【マスカレード・ホテル】


マスカレード・ホテル DVD 通常版

現場に不可解な数字の羅列が残される殺人事件が3件発生する。

警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、数字が次の犯行場所を予告していることを突き止め、ホテル・コルテシア東京で4件目の殺人が起きると断定する。

だが、犯人の手掛かりが一向につかめないことから、新田が同ホテルの従業員を装って潜入捜査を行う。

優秀なフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)の指導を受けながら、宿泊客の素性を暴こうとする新田。

利用客の安全を第一に考える山岸は、新田に不満を募らせ……。

シネマトゥデイより。

東野圭吾の【マスカレード】シリーズの第1作【マスカレード・ホテル】を木村拓哉主演で実写化した作品。

推理マニアの人たちからしたら、使い古されたネタと感じるかもしれませんが、個人的にはここ数年の邦画サスペンスとしては面白いと思う。

確かに1つ1つのトリックは定番と言っていいくらい斬新さはないんですが、その組み合わせや構成がよく出来ています。

暗号によって導き出された連続殺人の4件目の現場と予想されたホテル。

潜入している刑事たちと、ホテルのスタッフたちの元に訪れる様々な宿泊客。

バスローブを盗む男女、盲目の老婦人、ストーカーに追われている女性、何故か新田を目の敵にする男性等様々な怪しい宿泊客たち。

他にも様々な宿泊客たちが登場し、刑事の新田や、新田の教育係となっている山岸を混乱に陥れます。

それぞれの事件や出来事が本筋である連続殺人の解決の糸口になったりするのは、よく出来てるなあと楽しめました。

全体的に難解なストーリーやトリックではないので、推理マニアには物足りないかもしれませんが、

娯楽的な推理映画としてはかなり面白い

です。

ただ、現代ものに関しては、木村拓哉って何をやっても木村拓哉だよなっていうのも強い印象でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
()

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


マスカレード・ホテル DVD 通常版

【インシディアス 最後の鍵】


インシディアス 最後の鍵 ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

超常現象の専門家として活動するエリーズのもとに仕事の依頼がやってきた。

それは、かつて幼少期にエリーズが暮らしていた家に現在住んでいるという男が、引っ越してきてから不可解な現象が続くため、助けてほしいという内容だった。

迷ったあげくに仕事を引き受けたエリーズだが、思わぬ事態に遭遇する…。

公式より。

悪霊と対峙することになるものの、どちらかと言えばハウスホラーな【インシディアス】シリーズの4作目。

前作【インシディアス 序章】はビギニングものとして、過去を描いていましたが、今回は

エリーズのルーツ

を描いています。

結局、【インシディアス】シリーズって、霊能者のエリーズの物語でしたね。

ちなみに時間軸としては、前作【インシディアス 序章】と第1作【インシディアス】の間です。

ある人物から仕事の依頼があり、住所がなんと、自分が子供の頃住んでいた家。

刑務官の父、母、弟とともに4人で暮らしていたんですが、ある出来事から母親が死に、父の暴力的な躾を止めるものがいなくなってしまいます。

やがて、耐えきれなくなったエレーズは家出をしたまま、現在にいたるという状況。

依頼のあった家に行くことになるんですが、さすがに父親は死んでおり、弟のクリスチャンにはふたりの娘が産まれていました。

しかし、再会した弟はエレーズが自分を置いて逃げ出したことを怨みに思っていることを思い知らされます。

気分が晴れないまま、現在は依頼人のテッドの家である元エリーズの家の調査を始めるんですが、ある秘密が隠されていたという展開。

エリーズが悪いわけではないとはいえ、母親が死ぬ流れはなかなかエグいと思います。

映像的にはグロくもなんともないですが、幼少期にこんなことがあれば、普通はトラウマになるでしょうね。

エリーズを恐れた父親もわかるし、その暴力に耐えられなかったエリーズもわかるし、置いていかれた結果、自分が酷い目にあわされたクリスチャンがエリーズを恨むのもわかる。

誰も悪くないとは言いづらいけど、悲惨な家庭です。

テッドの依頼に関しては、結構あっさり終わってしまうというか、隠されていた秘密はともかく、それで終わるのかとなります。

本作はエリーズの過去と、クリスチャンとふたりの娘に関するストーリーに時間を割いているので、ドッキリシーンに期待している人たちには物足りないかも。

とはいえ、テッドの依頼である調査後にも色々あるので、ストーリー自体は普通に面白かったですよ。

ただ、普通に考えて、過去もルーツも描いてしまったので、【インシディアス】シリーズはこれで終了ですかね。

スピンオフでエリーズの協力をしているふたりのスピンオフを見てみたいけど、コメディになっちゃうだろうし。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(シリーズを通して見ている前提。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


インシディアス 最後の鍵 ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

【封印映像41 田中】


封印映像41 田中 [DVD]

『ツーリング』

人気のツーリングコースを訪れた投稿者の映像。

そこにはありえな1現象が捉えれていた!

公式より。

スクーターにカメラをつけて、ツーリングにいった撮影者。

スクーターにつけたという割には会話の際には相手を映してるので、海外の警察官がつけているボディカメラのような状態かも。

スクーターで峠にツーリングにいくのが一般的なのかわかりませんが、道に迷う撮影者。

地元の人に峠の名前を出して尋ねると、不審そうな感じで警告されます。

それでも教えてもらった方に進むと、靴やら荷物やらが落ちているのを発見しますが、近くに人の気配はありません。

さらに進んでいくと、撮影者には何かが聞こえはじめ、ありえないものが映るという展開。

見ていて怖いよりも、これは驚いて事故るという印象の方が強かったです。

『お葬式』

投稿者の実家で娘が撮影した映像。

そこには日本に伝わる風習に関係する惨劇が・・・

公式より。

動画も撮れるカメラを買った娘が母親の実家に行った際のこと。

母親の妹である叔母夫婦が友人の葬式から帰ってくる。

どうやら友人は病死したらしく、そんな話をした後、叔父が席を外し、叔母だけになると突然苦しみ出す。

戻ってきた叔父がビックリして近づくと、腹の辺りから血が出ている様子。

急いで救急車を呼んだものの、腹に入れていた手鏡が割れて出血していて、妊娠していた叔母の子供はダメだったとのこと。

叔母自身もお腹に大きな傷を負ってしまったそうです。

ドタバタしてる際も娘はどうしていいかわからず、オロオロしながらも撮影しているという変な状況。

それにおかしなものが映っているという動画。

無駄に長くって、尺稼ぎに感じました。

『ビデオレター』

亡き父のビデオレターに映る異形の者。

連鎖する心霊に隠された驚愕の真実とは!

公式より。

別れた夫がガン宣告を受けて、娘に向けて送ったビデオレター。

その3ヶ月後くらいに亡くなってらしいんですが、もう内容がせちがらい。

そのビデオレターの父親の背後に、謎の黒い影が映っているというもの。

後日、母親が娘を撮影していると、そこでも異変が。

いい話っぽいけど、正直憂鬱になる動画。

『田中』

ホラーマニアが撮影した投稿映像。

事故物件で待ち受けていた鳥肌級の恐怖・・・

公式より。

ある自称心霊マニアが撮影した動画。

いや、もう内容紹介する気も起きなくなるくらい投稿者がムカつく。

すごい端的に書くと、クズが友人とレポート役で雇ったっぽい女性を犠牲にして売名というだけ。

それ以上でもそれ以下でもない。

そして、巻のタイトルにもなっている『田中』ですが、たまに憑依されたりする

田中女史がどうこうなるとかではなく、クズが指示の際に田中みたいにって指示するだけ。

動画の内容自体はそれなりに雰囲気あるし、このムカつき自体が企画意図なんだろうから踊らされているみたいで嫌ですが、それを踏まえても不快。

実際、持ち込みでもこういうクズが現実にいそうなのがまた。

インタビューのラストの田中女史の言動と雰囲気で、ちょっと胸をなでおろす動画。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(やっぱりクオリティがちょっと下がった気がします。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像41 田中 [DVD]

【封印映像40 怨送り】


封印映像40 怨送り [DVD]

『トマソン』

どこにも繋がっていない階段や不必要な扉などを撮影するのが趣味の男の映像。

ある建物の塞がれた扉から突如、何者かの叩く音が響き渡る!

公式より。

トマソンっていうのはどこのフロアにもつながってない階段とか、意味のない扉とか、建築物の一部として作られながら、何の役にも立たないもののこと。

その日もトマソンの画像を撮影するのが趣味の男がとある建物を訪れていたんですが、期待外れだった様子。

そのトマソンは壁にとりつけられただけの扉で、開けても見えるのは壁だけ。

窓を開けて確認しても、外壁なので、当然扉はどこにも通じていない。

それでもとりあえず、撮影をしていると、扉の向こう側からノックする音が聞こえるという展開。

音自体は特に怖いとは感じないし、投稿者が被害に会うわけではないんですが、後日映像を確認すると奇妙なものが映っています。

グロくはないものの、気づかなかった得体の知れないものがそばにいたのを後で知るっていうのは、意外と気持ち悪いですね。

『撮り鉄』

鉄道マニアからの投稿映像。電車を待っているとトンネルから血塗れの男が!?

無人駅で映り込む怪異!

公式より。

自ら撮り鉄と言う若いのか、おっさんなのかわからない投稿者。

撮りたい電車が時間になっても来ず、ファインダー越しにトンネルを見ていたら、黒い人影が。

黒かった人影の姿が見えたと思ったら……という展開。

その人影はファインダー越しには見えたものの、肉眼では見えなかったらしい。

で、よくその後も続けたなと思うんですが、撮影を続けると、今度は電車の窓に映る撮影者の横に……。

前半はビックリするとは思うけど、あんまり怖くない。

後半は、なんか映ってるねくらいなので、言われないと気づかないかもしれない。

まあ、カメラが趣味だとこれくらいの経験をする人はいそう。

『ビニラー』

アングラメーカーの流出映像。ビニールで覆われた部屋で、謎の女に襲われる!

公式より。

個人的に一番怖いと思った動画。

若い夫婦が住む部屋に騒音と異臭の苦情があり、様子を見にきた男性。

投稿者は心霊動画を扱う会社に在籍していたスタッフらしいです。

なんかわからないけど、確かに臭いし、なぜかビニールが目立つ。

中に入ったらもっと顕著で、部屋中ビニールだらけで、足元もゴミ屋敷のよう。

男性は何か液体のようなものを踏んじゃうし。

奥に行くと、ビニール越しに誰かが立っていると思ったら、その人影が突然襲いかかってきて、変な動きで男性に何かしてます。

相手は女性だったんですが、男性は驚いたとしても、なんで反撃しないんだろうと思っていたら、どうやらビニールでグルグルに巻かれている様子。

変な動きはビニールを巻いている動きだったようです。

女がヘッドホンで音楽を聴きながら踊り始めた隙に逃げ出そうとする男性ですが、殴る蹴るの暴行でダウン。

女はビデオカメラに興味を持ったのか、取り上げるとバスルームらしき部屋で鏡に向かって撮影をし出します。

そして、最後に女が正体を現わすんですが、正直蛇足な気がします。

見終わった感想としては、

ビニールだらけの空間や、獲物をグルグル巻きにするのが、クモ系ホラーみたい

という印象でした。

動画後のインタビューで、この動画を見て以来、ビニールの音に興奮して、勃起するようになったという話を聞いた田中女史の動きにも注目していただきたい。

『怨送り』

高校時代の同級生3人が家に集まって何気なく撮影した映像。

次々と起こる不幸にジョン氏による除霊が行われる!

公式より。

高校時代の友人たち3人で女子会中。

高校の同級生の男子が最近死んだ話をしていたら、化粧品が落下。

気持ち悪いので気分を変えて、男が欲しい的な話をしていると、3人は気づいていませんが、部屋の隅に不気味な男性が映り込みます。

数時間後、部屋の主の愛の部屋を出て、帰宅の途についていると、何かが聞こえた気がすると立ち止まります。

反対側の道路に部屋にいるはずの愛がいて、車に合わせるかのように車道に飛び出し死亡。

投稿者と一緒に帰っていた女性も、『オンオクリ』という言葉と、その説明をした動画を投稿者に送った直後に飛び降りたらしい。

不安になった投稿者が動画を投稿したということで、いつもの外国人霊能者ジョンに視てもらうことになるという展開。

最初の部屋に立っている男性は気持ち悪いし、女性たちの死や動画は【着信アリ】みたいなで、雰囲気はあります。

また、珍しくジョンが除霊するシーンも割と面白いです。

ただ、若干「怨送り」の説明がわかりにくいというか、納得しづらいかも。

恩を相手に返す恩返しの代わりに、その分他人に良いことをする恩送りという言葉があるんですが、それの怨念版らしい。

しかも、図解というか絵があるんですが、まるでマルチ商法のように爆発的に増えていくシステム。

どうも他人の怨念のために誰かを呪うってことらしいけど、いまいち流れがわからない。

Aさんに誰かを呪ってもらったBさんは、そのお返しにCさんのために誰かを呪うだと図の通りにならないし。

Aさんに呪い殺されたBさんが、今度はCさん、Dさんを呪い殺し、さらにCさん、Dさんがってことなんですかね。

どうにも「怨送り」という言葉としっくりきませんでした。

もしかしたら、見た人によっては、なるほどと思うのかもしれません。

全体的には前半の2本は前菜で、後半の2本がメインディッシュみたいな巻でした。

これくらいのクオリティなら良いと思うのですが、油断すると手抜きみたいな巻を作るのが【封印映像】シリーズなので、油断はできません。

たまに爆発的に面白い動画もあるんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(投稿動画系としてのオススメ度。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像40 怨送り [DVD]

【アンフレンデッド:ダークウェブ】


アンフレンデッド:ダークウェブ [DVD]

中古パソコンを入手したマタイアスは、鎖につながれ監禁された女性やドラム缶の中に入れられた人など、ぞっとする動画ファイルの数々が保存されている「UNTITLED」という名前の隠しフォルダを見つける。

その内容に戸惑っていると、見知らぬアカウントからPCを返さないとお前らは死ぬ、というメッセージが届く。

シネマトゥデイより。

ビデオチャットをしていたら、未承認のメンバーが参加してきて、ひどいイジメで自殺した女性に呪われるという作品の続編。

とは言っても、ストーリーもつながっていなければ、前作とは違い、心霊的なものでもありません。

シチュエーションとして、ビデオチャットをしていたら、知らないメンバーが参加してきて、チャットに参加しているメンバーが被害に遭うというシリーズのようです。

本作では主人公の青年マタイアスが忘れ物として置いてあったPCを盗んだことで、犯罪者集団に狙われることになるというストーリー。

メンバーはマタイアス、レズカップル、アジア系女性のレックス、チャラいYouTuber、ロンドンにいるPCに詳しい男、同時進行で手話でしか話せないマタイアスの彼女。

そのPCには犯罪に関わっているような動画ファイルが保存されているんですが、PCを盗んだとは言えず、仲間には中古で買ったと嘘をつくマタイアス。

その上、PCの本当の持ち主である男に脅され、動画はドッキリだと言い張ります。

しかし、仲間に動画の入手先を疑われ、脅迫者もPCがないと自らも危険にさらされるため、板挟みになるマタイアス。

脅迫者の命令で、喧嘩していた彼女が家に来ることになるんですが、その間に犯罪者グループの仮装通貨を奪い、脅迫者と交渉しようとします。

しかし、その結果、仲間たちが犯罪者グループに襲われることになるという展開。

全編PCの画面上で話が展開していくんですが、斬新なようでいて、一時期流行ったPOVのように乱発されているので、ま新しさを感じませんでした。

ただ、本来は検索でたどり着けないネットの闇社会であるダークウェブが、なんちゃってダークウェブという感じではあるものの、サスペンスホラーっぽい雰囲気は出ていたと思います。

とはいえ、ご都合というか、無理がある展開が多く、

ダークウェブがなんでも出来る免罪符

みたくなっているのがなんだかなあという印象。

真相も個人的には無理があると思うし。

ただ、あくまでフィクションとして、雰囲気サスペンスホラーとして見れば、割といけるんじゃないかと。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(すべての意味で元凶はマタイアス。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


アンフレンデッド:ダークウェブ [DVD]