日別アーカイブ: 2017年2月18日

【アイアムアヒーロー】

漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。

そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。

慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。

出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。

比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。

シネマトゥデイより。

【ボーイズ・オン・ザ・ラン】の花沢健吾の同名コミックの実写化。

銃を撃てる漫画家がゾンビのような化け物『ZQN』が徘徊している日本でサバイバルするというちょっと変わった作品。

邦画のゾンビ系作品としては、かなり頑張っていて、よく日本で撮影できたなと思うシーンもしばしばあるくらい。

日常風景だったのが『ZQN』によって崩れたと思うと一気に広がり、街中がパニックになる光景は結構面白い。

特にいかにもそういう状況が想定されていない日本らしく、どこか他人事なのも妙に説得力があります。

パニックが起きている地域でレポートをしている背後に明らかに怪しい奴が立っているのにカメラマンは警告もせず、レポーターが襲われるとかいかにも日本っぽい。

そんな中、主人公の英雄のまわりでもおかしな事が起こり始め、彼女には襲われ、アシスタント先でも惨劇が起きていて、逃げた先々で『ZQN』に遭遇する始末。

富士山が安全だと聞き、たまたま知り合った女子高生の比呂美とともに富士を目指すことに。

しかし、彼女は赤ん坊の『ZQN』に噛まれており、半分『ZQN』化してしまう。

なんとかたどり着いたショッピングモールで、藪という女性に見つかり、屋上で生活している集団に連れていかれる英雄たち。

はじめは親切そうに振る舞う集団のリーダーたちだったが、英雄の銃と半分『ZQN』の比呂美の存在によって、仲間割れがが起きる。

そんな状況のまま、食材の調達に出た集団の男たちは、予想外の出来事に翻弄されていくのだった。

英雄は比呂美や藪を助け、生き残ることが出来るのかという展開。

原作コミックの途中までですが、ショッピングモール編は区切りとしてわかりやすいので、中途半端な印象はないかと思います。

ただ、原作コミックを読んでいるファンだと、実写映画のはしょり振りに困惑するかも。

英雄が彼女に襲われた後の流れ等がカットされたり、塚地演じる漫画家アシのチーフが飛行機にぶつかられるシーンが映像化できないのはしょうがないとして、英雄と比呂美の出会いが変わったり、

英雄の妄想シーンが全カット

はどうかと思うんですよね。

特に英雄の妄想に関しては、後々にもつながる重要な個性だし、比呂美の人格を流してしまうと、原作の人間関係とはまったく違う印象になっちゃうんですよね。

続編を作らない前提で、あくまで映画は映画として観る分には問題ないんでしょうけど。

もっとも、それを踏まえても、邦画の感染系ゾンビ映画としては、良作の部類に入ると思います。厳密にはゾンビじゃないですが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(投稿系ホラーが好きなら、スピンオフの【はじまりの日】の方が面白いかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


アイアムアヒーロー