【封印映像28 幽霊アプリ】

『エレベーター』

エレベーター内に設置された監視カメラの映像。

何かから逃げるようにひどく脅えた様子で女性が乗り込んでくるが、映像は不可解な現象を映していた!

公式より。

何かに怯えた女性が目に見えない何かに襲われる展開。

ただ、もう内容よりも

スタッフの山口のクズっぷり&無能振りに感じる不快感

しか残りません。

元々職務放棄して逃げたり、無能振りを発揮してましたが、今回にいたっては先輩の田中に交渉に行かせ、自分は駐禁とられないようにと車に残ります。

その上、何かあったらすぐ行くと言いながら、余裕で寝てるし。交渉に失敗して戻ってきた田中がそれを見つけると、寝てないと言い張ったり。

現象が何も解明されないだけに、本当に不快感だけ。

【ほんとにあった!呪いのビデオ】シリーズに戻った岩澤宏樹みたいに監督を目指しているんだとして、このクズっぷりが設定でなかったら誰もついてこなそう。

『千九山』

男性2人で山道を歩く映像。間もなく日も落ちる為、下山を決めた2人の前に衝撃的な物が映り込む!

公式より。

UMAものになるのか、幽霊ものになるのか微妙なところ。

暗くなってきた山道を下りようとしている二人組の頭上で鳥のはばたきのようなものが聞こえて、見るとそこには……という話。

特にそれ以上の何かはありません。

後日調査で会った地元の住人が話を聞かれてキレる流れと思ったら、そんなこともなかったし。

『死身』

親子で家族旅行の際に撮影した微笑ましい光景。

道中、子供を車に残して父親が飲み物を買いに行って戻ると子供の姿がなくなっていた。

更にカメラは不可解なモノを映す。

公式より。

投稿者の兄が息子とドライブをしていて、飲み物を買ってくると息子の姿がない。

周囲を探すとトンネルに息子の靴があり、壁に人型の黒いしみが。

その後、投稿者の兄が吹き飛ばされ、映像は終わり。

後日、息子の方はみつかったものの、投稿者の兄は行方不明になってしまいます。

息子の方は壁にしみを見つけると、そこを見つめるようになったということ。

むしろ、こっちの方がシャドーピープルって感じのネタでした。

『幽霊アプリ』

友達の家に遊びに行った時に撮った映像。幽霊を探知するアプリを起動するが、ある場所に強く反応する!

公式より。

撮影者と友人が、友人の部屋で幽霊アプリで遊んでいると、ある場所で強く反応する。

はじめは喜んでいたふたりでしたが、友人の後ろに黒い人影を見て、カメラを置いて部屋から出ていってしまう。

友人も怖くなり、その部屋では寝ていないということだった。

そこで霊能者ジョンが登場することになるんですが、あの部屋が霊道になっていて、ふたりの楽しげな様子に姿を現しただけらしい。

特に問題ないのでほったらかしというオチ。

しかも、ジョンに部屋まで同行してくれるように頼むと、用事があると帰ってしまう。

ジョンって待ち合わせにちゃんと来ないわ、すぐ帰るわで責任感のないアルバイトみたいですね。

よく考えたら、この巻ってちゃんと解明してる話がない上、田中以外のスタッフのダメっぷりがクローズアップされただけじゃ?

オススメ度(10段階)……★★★★★
(設定だとしたら、スタッフにヘイトを溜めてもいいことない気がするんだけどなあ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像28 幽霊アプリ [DVD]

【新クライモリ デッド・フィーバー】

女子大生のルーシーは2週間前に知り合ったトムが運転をする車に乗り、森に佇むホテルを目指していた。

だが、森のあちこちに看板があるが、その通りに進んでも同じ道に戻ってしまう。

車を走らせ続けると、突然何者かが飛び出してきたため、トムはブレーキをかける間もなく轢いてしまった。

瀕死の男はこの森には“奴ら”がいると繰り返すが……。

公式より。

【クライモリ】シリーズがリリースされてると思い、視聴。

始まってしばらくして、いつも序盤にある奴らによる惨殺シーンがないなあと思いつつ、新シリーズで仕切り直しかと思ってました。

結果、なんのことはない

【クライモリ(Wrong Turn)】シリーズではありません

でした。当然、奴らはでてきませんし、内容的にもスラッシャーでも、ゴアでもありません。

【クライモリ 禁漁区】や、【バタフライエフェクト イン クライモリ】はわかりやすかったですが、これはわかりませんでした。

いつもの食人クリーチャー一家が出てくるようなスラッシャームービーではなく、どちらかと言えばヒッチャー系。ちなみにジャケットのデブもいません。

フェスのために森の中にあるホテルに向かうふたりの若者たちが、道に迷った末、乗せた男マックスがイカレていたというストーリー。

とにかくほぼ全編車で道に迷ってるシーンで、登場人物も実質3人という低予算丸出しな作品。

トムの言動があまりにも不審なのと、どう考えても超常現象でしかありえないことが起こるので、はじめから【クライモリ】シリーズではないと思って見たら、それなりに面白いでしょう。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(ヒッチャー系としてならそれなりだけど、便乗タイトルは良くない)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


新クライモリ デッド・フィーバー [DVD]

【スーサイド・スクワッド】

世界崩壊の危機が到来。

政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。

命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。

シネマトゥデイより。

アメコミのDCコミックの悪役(ヴィラン)たちを主役に据えた映画。

すごく単純に書くと、毒をもって毒を制すで、メタヒューマン対策に犯罪者を使えばいいというバカ理論で作られた特殊部隊。

それを考案した政府の高官が魔女の女神の制御に失敗。

人質になっちゃったから助けに来いという見事なまでのマッチポンプ展開。

ぶっちゃけた話、見せ場と見せ場をつなぐためにストーリーがあるようなものなので、ストーリー主体な作品が好きな人には超駄作。

逆にヴィランたちのアクションシーンが見られればいい人にはおすすめな作品。

海外ではかなり否定的な意見が多かったようですが、この辺り、日本のマンガ原作の実写映画に対する反応に近いような気がします。

あと、日本だと戦隊ものとか、魔法少女もので小さい頃に触れているので受け入れやすいというのがあるのかも。

子供の頃にそういう作品に触れてこなかった大人が見たら、陳腐に見えるのかもしれません。

また、この作品に登場するハーレイ・クイーンというキャラは、本当に良いキャラをしています。

【バットマン】に出てくるヴィランのジョーカーの恋人で、元々穏やかな女医だったのが、完全にサイコパスです。

20代半ばから後半くらいだと思うんですが、ツインテールに派手なTシャツ、木製バットというイカレた恰好なのに、すごくかわいい。

公開前、着替えるシーンがエロティックだと騒がれてましたが、実はこのハーレイ・クイーンを演じたマーゴット・ロビー、別の作品で脱いでます。

【ウルフ・オブ・ウォ-ルストリート】でおしげもなく、オッパイをさらけ出してるんですよね。

さすがに本作ではさらけ出してないですが、それでも主役のはずのデッドショットや、フラッグ大佐よりも存在感を示しています。

というより、見終わってよく考えると、ヴィラによるアクション映画ではなく、フラッグ大佐の恋人を救う話でもなく、

ハーレイ・クイーンとジョーカーのラブストーリー

だった気がします。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(すべてはハーレイ・クイーンにつきます)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


スーサイド・スクワッド エクステンデッド・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

【CUB/カブ 戦慄のサマーキャンプ】

今回、あらすじがネタバレになっているので、ネタバレが嫌な人はそっと閉じるか、結構下までスクロールしてください。

サム(マウリス・ルイテン)は、「カブスカウト」のチームに所属している少年。

彼は、チームに所属するメンバーたちからいじめを受けており、また、引率役の大人、ピーター(ステフ・アーツ)からも嫌われていた。

一方、ピーターと同じくチームを率いるクリスやジャスミン(エヴェリン・ボスマンス)はサムを守ろうとするも、なかなか上手くいかない。

ある日、彼らは森にキャンプに行くことに。そこは、「カイ」と呼ばれる、人々を襲う悪の子供が住んでいると言われている森だったが、ピーターたちは意にも介していない様子。

そんな中、サムは、謎の仮面を被った少年に森の中でばったり出会う。

この少年こそまさしくカイだと信じるサムはメンバーに伝えるも、誰も信じずにバカにされてしまう。

しかし、実は、その少年こそカイであり、彼は、森中にさまざまな死のトラップを仕掛けては人々を殺し、その死体を保管している謎の殺人鬼の男の手下であった。

そんなカイと次第に奇妙な仲を築き始めるサム。

そんな中、ある事件が起きる。

ある夜、ピーターとジャスミンが森の中でイチャついているのを目撃してしまったサムは、その場にいたピーターの愛犬ゾルタンに手を噛まれて怪我をしてしまう。

同じくそれを木の上から見ていたカイ。

その後テントの中で寝ていたサムだが、突如、カイが現れ彼が行く方向についていってみると、そこには袋の中に縛り上げられたゾルタンが。

そして、カイに勧められるがままに、サムはゾルタンを棍棒で殴り殺しにしてしまう。

そこに駆けつけたピーターたちに何があったか問い詰められるサムだが、彼らを振り切って森の中へと消えてしまう。

彼を探そうとクリスたちは捜索を始めるが、ついに殺人鬼の手が彼らに忍び寄り始める。闇

深い森の中で、一人、また一人と消えていくチームのメンバーたち。

一方、サムは、その殺人鬼が殺した人々の死体を保管している地下への道を発見し、そこでカイと再会するが…。

果たして、カイの正体とは!?この死の森から生き延びられるのは一体誰なのか!?

GEOより。

ボーイスカウトが殺人鬼の噂があるキャンプ場に行ったら、嘘のはずの殺人鬼が本当にいて、キャンプ場にいる人間が殺されていくというストーリー。

こういう作品の主人公が子供の場合、いじめられっ子だったり、不幸な境遇で、同情を誘うのが一般的。

ですが、この作品の場合、いじめられっ子というか、嫌われ者ではあるんですが、トラブルメイカーで、みんなに迷惑をかけるタイプ。

ひとりだけ仲の良い親友がいるようなんですけどね。

キャンプ場に着いてみれば、不良がたったふたりで占拠していて、呼んでみた警察のおっさんも役に立ちそうもない。

普段から人が来ないという状況なんですが、無駄に手の込んだ罠が設置されていて、ひとりひとり死んでいくという流れ。

そういう映画なので気にしたら負けなんですが、スイッチに触れたら即作動ではなく、

ピタゴラスイッチ的な回りくどい殺害方法。

映画だから面白さというか、目新しさを追求した結果、殺す目的が意味不明にしか思えません。

殺されるのがひとりひとりと書いていますが、途中から凄まじく雑になったりもするし。

とはいえ、カイは実在するのか、それともサムの妄想なのかという展開や、前述の意味不明なトラップは面白いので見どころ。

嫌いあってた同士がみんなで力を合わせて対抗するような展開も一切なく、ひたすら訳がわからないまま殺されていくだけなので、ストーリーを求める人にはつまらないと思います。

ゴアシーンもほとんどないし、怖くもないのでおすすめしづらいけど、えげつない残酷さを感じるため、駄作というのはもったいないという評価の難しい映画でした。

オススメ度(10段階)……★★★★
(ケーブルテレビとか動画配信で無料で観る分には全然アリな作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ

【ゴースト・ハウス2】

米ノース・ダコタ州のしがない農家、ジョン・ロリンズのとうもろこし畑は、度重なる干ばつやカラスの被害で不作続き。

借金は膨らむ一方で、一家は窮地に立たされていた。ある日、引っ越してきた隣人の薦めで、納屋に眠っていたスケアクロウを畑に立てたジョン。

好方に向かうかに見えた彼の運気だったが、一方で周囲の人間が次々と謎の死を遂げる。

その嫌疑が自分に掛かる中、次第にジョンはスケアクロウの呪いが原因ではないかと信じ始める…。

公式より。

ゾンビドラマの【ウォーキング・デッド】の人気登場人物ダリルを演じているノーマン・リーダス主演、サム・ライミ製作総指揮のホラー。

タイトルは【ゴースト・ハウス2】となっていますが、

屋敷系ホラーではなく、殺人案山子もの

です。

そして、前作【ゴースト・ハウス】のビギニングものという予告になっていますが、なんとなくかすってる程度。

ストーリーが変わっているので気づいていない人たちも多いようですが、本作の主人公は前作の元凶ジョン。

家族もちゃんと、メアリー、リンジー、マイケルになっています。

家族構成とエピソードだけ使ったifストーリーのような展開ですが、【ゴースト・ハウス】を観ていれば、この一家がどうなるかわかります。

そんなわけで一応のビギニングものなんですが、前作より過去の話なので、屋敷に幽霊は出てこず、出てくるのは案山子。

カラスのせいで作物が育たず、仕入れ先の店にもツケを断られたジョン。

納屋で見つけた案山子を立てたら、カラスは大量死、作物が1日で育つという超常的な状況に。

それでもメアリーは喜び、ジョンも不審がりながらも受け入れちゃいます。

これでうまくいくかと思ったら、ジョンに不都合な人たちが死に、その持ち物をジョンが畑で拾っていたことで疑われたり、浮気を疑われたり、アルコール中毒のカウンセリングの予約を忘れて夫婦の危機になったりします。

隣人は隣人で不審な上に、隣人の奥さんはすぐオッパイ出したり、ビッチ化するので隣人づきあいが面倒臭そう。

前作は忍び寄る狂気的な展開でしたが、今回はエロ有の典型的なB級物理的恐怖といった内容なので、ホラー全般が好きでないと、両方は楽しめないかも。

未消化の部分もあり、本作のラストから前作の状況につながることに納得いかない人もいるでしょうし。

同じ案山子モンスターものと考えたら、【案山子男】の方がオススメしやすい。

全般的に、なんかどこかで見たものの劣化版という印象はぬぐえませんでした。

オススメ度(10段階)……★★★★
(B級ホラー好きと、ノーマン好きにはオススメできるかな)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゴースト・ハウス 2 [DVD]