日別アーカイブ: 2014年5月26日

【ハングオーバー・ゲーム】

結婚式を2日後に控えた親友ダグのために、ブラッドリー、エド、ザックの悪友3人は、バチェラーパーティを企画し、ラスベガスのはずれにある小さなカジノリゾート・ラフリンに乗り込んだ。

寂れたモーテルを貸し切った4人は、独身最後の夜を飲み明かすが、目が覚めると、そこはなぜか命がけのハングオーバー・ゲームの会場へ向う高速列車の中。

ダグの姿がないことに気付いた3人は、突如現れた謎の案内人に誘導されるまま、参戦を決意する。

映画やテレビで見かけた有名キャラがひしめく中、覚悟を決めたブラッドリー、エド、ザックは、果たして結婚式までにダグを捜し出すことができるのか?

公式より。

説明するまでもなく、【ハングオーバー!】と【ハンガー・ゲーム】のパロディ。

【ハングオーバー!】の4人がバチュラーパーティーをしていたはずが、気づいたら未来へと。

未来では【ハンガーゲーム】のようなゲームが行われており、酔っぱらった4人は志願してしまったらしい。そして、やっぱりダグがいない。

ゲームの相手は、【ハンガーゲーム】のカットニスやルー。他の作品からキャリーと【ウォーキング・デッド】のゾンビ、テッドを始めとしたマペットチーム、【ジャンゴ】からジャンゴと農場主、ジョニー・デップチームとして、【ローンレンジャー】のトント、【パイレーツ・オブ・カリビアン】のジャック・スパロウ、【チャーリーとチョコレート工場】のウィリー・ウォンカ、【ロード・オブ・ザ・リング】からフロドとガンダルフ、何故かです【デスペラードの妻たち】もいます。あ、あとソーや【アバター】の青い人たちもいました。

あとは忘れちゃいけないお色気担当のトップレスのお姉ちゃんたち。しかし、意外と生き残るし、エロネタが多いので出番多いです。片方はやたらとオッパイがネットとかにひっかかるし。

それぞれ似てないですが、それなりに雰囲気掴んでいると思います。ただ、amazonの説明では【ハングオーバー!】のニセモノ4人が海外ドラマでよく知られているかのように書いてありますが、誰だかわかりません。でも、意外と雰囲気似せてます。

そっくりさんの域を出ていません

けどね。もっとも、内容自体が【ハンガー・ゲーム】の世界から、ゲーム部分だけ切り取って、【ハングオーバー】をはじめとしたキャラクターをぶち込んで、2ではなく、3で割って、足りない部分はエロを塗ったくった感じなので、充分なのかもしれません。

本当にオッパイと、ディルドー系のネタ多いし。引く程ではないと思いますが。

エロ系の下ネタが許せる人なら意外と楽しめるんじゃないでしょうか。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(意外に悪くないというか、個人的には好きでした)

《関連リンク》
おすすめコメディ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハングオーバー・ゲーム [DVD]