月別アーカイブ: 1月 2018

【ジェーン・ドウの解剖】

とある一家が無残にも殺害された家の地下で身元不明の女性の変死体が見つかり、検死することになったトミー(ブライアン・コックス)と息子オースティン(エミール・ハーシュ)。

死因を調べるため解剖を進めるにつれ、驚くべき事実が次々と明らかになる。

やがて、親子に不可解な現象が襲い掛かり……。

シネマトゥデイより。

身元不明の女性の死体を解剖することになった親子を襲う怪奇現象を描いた作品。

『ジェーン・ドウ』というのは、日本でいう『名無しの権兵衛』のことで、本作の場合は女性のため、『ジェーン・ドウ』となっています。

男性の場合は『ジョン・ドウ』で、複数の場合はそのまま『ジョン・ドウズ』、『ジェーン・ドウズ』となる辺りは日本とは異なりますね。

本作の『ジェーン・ドウ』は、一家が惨殺された家の地下から発見されたもので、一家とのつながりもわからず、外傷もなく、まるで生きているかのような不思議な状態だった。

そのため、トミーに検死を依頼されるんですが、外傷がないと思われた身体にメスを入れてみると、手足の骨は折れ、舌や歯は抜かれ、肺は内側から焼けています。

どう考えてもおかしな死体の解剖を進めていくんですが、トミーと息子のオースティンを不可解な現象が襲い始めるという展開。

解剖を進めていくことで、少しずつ気づくことがあるという展開がやや推理ものっぽい感じはありますが、結局はオカルトなので純粋な推理ものを求めると、ちょっと違うとなりそう。

また、基本的に解剖していく展開なので、

医療ドラマくらいにはグロい

です。

ゴア系ではないので、そこまで酷くはないですが、ジャケット等のイメージで観ると、耐性がない人にはきついかもしれないので、注意が必要かも。

すごく怖いということはありませんが、想像力というか、妄想力が高い人ほど怖く感じるんじゃないでしょうか。

【バイオハザード】シリーズをプレイしていると、霊安室に閉じ込められている状態で、すでに嫌な予感しかしないんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(夜中にひとり、静かな空間で観ると怖さが増すかもしれません。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ジェーン・ドウの解剖 [Blu-ray]

【封印映像32 呪いの生き人形/長身の男】

今回はメディアでしか見てない人は気づきませんが、実はスピンオフです。

基本的には若手育成シリーズということなんでしょう。

そのため、レポーターはいつもの田中女史ではなく、若手の玉置。他のスタッフは例の無能と、高橋

もう玉置は玉置ちゃんと呼びたくなるくらい可愛いです。とは言っても、田中女史は田中女史で続けていただきたい。

また、本作はちょっと特殊な構成で、2つの話題が連続の2部構成になっています。

これも事情を知らないと意味不明で、連続なら2話構成でいいと思うかもしれませんが、ネット配信だった都合なんだと思います。

ちなみに同じような構成の動画があるので、今後もこの構成はあると思われます。

『呪いの生き人形 その①』

誕生日に撮影された映像。神社で拾った人形をプレゼントするが、

その時カメラは不可解な現象を捉える!

公式より。

友達の誕生日にサプライズパーティーを開いた若者たち。

そのうちのひとりがドライブに行って拾ったという人形を見せるんですが、よく人形なんて拾えると思います。

当然、気味が悪いのでベッドに寝かせておいて話をしていると、いつの間にか人形が消えています。

みんな誰かが怖がらせようとして隠したと思っていますが、誰も移動していないので、隠せるはずもありません。、

ベッド周辺にも落ちておらず、予想外のところから発見されます。

しばらくして、人形を拾ってきた女性が苦しみだし、倒れこんでしまい、若者たちはパニックに。

そして、倒れこんだ女性の身体に異変が……という展開。

他にもちょっとした現象あるんですが、前半の見どころは、倒れた女性の身体に起こる異変ぐらいですね。

後日、投稿者の部屋で、箱に入れて保管されていた人形を見ると、ローションのような何かでベタベタになったました。

それを見た玉置は、なんか怒ってるようなことを言い出すんですが、もしかしたら霊感少女枠なんでしょうかね。

『呪いの生き人形 その②』

封印映像若手スタッフが神社に人形を返しに行くことに。取材中、霊を撮影してしまう!

公式より。

同じような人形の映像がないかを調べていたところ、同じにしか見えない人形の動画を発見。

投稿者は男性で、女性上司と社内旅行のために行った場所で寄った神社での映像。

特に寄る予定もなかった場所だそう。

祠みたいなものに置かれていた人形を持った後、適当に戻す女性上司。

特に予定もない場所なので、やることもないので帰ろうとするんですが、女性上司が急に体調を崩し、うずくまります。

投稿者が何とか立たせようとしていると、黒っぽい感じの女性がたたずんでいるのに気づきます。

不気味に思い、上司を急かす投稿者ですが、たたずんでいた女性は歩いている様子もないのに、段々と近づいてきて……という展開。

女性上司は前半の女性同様、心が空っぽになった感じになってしまったとのこと。

そこで、玉置と高橋が人形を祠に返しにいくことになるんですが、高橋もちょっと頭がおかしいです。

人形がベタベタじゃなくなっているのはいいんですが、何故かSMのような縛り方をされています。

動いたら怖いという理由でしたが、本物の霊が憑いている人形だとしたら、そんな縛り方をした方が怒るんじゃないでしょうか。

何故か昼間ではなく、真夜中に行くあたりがホラーコンテンツを商売にしているだけありますが、返しに行った先でも映ってしまうのが【封印映像】の良いところです。

『長身の男 その①』

お笑いコントの練習を映した投稿映像。不審な部分を発見し取材を行うことに。

映像に映った謎の人影とは!

公式より。

お笑い芸人のふたりが練習している光景をとっている動画で、カメラを切り忘れたら超常現象が映ったというもの。

超常現象自体は投稿者の仕込みで、それ自体はスタッフが見破っていたんですが、もう1ヶ所気になる部分が。

有名になろうとしてやったと簡単に白状した投稿者も、何のことだかわかっていない様子。

また、映像の流れで相方がおかしくなるんですが、それも本当のことで、仕込みのことを含め、相方は知らなかったことだという。

その気になるものというのは窓の外の人影で、練習場所は3階のため、外からは覗けないはずという状況。

しかも、拡大すると見えなくなってしまうらしい。

実際、現場に行ってみたところ、外から伝っていくのは無理でした。ただ、等身大なら梯子で可能だよなとは思いました。

まあ、そんなことする意味がまったくないですが。

玉置は『八尺様』にこだわってましたが、高橋は『八尺様』とは違うと思うと言って、別なものに誘導している印象でした。

『長身の男 その②』

投稿映像に映っていた謎の人影。過去の投稿映像にも似たようなものが映っているものを発見。

その場所へ再取材で訪れた封印映像若手スタッフは取り乱すほどの恐怖に遭遇する。

公式より。

こちらはテニスサークルの罰ゲームで、雑木林を歩いている最中、男性がおかしくなる動画に続きます。

前半もほとんどわからない映像なんですが、後半も真っ暗なので、よくわかりません。

視聴環境によっては言われてもわからないかも。

こちらもスタッフが現地調査に行くんですが、そこで異変が起こります。

なんとか無事帰ることが出来るんですが、ティッシュを鼻に詰めながら、軽くキレている玉置はとっても可愛いです。

後日、映像をチェックして、『長身の男』が映っているのを見つけるんですが、もはや何かのテストレベル。

探そうとしてもそうそう見つかることはないでしょう。

結局、『長身の男』の正体を都市伝説の『スレンダーマン』にしたかっただけなんでしょうね。

普通に縦に長い長身のことをスレンダーなんて表現しないし。

多分というか、ほぼ確実に

【都市伝説:長身の怪人】のステマ

としか思えません。

とりあえず、スピンオフ2話は若手スタッフの初作品としては、頑張っていると言えるんじゃないでしょうか。

印象としては、玉置ちゃんかわいいしか残っていませんが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(Googleの検索候補にすでに『封印映像 玉置』があるのが笑える。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像32 呪いの生き人形/長身の男 [DVD]