月別アーカイブ: 2月 2014

【ファイナルデッド ダーク・ウォッチャー】

この映画、実はタイトルを誤解してネットで借りたんですが、結果としては自分的に当たりでした。ちなみに間違えたのは【ファイナルデッド】で、シリーズものかと思って借りたら、関係なかったというオチ。

ただ、この映画、あらすじを書きにくいのです。何故なら開始当初、主人公たちに記憶がなく、名前も中盤まで不明のままだったりします。それを踏まえて読んでください。

目を覚ますと白い部屋。タンクトップにショートパンツだけ身につけていて、自分が何故ここにいるのかも覚えていない。室外では不気味なうなり声。

一瞬、部屋が闇に包まれるが、すぐに明かりがともり、扉の電子ロックが外れていた。

目覚めた女は、自分の名前すら思い出せないまま、廊下へと出ると、病院とも研究所ともつかない建物の中には、自分と同じ格好をした男女が出口を捜し求めていた。しかし、彼らも一様に記憶を失っており、状況は良くならないうちに、得体のしれない存在に襲われ始める……。

あんまり書いてしまうと、推測出来てしまうので、この辺で。よく【SAW】と【バイオハザード】を足したような作品と言われますが、どっちかというと、移動してくる相手のいるCUBEに近いかな。こんなゲームありそうという感じもします。

ただ、やっぱり一線級の作品ではないので、チープなところはチープです。それでも中々元凶がなんだか絞りきれないので、楽しめます。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(他の作品とのバランス考えると6ですが、考えなければ7、8でもいいくらい)


トラウマを乗りこえるためのセルフヘルプ・ガイド
↑この辺がキーワード

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

【女子競泳反乱軍】

あらかじめ断っておきます。今回ネタバレありです。というか、勧める余地がないです。それを踏まえて読んでください。ツッコミが多過ぎて、本当に長文なのと、女性には不快かもしれません。あしからず。

とある女子校に転校してきたアキ。クラスになじめないアキがサボっていると、さやかという少女が声をかけてくる。何故かつきまとうさやかとともに予防接種をバックれていたアキがサボりを続行している頃、教室では異変が起こっていた。

授業をしていた教師と生徒の様子がおかしくなり、教師が突然定規で生徒を斬り始め、生徒たちもゾンビよろしく発症していない生徒たちに襲いかかり、教室は血の海と化していく。

まあ、ネタバレなしで書けるのはこの程度。こっから先はツッコミだらけです。

まあ、ここに来るまでにすでにツッコミは満載なんですが、すでにアキとさやかはレズ臭を発しているのは、まあ、お約束として。

予防接種の校内アナウンスはアナウンスで、「新種のウイルスが流行っています」って、え~っ!て感じです。校内放送で言いますかと。

授業も授業でおかしくなってるからなのかもしれませんが、生徒が全然疑問も受けていないのですが、リンゴいくつとか言っていて、数学というより算数レベル。もしかして、そういうレベルの馬鹿学校か? とも考えますが、日常シーンの会話は普通。

そして、その数学?教師が定規で生徒の腕やら首やら、バッサバッサと切断しまくるんですが、何故か2刀流。どういう状況で直定規を2本同時に使う授業があるのかと。まあ、鉄定規なら腕やら首やら斬れるかもしれないので、そこは置いておきます。

で、様子がおかしい生徒や教師に出くわしたアキとさやか。アキは女子高生とは思えない戦闘能力を発揮、ジャグラー数学教師を撃破。ただ、その際、明らかにさやかのせいとしか思えない理由で怪我を負います。

このさやか、競泳部員なんですが、どうやら仲間の競泳部員たちも何故か感染してないらしいことが判明。アキは何故か原因がプールの水であると断言。何故そこで断定? という気もしますが、あえてそこもスルーしときます。途中、保健室で競泳部員の一人が発症していて、その娘がプールに入ってなかったからという理由で自分に言い聞かせましょう。

数学教師と遭遇した際、正気の競泳部員に会っていて、競泳部員たちと合流してと言っていたはずなんですが、理科室か家庭科室かわかりませんが、脈絡もなく告白。アキは子供の頃誘拐され、暗殺者にされたこと。また、自分には生き別れた妹がいるはずということを告白する。そして、アキとさやかは胸にあざと首筋にほくろという共通点があることに気付く。そのまま、何故かレズシーンへ。

そこで襲い掛かってきた発症した生徒にプールの水をかけると、一瞬で回復。体内の予防接種で発症したという割にはかけると戻るって、プールの水の方が劇薬な気がします。

そこへ色情狂な女英語教師がやってきて、回復した生徒を殺害。水をかけるも回復せず。どうやら教師たちは特別な予防接種らしく、快楽殺人者になってるご様子。ただ、学校ぐるみにしては、省きましたが、セクハラ競泳部顧問や、トイレでやられるおっさん教師は何も知らなかったようなので、よくわかりません。まあ、ただご都合主義的バカタイムなので、難なく捕縛。

真相としては脱走したアキへのおしおきとして、アキのいる学校にウイルスをばらまいたことがわかる。ちなみに脱走の理由は、どっから拾ってきたのかわからないギャル雑誌を見て、女子高生の生活に憧れて。

結局、競泳部の部室にたてこもっていた部員たちも、ひとりで頑張っているアキを助けようと女子競泳反乱軍を結成。これがあたしたちの戦闘服よと全員水着に。いや、お前ら全員、水着下に着て授業してたのかと。そして、ポーズとって全員でこっち見んな。

反乱軍を結成した競泳部員と、気持ち悪いマッチョの男性教師が扉を開けると、捕縛した英語教師が。正気に戻ったのかと近寄った部長、首を斬られ死亡。そして、次々倒され、反乱軍壊滅。結成後、数分の解散でした。

まあ、なんだかんだでアキと黒幕が対峙。途中で説明があるんですが、笛を吹くと、アキは欲情するように仕込まれています。当然、黒幕が笛を吹くも、効かず。なんと防御策に耳栓をしていたのだ。って、あれ、会話してたよね? 読唇術? 黒幕、ウイルスを自分に注射して対抗するも、当然倒されます。

で、この後、予想通りの展開と、衝撃の展開が続いた上、最後の必殺技は、楽天ではアップ出来ないというか、書くと女性が2度と訪問してくれなくなりそうなくの一忍法帳以上の必殺技でした。まあ、ぶっちゃけ、今回の感想自体、修正しながらじゃないと、アップが完了しないという予測つきなわけですが。

その上、最後にある状況の説明として、神経毒の入った瓶がアップになるんですが、その注意書きに呆然。いや、毒に注意書きって……。しかも使用法とか書いてないのに、そんな優しげな注意かい!

他にもツッコミとして、学校の人数の少なさや、なぜ外に逃げないのかとか色々あるんですが、今回、この作品で一番驚いたのがつながり無視。

真のラストバトルの最中、回想シーンを挟んで、夜がいきなり昼間に変わります。何時間そのポーズだったのかと。つながりを無視した映画って初めて観ました。

で、ここまで頑張って読んでいただいた方には恐縮ですが、この作品、ぶっちゃけてしまうと、本来はエロシーンのあるホラーではなく、ストーリーっぽいもの仕立てのAVに入れるべきものではないかと思います。

オススメ度(10段階)……★
(技術の無駄使いなAVとしか思えないため、勧められない。逆にエロシーンを欧米のホラー程度の尺にして、ちゃんと撮ればもう少し高い評価)


北島康介の水が怖くなくなる魔法の本
↑この作品の娘たちは大会に固執してるので、これでも読むといい

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

【アンダーワールド ラスト・セクト】

シドニーはとある出会い系サイトの取材の最中、相棒のカメラマンにマニアの間で噂が広がる『ヴァンパイア・ウェブ』を見せられる。

そこで流れる映像は、殺人ショーの果てに犠牲者の血を飲む、過激なものであった。

同じ頃、伝説のヴァンパイアハンターの末裔ヴァン・ヘルシング教授もそのサイトに目をつけていた。

『ヴァンパイア・ウェブ』の画像は作り物ではなく、本物のヴァンパイアが運営しており、獲物を狩りながら、種族再生の時を待っていたのである。

『最後の種族』とヴァンパイアハンターたちの戦いが、密かに始まろうとしていた……。

いや、もう言いたいことが山ほどあるわけですが、根本的にジャケット表紙が嘘。

こんなキャラクターの人いません。パッと見がフリークスホラーの【UNDER GROUND】のシリーズに見えますが、一切関係ありません。

あんな感じのホラーアクションですらなく、女性記者が出会い系サイトの取材に行ったら、ヴァンパイアたちに何故か付きまとわれるようになった話と、ヴァンパイアVSヴァンパイアハンターの戦いがたまたま同じ時期になりました的なもの。

また、各映画情報サイトではデヴィッド・キャラダイン(【キル・ビル】のビル)演じるヘルシングが主役になってますが、観た感じはシドニーが主役です。

大体にして、ヘルシングが主役だとしたら、表紙にいないんですが。

というか、先にレーベルを見ておけば良かった。

アルバトロスでした(苦笑)。

思わず納得。あそこのレーベルは似ても似つかぬ作品をタイトルやらパッケージデザインやら真似る恐ろしい手腕を持っているわけで。

逆に言えば、そこまでパクる技術と経験があるんですけどね。ちなみに【JIGSAW】(【SAW】ではない)とかもこの会社。

まあ、【アメリ】をヒットさせたのもこの会社なわけですが、そもそもその【アメリ】自体某バイヤーの人が人肉食いの少女の話だと思って買い付けていて、そのせいで他の会社がイロモノだと思って敬遠してしまっただけという不思議な伝説もあったりします。

本当に人肉食いの少女だったら、あんなヒットはなかったでしょうね。

というか、アルバトロス自体いま残っていたかどうか(苦笑)。

ただ、この作品に関しては、アクションもまともになく、ドラマ性もグダグダなので、吸血鬼好きでもそうそう琴線に触れないと思われます。

オススメ度(10段階)……★★
(厳しいと言われるかもしれないけど、とても勧められない。ただ、タイトルとパッケージが違っていたらと考えると1ではないかとこの評価)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


UNDERWORLD ラスト・セクト [DVD]

【ゲーム】

騙されたぁ~~~~~~~~~~~!
ととにかく叫びたい方向で。【SAW】のジグソウ役を演じているトビン・ベルがパッケージの表紙(明らかに【SAW4】を意識している)になっています『が』主役でも何でもありません。ネットショップとかでも主役トビン・ベルになってます。

【SAW5】まで契約しているような噂を聞いていたので、てっきりこの作品が実は【SAW5】として撮られてて、やっぱり止めて別の名前でリリースしたのかと思ってレンタル。

それだけ理解して借りたにも関わらず、冒頭の台詞を叫びたいです。

パッケージの裏のあらすじだと、

かつて謎の死体がいくつも発見されたと噂される古びた屋敷に、大学生のゼインとその仲間達と訪れる。その屋敷は異常なほど静まりかえっており、正体の掴めない不気味な男の影が潜んでいる。不審に思いながらも扉を開けるが、開けたら最後。いつしかこの屋敷から出られなくなってしまった。何も理解できないまま恐怖に怯える彼らに、「死のゲーム」が始まるのだった…。 (引用元:amazon)

……近い感じで訂正すると、

ゼインはSっ気のあるわがままな従姉妹とその彼氏、オタクっぽい友人、従姉妹のサークルに入会希望の女の子二人とともに、荒野にある屋敷にバカンスに向かった。

祖父の隠された財産を狙っているゼインは、屋敷を管理している叔父(トビン・ベル)の異常な言動を警戒しつつも、得体のしれない気配を感じていた。

ゼインと友人たちは、一人、また一人と斧で惨殺されていく。犯人は誰なのか?

こんな感じ。トラップゲーム仕立てでもなければ、基本的に不意打ちなので、何かをすれば助かるということもありません。ソリッドシチュエーション的な売込みをしていますが、どちらか言えば、殺人鬼ものに近いです。

エロ有り、刃物による惨殺シーン有り、チープなメイク有りとB級、C級ホラーとしては充分観れる作品なんですが、やはりパッケージデザインと、裏の説明文が実際と違い過ぎるため、自分の中の評価は低いです。まあ、内容的にもよくあるアメリカン・バカティーンズホラーなのと、殺される理由を考えると、無駄死にな人たちが多過ぎるので元々高い評価は出来ないですが。

オススメ度(10段階)……★★
(いくらなんでもこれは『騙し』だと思う)


GAME[ゲーム]
↑だってこれですよ。主役でもないのに


ソウ4 DTSエディション
↑ソウ4はこれ

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

【ダンテ01】

http://www.dmm.com/rental/ppr/-/detail/=/cid=n_1067mpf10041r/

【デリカテッセン】のマルク・キャロが撮った作品なので、やっぱりよくわからない仕上がりです。ナイト・シャマランとマルク・キャロは、本当に万人受けしませんね。

そんな哲学的といわれる作品のあらすじ。

近未来、宇宙に企業がステーションを建設出来るようになった時代。ある企業が精神医学の研究をするために囚人を収容しているステーション『ダンテ01』に、心理学者のエリザと新しい囚人が送られてきた。

聖ジョルジュと名づけられた新入りの囚人は、自分の名前もわからない様子で常にぼんやりとしている。見えているものが常人と違い、それが原因のようであった。

一方、彼と同じシャトルでやってきたエリザは、新しい『治療法』を試すため、囚人のひとりに薬品を注射する。その囚人は拒絶反応を示し、のたうちまわったが、新入りの不思議な能力により、事なきを得た。

そんなある日、囚人のひとりが致命傷を負ったにもかかわらず、傷もなく回復するということが起こる。

ステーション内の人間の思惑が錯綜していく中、事態は加速度的に変化していく。

聖ジョルジュの正体とは……。

……SFというよりはプリズンもの? というか、地上のプリズンものでも良かったんじゃないかという印象。『治療法』を考えると、SFにした方が納得しやすいというだけで。

あと、欧米の人たちは何故か未来人をハゲにしたがる傾向がると思うんですが、この作品もやっぱりハゲ。なので、ちょっと見分けにくいという人もいるかもしれません。背格好同じだと、前後をちゃんと見ておかないと誰と誰が? ということに。

この感想書くのに、頑張って3回くらい観直したりしましたが、『治療法』と『特殊能力』の表現方法がマンガチックで、人によっては珍しいと思うかもというくらい。他に際立ったことがありません。

やっぱり、SF好きよりは、プリズンものが好きな人向けじゃないかと思います。

オススメ度(10段階)……★★
(芸術家肌とかサブカル好きは褒めるかもしれませんが、大衆作品ではないですね)


↑予告編

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります