【累 -かさね-】


累‐かさね‐ 通常版 DVD

伝説の女優の娘・淵累は卓越した演技力を持ちながら、自分の醜い外見にコンプレックスを抱いて生きてきた。

彼女の母親は、キスした相手と顔を取り替えることが可能な謎めいた口紅を娘にのこす。

一方、舞台女優の丹沢ニナは、容姿に恵まれながら芽が出ずにいた。

やがて二人は出会い反発し合いながらも、互いの短所を補うために口紅の力を使うことにする。

シネマトゥデイより。

松浦だるまの同名コミックを実写映画化した作品。

伝説の女優の娘でありながら、醜い容姿へのコンプレックスから深い演技力を秘めている累(かさね)。

それとは対照的に、美しい容姿を持ちながら、演技力皆無の丹沢ニナ。

ある目的のため、羽生田に引き合わされるふたり。

累は女優であった母親から特殊な口べきを贈られており、その口紅をしてキスをすることで、相手と顔を交換出来るというものだった。

ニナの顔で鬼気迫る演技をする累。

ふたりでひとりの丹沢ニナを演じることになるという展開。

口からこめかみへの醜い傷痕がなくなり、美しい顔を得た累は演技にのめり込んでいく。

しかし、その効力は12時間で切れてしまうため、それまでにリセットしなければならないという制約が。

ニナは名前と顔が売れていく反面、それは自分のものではなく、累に存在を奪われていくように感じ始める。

それは憧れていたひとりの男性演出家との出来事で爆発するのだが、ニナは隠していた病に倒れてしまうのだった。

伝説の女優だった母親同様、

演技に対する狂気的な執着

を見せていく累。

正直、見ていて感じるのが【ルームメイト】みたいという印象。

パクリとか、真似をしているという意味ではなく、恐怖の質として一緒という感じ。

特に周囲がだんだん累をニナ、ニナを累だと疑うことがないため、存在を奪われていく流れは、あっさりと描かれているものの、本当に怖いと思います。

ちょっと変わっているなと思ったのが、キスをして入れ代わるのが、あくまで顔だけであり、精神が入れ代わるわけじゃないという部分。

漫画としては面白いと思いますが、実写だと使いづらい表現があるので、ちょっともったいない気がします。

それぞれの思惑や、伝説の女優の秘密を絡めた狂気を描いた作品として、結構面白かったですね。

土屋太鳳の演技力は評価が二極化していますが、個人的には存在感は強かったと思います。

ちなみに原作とはクライマックスの流れが変わっていて、原作組の人たちは疑問に思うかもしれません。

ストーリーも映画では構成が変わっている為、展開がまるで違いますが、話が続いていて、14巻で衝撃の結末を迎えますので、気になる方はどうぞ。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(色々と説明不足だし、疑問も残りますが、映画単品で観たら充分に面白いと思います。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


累‐かさね‐ 通常版 DVD

【封印映像39 都市伝説 赤シャツの男】


封印映像39 都市伝説 赤シャツの男 [DVD]

『アナログテレビ』

とある心霊スポットに肝試しに行った時に撮影した映像。

廃墟を訪れた投稿者たちを襲う異界のモノの姿とは!

公式より。

レンタカーの時間が余ったので、心霊スポットを訪れた若者ふたり。

施設を探索していると、アナログのブラウン管テレビを見つけます。

廃墟なので電気が通じてるはずがないのに、スイッチをいじっていると画面が点灯。

音量が大きかったのと、点くはずのない画面が点いたことに気味悪くなるふたりですが、スイッチを入れた男性がチャンネルをいじり続けます。

もうひとりの男性は気味が悪いため、早く出ようと言いますが、いじっている間に何故か映像が映ります。

どこかの部屋で女性が鎖につながれ、四つん這いで歩いている様子、

わけがわからず映像を眺めるふたりでしたが、映像の女性が何か叫びながら走ってきたため、テレビを消します。

すると、どこからか金属の音が聞こえてきて、再びテレビが勝手についたのを引き金にふたりは逃げ出したものの、はぐれてしまう始末。、

その後、ひとりの男性が迷い込んだ部屋が映像の部屋だとわかるという展開。

予想はできるけど、意外と怖かったです。

『浮遊する魂』

クラスメイトの友人男性が撮影した映像。休みの日に集まることになり、

投稿者の部屋にやってきた友人男性は徐々に奇妙な行動を取り始める・・・

公式より。

陰キャな青年が女性に告白しようと、嘘をついて部屋に上がり込みます。

ですが、明らかに様子がおかしいので、女性は終始警戒している状態なので、青年は告白するものの断られます。、

正直言って、ビデオ撮影してるので、レイプしようと思っているのかと思っていたんですが、告白してやりきった感を出しているので、本当に告白が目的だったみたい、

青年を追い出すと、女性は部屋にカメラが残っていることに気づくんですが、その直後に男性の悲鳴が。

タイトルが『浮遊する魂』なので、振られたショック飛び降りた青年の霊が飛んでくるとかなのかと思いましたが、違いました。

女性が青年を探すと、階段の踊り場で仰向けに倒れています。

ふざけているのかと思い、近づいていくと……という展開。

まあ、よくある感じなので、なるほどとは思いますが、怖くはないと思います。

それよりも、一命をとりとめた青年が、その後2回振られているのに、

4回目の告白を予定していることの方が恐怖

でした。

やりとりの部分が長過ぎる。

『うらない』

ルームシェアをしている友人を撮影した映像。

深夜に部屋で奇妙な行動を取る友人は謎の占い師の影響か、それとも・・・

公式より。

ルームシェアをしている友人が占い師にはまり、様子がおかしくなっていくという投稿者。

木材で謎のものを作っているし、何か念みたいなものを込めている様子。

投稿者は意を決して、占い師の元へ。

30分待ちということで、アンケートに偽名や適当なことを書いたりしていると、助手らしき女性が遠くから見ているんですが、動きがおかしい。

異動するのに、歩くのではなく、横にスライドしていたような気がします。

ちなみに友人の部屋に落ちていたような木くずがやっぱり落ちていました。

いざ、占いを受けると、アンケートに書いたことをなぞったり、誰にでも当てはまりそうなふんわりとしたことばかり。

普通にホット・リーディングの手法と一緒。

投稿者がそれを指摘すると、あからさまに態度が悪くなり、それでも批判していると、謎の儀式を始めだすという展開。

これはちょっと秋田への風評被害な気がします。

『都市伝説 赤シャツの男』

ふたつの投稿映像に映り込む謎の赤シャツの男。

取材班が辿り着いた驚愕の真実とは!

公式より。

タイトル話ですが、一番よくわからなかった動画。

投稿者が子供の頃の動画なんですが、親とボール遊びをしているんですが、ちょくちょく電子音というか、ゲームみたいな音声が入ります。

近くにいる赤シャツの男性が映ると酷くなるんですが、その男性が誰なのか、全然わかりません。

投稿者はハイタッチみたいなことをしているし、父親も挨拶しています。

もっとも、謎の人物ではあるのですが、公園なので、知らない人が近づいてきただけで、機械もたまたまかもしれません。

ただ、封印映像スタッフは、以前にお蔵入りになった動画に似たようなものがあったのを思い出し、確認をすると同じ人物に見えます。

その動画は3人の男性が飲んでいる後方に赤シャツの男性がひとりで座っているというもの。

そちらの動画の投稿者によると、動画で苦しみだした男性は入院してしまい、もうひとりの男性も身内に不幸があって、田舎に戻ってしまったらしい。

さらに調べていくと、時代が違うのに同一人物らしい赤シャツの男が映ってる映像や写真があることがわかるという展開。

いろんな時代にいるからタイムトラベラーかとも言ってたけど、田中さんのインタビューシーンにも異変はあるので、違うんでしょうね。

ただ、都市伝説で『赤シャツの男』なんて、この動画まで聞いたことなくって、自分が知っているのは『赤シャルの女』でまったく別の話。

こんな都市伝説あるんですかね。

複数の人間の夢に出てきた謎の男という都市伝説『This man』のネタも絡めていたので、もしかしたら、そちらで都市伝説としたのかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(怖いと思ったのは『アナログテレビ』だけでしたが、バラエティに富んでいるので、試行錯誤してるのかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像39 都市伝説 赤シャツの男 [DVD]

【封印映像38 心霊スポット案内人】


封印映像38 心霊スポット案内人 [DVD]

『トレーニングの代償』

トレーニングジムで起こった不可解な現象を調査するが…

公式より。

3人でトレーニングをしている会社の同僚の男女。

組み合わせは男性、きつい感じの女性、ちょっとあざとい感じの女性の組み合わせ。

ベンチプレスを上げられないのをバカにしたり、スパーリングで一方的に殴ったりするきつめの女性の言動に、更衣室に去っていくあざとい感じの女性。

文句を言いながら、バーベル上げをしようとしていた女性が失敗して顔面にくらい、目に大けがを負うんですが、バーベル上げを邪魔している黒い影が映っていました。

スタッフの玉置ちゃんが調査に行くと、男性とあざとい感じの女性が黒い何かに念を送るような行動をとったあと、怪我をした女性の背後に黒い人影が現われるように。

その後、更衣室を探し回ると、黒い人形を発見。

人形は女性と同じ目を抉られていました。

動画ではあざとい方の女性の怨念がみたいなことを言っていましたが、どう考えても男性も共謀にしか見えません。

この場合、霊が怖いというより、ヒトコワ系かなと思います。

『心霊スポット案内人』

怪しい投稿者に心霊スポットへ案内される封印映像若手スタッフ。

そして玉置が追いつめられていく!

公式より。

投稿動画系としては珍しいというか、見たことないパターンかもしれない動画。

壊れた地蔵がある心霊スポットに案内するという投稿者。

玉置ちゃんとスタッフが同行することになるんですが、出だしから怪しい。

遠藤要とか、新井浩文っぽい雰囲気の男性なんですが、スタッフの車を自分が運転すると言い出したり、突然トイレ休憩と言い出したりします。

トイレに行ったっきり戻ってこないため、玉置ちゃんが探しに行くと、トイレで鮮血吐いたりとか。

狐を引いてドン引きしてる玉置ちゃんとスタッフを気にすることなく、再度出発する案内人。

真っ暗な中、山に登っていくんですが、突然案内人の姿が消え、取り残されるふたり。

カメラの映像にもノイズが入り始め、あるものを見つけて、必死に逃げる玉置ちゃん。

スタッフに何か暴言を叫びながらもなんとか車へたどり着きます。。

結局、案内人は何がしたかったのか謎のまま、終了。

展開としては面白かったけど、よくわからない動画でした。

『隣人トラブル』

生後まもない赤ちゃんの異変を捉えた映像。

投稿者の隣人の男を追っていくと衝撃的な事実が!

公式より。

幸せそうな家族の赤ちゃんが寝ている映像ですが、よく見ると宙に浮いていて、ちょっとすると布団に戻ります。

自分には浮いてるように見えるんですが、全然触れられないってことは、エビ反りしてるだけなんですかね?

泣き出す赤ちゃんに近づいた父親が天井を見ると、顔のようなものが。

玉置ちゃんが取材に行くと、何故か取材拒否。

夜に帰宅した父親を捕まえると、映像の赤ちゃんが死んで、まいってしまったとのこと。

色々と調べた結果、隣人トラブルというか、一方的に嫌がらせをしてくる隣人が原因な様子。

管理会社に伝えても、言う事聞いてくれないとか間の抜けたことを言っています。

結局、序盤の映像以外に投稿者が撮っていた映像を管理会社に見せたことで、隣人が退去するというよくわからないオチ。

元々住んでいる家の隣に頭のおかしい人間が来たら、本当にどうしようもないですよね。

ここまで3話とも得体のしれないものを介してるとはいえ、ヒトコワ系な気がします。

『ピアノ発表会』

ピアノ発表のコンサート会場で母が娘を記録した映像。

そこには衝撃的な霊象が記録されていた…

公式より。

ピアノの発表会の会場に早く着いてしまった母娘。

娘と言っても、子供ではなく、割と大人な年齢ですが。

ステージにあったピアノを弾いてみると、鈍い感じの音がします。

普通に考えたら、調律出来てないと思うんですが、変な音がすると思ってるくらいで、あんまり気にしていません。

いや、そのピアノ、発表会で弾くんでしょ? と思うんですけどね。

すると、発表会のスタッフらしき男性がやってきて、照明等の調整があるので、リハーサルまで控室に行くように指示されます。

控室についても、記念だからと撮影しているため、娘に軽く呆れられている様子。

しばらくして、ピアノの音がしたため、気になった娘が観に行こうと扉を開けると大きな音がします。

そちらを見ると、半透明の人影みたいなものの頭部が破裂し、血しぶきみたいなものが飛び散ってました。

驚いた母親たちがステージを見に行きますが、誰もピアノを弾いておらず、スタッフも音なんか聞いていなかったとのこと。

封印映像のスタッフというか、玉置ちゃんが取材を進めると、そのピアノにはいわくがあるのが判明するという展開。

目の前で破裂とか、迫ってきてとかではないので、何かあったなと思う程度で怖くないです。

全編通して、玉置ちゃん祭なので、どうやら次世代育成チームの作品なんでしょうね。

いつもと雰囲気が違ったし。

映像的にはそんなに怖い感じではないですが、

切り口が違う分、新鮮

ではあったかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(玉置ちゃんはかわいいけど、性格がちょっと。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像38 心霊スポット案内人 [DVD]

【封印映像37 廃工場に蠢く】


封印映像37 廃工場に蠢く [DVD]

見てから時間が経ちすぎて、見直し投稿。

『脱皮』

中学同窓会帰りの記録映像。飲み直そうと友人と家に帰る途中、つけてきたのは〇〇だった!!

公式より。

同窓会の帰り、撮影しながら帰った3人の男性。

投稿者は別れるんですが、ふたりの男性をつけてくる人影が。

一度は見えなくなったので気のせいかと思ったものの、再び姿を現したので、癇に障った男性が蹴って追い払います。

つけていたのは中学時代にいじめていた木下という男性だった様子。

家についた男性たちが呑んでいると、木下を蹴った男性の携帯から投稿者に無言電話がかかってくるとの連絡が入ります。

否定しようと携帯を探すんですが、落としたらしくありません。

すると、玄関を何かで叩く音が聞こえてきて、深夜に訪れる人などありえないので、木下じゃないかということに。

拾った携帯電話で無言電話をかけているのも木下だと思い、ドアを開けると無理やり入ろうとします。

なんとか無理やりドアを閉めるんですが、予想外の自体が起こります。

あ然としながら落ちていた携帯電話を拾う男性に、変わり果てた姿の木下が襲い掛かり、映像は一旦終了。

ただ、実際には撮影は続いており、不安に思った投稿者が友人宅に着くと、撮影中のカメラが落ちています。

声をかけながら部屋に入っていくと、友人が凄い状況になっていて、もうひとりの友人の姿がなくなっていました。

実際に目の当たりにしたら怖いんでしょうけど、映像で見ると怖さよりも驚きの方が強かったです。

『廃工場に蠢く』

Vシネマのロケハンで訪れた廃工場を撮影した映像。

そこに響く不気味な音を聴いた男女に次々不可解な現象が襲い掛かる!

公式より。

ロケハンで勝手に入った廃工場。

投稿者とアシスタントで一通り見て回って、暗くなってきたし、満足して帰ろうとすると、鉄板が落ちたか、ぶつかったかしたような大きな音が。

音のした方に行ってみても何もないんですが、アシスタントの女性が声がしたと言い出します。

男性には聞こえなかったようですが、嫌がるアシスタントの女性に見に行くように指示。

こういう動画で思うんですが、男性の部下ならともかく、女性に見に行かせるのってなんなんでしょうね。

不安になったのか、戻ってくるように声をあげるんですが、返事なし。

何かあったのかと思ったら普通に戻ってくるんですが、その背後に……。

アシスタントのことなどお構いなしにダッシュで逃げ出す男性ですが、足元に異変が。

サブタイトルの話にしてはつまらない話でした。

ある意味社会問題提起かもしれないですが。

『宝物箱』

親に買ってもらったスマホで同級生Rが隠した宝物箱を探している映像。

見つけた箱に入っていた小さなビニール袋を持ち帰るとある異変が・・・

公式より。

スマホを買ってもらった女の子が、転校していった子が埋めた宝箱の中身を見ようという動画。

連れの女の子は良識派なんですが、メインの女の子がとにかくワガママで、メチャクチャ不快です。

子供だけど、酷い目にあわないかなと思ってしまうくらい。

洗面所で持ち帰ったビニールの中身を開けていると、ある異変が……という展開。

洗面所のシーンとは別に、裏事情を調べた後に怪しいシーンが提示されます。

ただ、もうメインの女の子にイラっとするだけの動画でした。

怖くないし、蛆虫っぽいのが気持ち悪いくらい。

『呪界の記録』

オカルト系の雑誌などで活動しているフリーのライターが関係者から譲り受けた映像。

地元の大学生カップルが肝試し中に闇に消えた一部始終が収められていた!

公式より。

肝試しに行ったカップルが儀式なのか、何かの課題なのかわからないですが、人形を樹に打ち付けたりしています。

その儀式が終わったのか、その辺りで霊が映り込んでるなあと思っていたら、気づいた女性が逃げ出すものの、元の場所に戻るという展開。

男性はツタか何かで縛り倒されたまま、どこかに引きづられていくし、女性も映像に映りながら、どこかへ引っ張られていくだけの映像。

POV系のオムニバスでよくある感じなので、どうしても何処かで見たという印象の方が強かったです。

この動画も、女性がかなり嫌な性格で、この巻は

二人組の片割れが不快で、片方が比較的常識人っていう縛りでもあるのか

と疑っちゃいました。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(見やすい感じはするので良いんですけど、登場人物がややイラっとするので、見てて楽しめるかによると思う。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像37 廃工場に蠢く [DVD]

【セブン・シスターズ】


セブン・シスターズ [Blu-ray]

近未来。人口の増加と飢饉によって深刻な食糧難となり、世界の国々は厳格な一人っ子政策を行っていた。

そんな状況下で、セットマン家の七つ子姉妹(ノオミ・ラパス)は、祖父によって各曜日の名前を付けられ、それぞれ週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで当局の監視の目を逃れてきた。

ある日マンデーが帰宅しなかったことから、姉妹の日常は狂い始める。

シネマトゥデイより。

レンタルショップでジャケットを見た時は、てっきり7人の女スパイが特技を活かして活躍する映画かなと思い込んでました。

実際は、異常気象と人口爆発により食料不足になった世界で、遺伝子技術により食料不足は解消したものの、その副産物として多生児が生まれるという本末転倒な状況に。

結果、新たな人口抑制手段が必要になり、分配局という組織が生まれます。

分配局という名前から、てっきり多く生まれた子供を強制的に子供のいない家庭に振り分けるのかと思ったら、まったく違う方法でした。

それは、ふたり以上の子供が産まれた場合、ひとりを残して後はコールドスリープをして、未来に託すという先送りなシステム。

映画を観ていて違和感を感じるのが、多生児が生まれた段階でわかるはずなのに、何故かある程度の年齢になってからコールドスリープさせてるんですよね。

中国の一人っ子政策で生まれた黒孩子みたいな状況ではあるので、隠れ続けた結果かもしれませんが、赤ん坊の段階が多くなりそうなものですが。

また、作中の分配局は割と厳しく、リストバンドで住民を管理していたり、多生児は見つけ次第拘束して、コールドスリープしていってる様子。

主人公であるセットマン家の7姉妹も、多生児として生まれたものの、ひとりの人間として生活することで分配局の目を逃れています。

姉妹は月曜日から日曜日という名前をつけられていて、それぞれがつけられた名前の曜日だけ家を出て、情報を共有するという方法で生活するんですが、ひとりが行方不明になったことから崩壊していくという展開。

この作品の最大の売りが、ひとりの女優が7人の姉妹を演じていることなんですが、見分けがつくようになのか、

個性を出し過ぎていて、完全に別人。

女優の演技の幅という意味ではすごいと思うんですが、これ周囲は同一人物と思ってんのかというくらい別人。

自分がジャケットで勘違いした通り、得意なことも違うようです。

もっとも、運動能力が得意なひとりを除いて、基本的に特性というほどの能力はないただの人間なんですけどね。

そんな姉妹たちが知らない間に分配局の秘密に関わってしまい、追い詰められていくという展開は意外と面白かったです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(さすがに7人姉妹は多過ぎるかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


セブン・シスターズ [Blu-ray]