【パラサイト・クリーチャーズ】


パラサイト・クリーチャーズ(字幕版)

研究者と共にアルプス山脈で気象調査を行っている観測基地の管理人ヤネク。

ある日、観測機器故障のため山深くに向かった彼らは、氷河の一角が紅く染まっているのを発見する。

しかし変異した氷河の調査を開始した矢先、狂犬病に感染したらしきキツネに愛犬が襲われてしまう。

治療のため基地に戻ったヤネク達だが、突如彼らに未知の生命体が襲いかかる。

何とか生命体を撃退するも、ほどなくして紅く染まった氷河を分析した研究者の口から驚愕の事実が告げられる。

彼らを襲う生命体の正体とは! ?果たしてヤネク達は生き延びることができるのか! ?

公式より。

進化する寄生生物もの。

観測基地の管理人と研究者たちのグループと、視察にくる大臣たちが巻き込まれる展開です。

本来なら気象の調査をする基地なので、大臣たちを普通に歓迎してやり過ごすつもりだった研究者たち。

しかし、ヤネクが発見した赤い氷河の話を聞き、研究者の女性ビルデが大興奮。

すぐサンプルをと言い出しますが、おかしなものがいるのは間違いないから、明日にするようになだめられます。

そもそも、ヤネクは愛犬がやられているので、心配でたまりません。

翌日、赤い氷河は忽然と消えていて、ビルデは文句を垂れますが、とりあえずサンプルを採取。

立ちションをしていたヤコブは毛の生えたダンゴムシのようなものに襲われますが、撃退します。

調べた結果、どうやら寄生した生物が体内でDNAを取り込んでは合成、成長しているらしいことが判明。

毛の生えたダンゴムシは、キツネがダンゴムシを食べたためにできたものってことに。

ヤネクは大臣のガイドをしている元恋人のタニアに理由をごまかして、来ないように忠告。

しかし、狂犬病のキツネがいるなんて理由で大臣たちを返せません。

結局、観測基地に向かうんですが、その途中、女性を追っかけてきた非行型の合成生物に襲われ、護衛が死亡。

他の人の感想を読んでみても、この女性がなぜここにいるのかわかりません。

記者の男性がはぐれますが、迎えにきたヤネクとともに、なんとか観測基地にたどりつきます。

謎の女性は怪我しているし、周囲には怪物のような生物がいるので、助けを呼ぼうにも衛星電話がないと電波が届かない。

大臣に寄生生物のことを隠ぺいしたい研究者たちは衛星電話を隠そうと、ビルデと男性研究者のファルクが山小屋に。

寄生生物に襲われるんですが、バカな理由でビルデが死亡。

ファルクが観測基地に帰ってきますが、肝心の衛星電話を持っているビルデのため、ヤネクとタニア、ファルクが探しに行くという展開。

アイデア自体は面白いし、テンポも溜めがないとも言えますが、次々と展開していくので、飽きるってことはないと思います。

ただ、予算の都合もあるんでしょうけど、キモとなるはずの寄生生物のパターンが少ないのがもったいない。

せめて2桁くらいは出して欲しかったところ。

ただ、後半の虫に襲われるくだりは面白かったと思います。

あとの特筆すべき点としては、リアルなのかもしれませんが、出演陣の年齢の高さ。

主人公のヤネクをはじめ、おっさん、おばさんばっかりです。

若いかなと思ったのは、おばさん大臣に同行してる記録係の女性くらい。

もう少しキャストが若ければ、アクション要素が増えたのかも。

もっとも、もしこの作品がアクション映画だったら、

主役は間違いなくおばさん大臣

ですけどね。

むしろ、見てもらえばわかると思いますが、おばさん大臣が有能過ぎて、ヤネクよりも主人公っぽいというか、ヒーローっぽい言動が多かったりしますし。

いまだかつて、バナナを食べながら泣く女性が出てきたSFを見たことがありませんが、その女性に食べるか泣くかどっちかにするようにキレる人物なんて想像もしませんでした。

ちょっと、【進撃の巨人】の芋女のくだりを彷彿とさせます。

全体的には、現状だとB級にも満たない劣化版と言うしかないですが、雪山版【遊星からの物体X】になれた可能性を感じた作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(B級映画好きにはオススメしたい作品ですが、一般向けとなると難しいので間をとって。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


パラサイト・クリーチャーズ(字幕版)

【ラプチャー -破裂-】


ラプチャー -破裂-(字幕版)

クモが嫌いなシングルマザーのレネーは、知らない男たちに拉致され不気味な隔離施設に連れていかれる。

そこで目を覚ました彼女は、被験者が最も嫌う物を与え続けるという異様な人体実験の被験者にされてしまう。

拘束されて体を動かすことができない中で、執拗(しつよう)なクモ責めを受けるレネー。

恐怖と絶望のうちに、彼女の肉体は思わぬ変化を見せ始め……。

シネマトゥデイより。

あらすじが結構ネタバレしてるので、ほとんど書くことがない作品。

言葉通り、蜘蛛が死ぬほど苦手なシングルマザーが拉致され、強制的に蜘蛛への恐怖を与えられる話。

一応、なぜそんなことをされるのかは作品中で語られますが、目的と手段のギャップが激しいです。

実験自体は大規模に行われている割に、施設は何かの廃研究所みたいなところで、セキュリティも雑。

廃工場と書くのが普通なんでしょうが、小さい部屋が多いので、工場っぽくはないんですよね。

拘束されたレネーは、持っていた工具であっさり抜け出し、当たり前のようにダクトへ侵入。

ダクト内を移動しまくると、他の部屋でも実験という名の嫌がらせが行われている様子。

途中で見えた駐車場にはたくさんの車が停まっていて、実験の規模の大きさを示してました。

その割にはスタッフは6人くらいしかいないようですが。

一度屋上には出られたものの、外に逃げることが出来ず、バレそうになって自分が拘束されていた部屋に戻ります。

ただのシングルマザーのくせに、スパイのようにダクトに入ったり、さんざん動き回ったのに、元いた部屋にすぐ戻れるとか芸達者過ぎ。

そして、バレないようになんでしょうけど、再び自分を拘束して情報収集しようとするんですが、女性スタッフの変化に驚くハメに。

なんとか逃げ出すんですが、結局捕まり、彼らの目的を聞かされるという展開。

というか、あらすじ部分を補足する感じで書いたら、あとは身体の変化と後日譚となるラストしかないようなものなんですけどね。

正直な感想としては、

内容に対して、時間が長い。

ただ、冗長という感じではなく、内容が薄い印象。

オススメ度(10段階)……★★★
(ジャンルとしては、SFホラーですが、あんまり恐怖は感じません。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ラプチャー -破裂-(字幕版)

【ゾンビ・リミット】


ゾンビ・リミット(字幕版)

幸せなカップルのケイトとアレックス。

ケイトはゾンビウイルスに感染した患者“リターンド”をサポートする病院で働いている。

リターンドの保護に反対する人々も多く、過激なグループは暴動を起こしていた。

そんな中「ゾンビウイルスを抑制するワクチンの残数はあと僅か」と噂が出回り、ケイトとアレックスは、大量のワクチンを抱えて逃亡することを決意する。

「Oricon」データベースより。

ゾンビというタイトルがついているのにアマゾンプライムではアクションにカテゴライズされていて、ホラーじゃないの? と見た作品。

ホラーじゃないどころか、アクションでもありませんでした。

このサイトでは一応、ホラードラマとしてあります。

ゾンビらしいものはオープニングにちょっと出てくるくらいで、あとはほとんど出てきません。

オープニングは主人公となるケイトの母親が父親に襲われ、幼いケイトが父親を撃ち殺すシーン。

それから20年の時が経ち、ケイトは医師となって、リターンドと呼ばれる感染者たちの治療に当たっています。

しかし、世間はリターンドへの恐怖から良くは思われておらず、差別や、過激な抗議活動が行われていました。

なにしろ、ワクチンを打つことで発症を抑えられるとは言っても、打たなければ発症する時限爆弾みたいなものです。

その上、ワクチンは感染した人間の髄液からしか作れないため、治療により死亡者が出ないことで、当然需要が供給を上回る状況。

政府も合成たんぱく質を開発しようとしていますが、失敗続きでうまくいかない様子。

実はケイトのパートナーであるアレックスはリターンドで、楽器を買おうとして入った店で、発作を起こしている男性を助けようとして感染しています。

ワクチンが足りなくなっていき、アレックスの友人ジェイコブ夫妻にアレックスがリターンドであることを告白すると、ジェイコブは力になると約束。

そんな中、ケイトの働く病院に過激派が襲撃し、治療中の患者たちを射殺していきます。

ケイトの同僚で、ワクチンを横流ししてもらっているイヴに、患者のリストも奪われたらしいことを知らされ、帰宅するとアレックスが襲われている始末。

ワクチンが足りなくなってきたことで、政府もリターンドの隔離を画策。

出頭しなければ逮捕という強硬手段にまで出始めたため、ケイトとアレックスはワクチンを持って逃亡するという展開。

ゾンビが蔓延する世界ではなく、

感染者が迫害されて、追い詰められていく

という世界観。

そのため、ゾンビである必要はなかったので、ホラーではないんですかね。

ゾンビが蔓延した世界を描いた【ゾンビの中心で愛を叫ぶ】とはまた違った答という印象のヒューマンドラマな印象。

ただ、本作は追い詰められた人間の言動としてリアルに感じます。

子供が退院するけど、ワクチンを打ち続けなければいけないことを不満に思う母親に、足りるから問題ないと言いつつ、自分はパートナーのために横流ししてもらってるとか。

治療にかかる費用が高額だから、隔離する方がいいんじゃないかと提案する人物とか。

愛する者のために裏切ったり、略奪したり。

恐ろしいと思うのが、病院や家にまで襲いにくる過激派で、もはや疑わしきは殺せの精神としか思えません。

全体的なストーリーとしては、ケイトとアレックスの愛のあるヒューマンドラマなんですが、周囲の環境があまりにも殺伐とし過ぎていて、人間不信な気分になりそう。

オチもそうなるよなあっていう感じで、感動とは程遠い内容でした。

ゾンビはほとんど出てきませんが、ゾンビのいる世界を描いた作品と考えると、変わった作品なので面白いと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(院長がすごく良い人物なのが救い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゾンビ・リミット(字幕版)

【ダークハウス】


ダークハウス (字幕版)

幽霊屋敷として知られる廃墟で5人の若者が惨殺された。

捜査を担当するルイス刑事(フランク・グリロ)は精神分析が専門の恋人クライン(マリア・ベロ)を現場に呼び、

唯一の生存者ジョン(ダスティン・ミリガン)から事件の真相を聞きだそうとする。

彼の証言では、犠牲者たちは降霊術によって悪魔に殺されたという。

半信半疑ながらもクラインがジョンの話しを聞いていくうち、驚愕の事実が明らかになる…。

公式より。

【死霊館】シリーズや、【SAW】シリーズのジェームズ・ワン制作総指揮のホラー。

日本版のジャケットの紛らわしさに騙されちゃいけない。

監督はウィル・キャノンで、ジェームズ・ワンじゃない。

ウィル・キャノンは、この作品と【血と銃 BROTHERHOOD】くらいしか撮ってないと思います。

ストーリーは、殺人事件が発覚して、その生存者の青年を聴取。

その聴取のやりとりと、青年の語る内容が交互に展開していくスタイル。

元々、幽霊屋敷と呼ばれている建物で起きた事件があり、マーサというメンバーが仲間を殺し、自殺しています。

ちなみにマーサは元々そんなことをするような人物像ではありません。

そんな建物に、幽霊狩りをしている若者たち5人と、若い姿の母親の夢を見るという青年ジョンが入ります。

ちなみに幽霊狩りのメンバーの女性ミッシェルとジョンは恋人で、同じくメンバーのブライアンはミッシェルの元恋人で、ジョンをよく思っていません。

そこで探索をしてみると、儀式の痕跡を見つけ、儀式をすることになるんですが、そこでトラブル発生。

惨劇が起こり、ミッシェルとブライアンは行方不明、ジョンは錯乱して記憶障害、あとのメンバーは死亡します。

で、通報を受けた刑事のマークが屋敷を訪れ、ジョンを発見、マークの恋人らしいクライン博士と聴取を始めるという流れ。

基本的にクラインがジョンと会話をし、何があったのかが描かれていくだけなので、極端な話、現在パートいらないと思うかもしれませんが、追加情報が小出しにされるので必要なんでしょう。

ある情報をジョンが言い出し、マークやクラインになぜ黙っていたのか問いただされるやりとり多過ぎです。

いわゆるサバイバルホラーではないので、メンバーがひとりひとり殺されるシーンがクローズアップされることもほとんどないですし。

結局、メンバーを殺したのは男なのはわかっていても、ジョンなのか、ブライアンなのかわからないまま話が進むのはまあまあ面白いかと。

ただ、ジェームズ。ワンが関わってると知っていると、どこか衝撃が薄れてしまう気もします。

それでも大オチは予想できませんでした。

見終わってもどうしてもわからないことがあるので、モヤモヤが残るかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(似た名前がが多いタイトルなので、注意が必要)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ダークハウス (字幕版)

【KRISTY クリスティ】


KRISTY クリスティ(字幕版)

感謝祭シーズン。

友人たちが続々と実家へ帰省する中、帰るお金がなく大学の学生寮に残ると決めたジャスティン。

彼氏のアーロンも帰省し、一緒に過ごすはずだったルームメイトも急用で実家に帰ってしまったため、彼女は寮内にたった1人で生活することに。

ある日、夜中にスーパーへ向かう…

シネマトゥデイより。

あらすじとジャケットで、スーパーで何か起きるのかと思ったら、普通に学生寮で殺人グループに襲われる話。

オープニングは女性が追いかけられて、殺されたと思ったら、行方不明のニュース。

友人たちが帰っていく中、恋人のアーロンも帰省。

アーロンに家に誘われたものの、彼の母親に嫌われているとわかっているため、辞退。

残るはずだったルームメイトも帰省してしまい、代わりに高級車を貸してくれます。

大学には門番と警備員、メンテナンス係の3人とジャスティンだけとなり、彼女は借りた高級車でスーパーに。

そこでサングラスを値切っている女と遭遇し、自分が払うと言うと、施しは受けないと断られる。

そして、クリスティを見つけたと謎の言葉を残し、去っていくんですが、それが恐怖の始まりという展開。

その後、その女を含めた仮面の男たちがジャスティンを狙って大学の寮に来るんですが、警備員はあっさり殺されるは、門番も死んでるはで役に立ってません。

プロの殺し屋でもないたった4人組にあっさりやられるくらいなので、元々セキュリティなんてないようなものなんでしょう。

メンテナンス係のスコットに至ってはクスリでハイになってる始末。

ショットガンで威嚇をするも、犬ともどもやられます。

まあ、ジャスティンの連れてきた連中のせいで殺されているので、巻き添えで死んだ3人と犬はちょっとかわいそうですね。

結局、助けがいなくなったところでショッキングな出来事があり、ジャスティン一念発起の反撃に出ます。

4人のカルトグループより

ジャスティンの方がサイコパス

としか思えない勢い。

むしろ、手慣れ過ぎてて怖いです。

そんな襲われてからの反撃というオーソドックスな展開なんですが、画面が暗過ぎて2/3くらい何をしているのかよくわかりませんでした。

夜の出来事なので、確かに暗い方がリアルなんですけど、何が起こっているかわからない洋画って意外と多い気がします。

オチ含め、ちょっとモヤモヤする作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★
(さすがに色々と、もうちょっとなんとかなったんじゃないかと思う。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


KRISTY クリスティ(字幕版)