだわる男優たちを使って撮るのは、生中継1カットという無茶なゾンビドラマ。

しかも、とある事情で監督が監督役に、監督の妻で元女優の女性までドラマに参加するハメに。

アクシデントだらけの生中継ドラマはどうなってしまうのかという展開。

前半であまりにも不自然で、なんなんだろうと思うシーンが多々あるんですが、何故そんなことになっているのかも後半で判明します。

前半のグダグダ振りの理由がわかるので、それなりに納得はいくんですが、思った以上に観る人を選ぶ作品だと思います。

はっきり言ってしまうと、

舞台演劇や、映画撮影等に興味がないと、本当にただのドタバタコメディ。

系統としては、【サマータイムマシン・ブルース】や、【曲がれ! スプーン】、【スペーストラベラーズ】辺りを好きな人なら楽しめると思います。

ただ、それらの作品と比べて、1ランク2ランク落ちるという印象ですが。

同じ監督の【お米とおっぱい。】も、【12人の優しい日本人】の劣化版としか感じませんし。

本作中の本当の主人公である日暮の売り文句が、『早い安いそれなり』なんですが、本作の監督である上田慎一郎もそうなのかと思ってしまいました。

あとは、登場人物の名前がキャストの名前をモジっていることくらいが特徴ですかね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(面白いことは面白い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


カメラを止めるな! [Blu-ray]