【ちはやふる -下の句-】


ちはやふる-下の句-

高校で再会した幼なじみの太一(野村周平)と一緒に競技かるた部を作った千早(広瀬すず)は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。

自分をかるたに導いてくれた新(真剣佑)に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺する千早だったが、全国大会のために仲間たちと練習に打ちこむ。

そんな折、千早は同い年で日本一となった若宮詩暢(松岡茉優)のことを知り……。

シネマトゥデイより。

前作で北央学園に勝利し、全国大会へと進むことになった千早たち瑞沢高校競技かるた部。

子供の頃の約束通り、千早、太一、新がかるたを続けていることを喜んだのも束の間、新がかるたをやめると言い出す。

千早と太一が福井に住む新のもとを訪れると、名人だった祖父が亡くなり、かるたを続ける意味を見失っていた。

それを知った千早は、女性のトップであるクイーンの若宮詩暢に勝てば、新はかるたに戻ってくるという考えに固執してしまします。

団体戦と個人戦、どちらも中途半端になる千早を見て、太一は戦力外通告。

ショックを受けながらも、千早は北央学園に出稽古に行くんですが、惨敗を帰します。

須藤に北央学園が代々引き継いてきた全国大会の対策データを見せつけられ、かるたは自分だけでやってるのではなく、様々な人に支えられていることを思い知らされることに。

太一は太一で千早を戦力外として追い出したこともあり、自分が頑張らなければと抱え込んでおり、部員たちにたしなめられてしまう。

全国大会当日、結束を固めた瑞沢高校をアクシデントが襲うという展開。

前作では絆が前面に打ち出されていましたが、本作は部員同士の絆もありますが、どちらかというと、

千早。太一、新の想いが前面に押し出されてる

ように感じます。

恋愛模様と言ってもいいんですが、まだピンク色の恋心ではないという印象。

もっとも、みどころは、松岡茉優演じるクイーン若宮詩暢との個人戦なんですけどね。

ちなみにクイーンとの試合とは言っても、タイトル戦ではなく、あくまで高校の個人戦です。

すごいどうでもいいことですが、なんで男性は名人なのに、女性はクイーンなんですかね。

元々2部作だったので、結構スッキリ終わっているんですが、完結編となる【ちはやふる -結び-】へと続きます。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(あまり新について触れてませんが、結構出てはいます。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ちはやふる-下の句-

【ちはやふる -上の句-】


ちはやふる-上の句-

同級生の千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)は、いつも仲良く競技かるたを楽しんでいた。

小学校卒業を機に彼らはバラバラになってしまうものの、千早は単独で競技かるたの腕を磨く。

高校に進学した千早は再会を果たした太一と一緒に競技かるた部を立ち上げ、この世界に導いてくれた新を思いながら全国大会を目標とする。

シネマトゥデイより。

末次由紀の同名コミックを実写化した作品で、競技かるたの世界を描いています。

競技かるたとは言っても、いわゆるいろはかるたではなく、百人一首を使った競技です。

とはいえ、競技かるたのルールがわからなくても何の問題もありません。

すごい簡単に書くと、100枚の札のうち、お互いが25枚を配置して、自陣が0枚になれば勝ち。

読手は百人一首と関係ない歌を読んだ後、上の句を読むので、対応した下の句の札をとる。

相手の陣にある札をとったり、相手がお手付きをしたら、自陣の札を送れます。

それくらい覚えていれば、話はわかるでしょう。

1作目の上の句では、子供の頃の約束を信じていた千早が、再会した太一と競技かるた部を作るところから地区予選までを描いています。

子供の頃に大会で会っていたものの、肉まんのイメージしか残っていなかった肉まんくんこと、西田優征。

呉服屋の娘で、和に対する気持ちが強く、当初は競技としてのかるたより、和歌としての百人一首への情熱が強い大江奏。

ちなみに演じているのは、アニメ映画【君の名は】でヒロインの宮水三葉の声優を演じた上白石萌音。

これが本名だというのだから、面白いですね。

どこにも入部していない理由で勧誘にいった机くんこと駒野勉。

その3人を加えた5人で協議かるた部を結成します。

このくだり、原作、アニメ、実写映画で結構流れや、シーンの取捨選択が変わっているように感じました。

特に実写映画版は

絆を前面に打ち出している

ため、部活動のシーンや、後半の展開にウェイトを置いていて、入部の流れはかなりあっさり。

原作を読んでいて、実写映画だけ見ると、机くんがなんかよくわからないまま、なあなあで入部したようにしか見えません。

ただ、映画は映画として構成されているので、逆にわかりやすいかも。

原作、アニメに比べると、新の扱いがかなり薄いですが、全編通すと、瑞沢高校競技かるた部とはまた違った絆が描かれているという印象。

みどころは地区予選での北央学園との対戦。

様々なことを乗り越えた千早たち瑞沢高校競技かるた部が、実力者の多い北央と戦うというのが、もはや少女漫画とは思えない完全にスポ根ものです。

全体的に完結となる【ちはやふる -結び-】を含めた3部作の導入としては、原作からの改変や、イメージが違うキャスティングがあることを差し引いても、青春ドラマとしては良い作品でした。

千早を演じる広瀬すずも、イメージ違うかなと思いましたが、意外と良かったし。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(役者としては良いと思うけど、須藤役に清水尋也は合わなかった気がする。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ちはやふる-上の句-

【今日も僕は殺される】


今日も僕は殺される デラックス版 [DVD]

いつものように試合を終えて帰宅する途中何者かに襲われ、絶望のうちに息絶えたアイスホッケーのスター選手イアン(マイク・ヴォーゲル)。

しかし次に目覚めた瞬間、彼は会社員として、しゃれたオフィスでデスクワークに忙殺されていた。

死んだ自分の記憶にさいなまれつつ、今までとはまったく違う人生に戸惑うイアンだったが……。

シネマトゥデイより。

今回はネタバレありです。

【ハッピー・デス・デイ】が2作目の上映に合わせて、日本で上映されるので、なんとなく系統が似ているのが気になっていたので視聴。

レンタルショップだとサスペンスに並んでいると思うのですが、どちらかといえば、とんでも系。

序盤はあらすじの通り、殺されては外見は変わらず、まったく別の人生に代わっていくので、期待をそそります。

が、殺され方がいきなり普通の手段でなく、

ブレード化した腕で刺し殺される

のを見て、嫌な予感が。

そこからはなんとなくサスペンスっぽい臭いを漂わせているものの、犯人たちはわかっているので、目的がわからないだけ。

なにしろ、相手はプレデターを劣化させた感じの怪物たちで、ハーヴェストという呼称。

主人公が忘れている何かを恐れて襲って殺し続けているんですが、ある理由から殺すことが出来ず、次の日常に送ることしかできないらしい。

結局、だいたいのことは訳知り顔で出てくる老人や、怪物たちがネタばらしをするだけなので、主人公が推理とかすることもありません。

アクションというほどのアクションもないので、単純にホラーという感じ。

ハーヴェストの正体にもよりますが、宇宙人ならSFホラー、ただの怪物ならファンタジーホラーな気がします。

はじめからサスペンスとして観ず、TVムービーくらいのホラーとして観たら、そんなに悪くないかも。

主人公が思い出し始めたら、時計が止まり、襲撃が始まるというのは面白いなと思いました。

時間が止まるわけではなく、時計が止まるっていうのがまた。

オススメ度(10段階)……★★★
(あらすじと序盤の期待感に対する悪い意味でのギャップがひどい。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


今日も僕は殺される デラックス版 [DVD]

【青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない】

空と海が輝く街“藤沢”に暮らす梓川咲太は高校二年生。

先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心躍る日常は、初恋の相手、牧ノ原翔子の出現により一変する。

何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。

やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。

そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷跡が疼き始める――。”

公式より。

鴨志田一の小説【青春ブタ野郎】シリーズの劇場版。TVアニメの後日譚になります。

原作小説では、第6巻『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』、第7巻『青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない』に当たる内容。

劇場版d根は、TVシリーズでは描かれなかったふたりの牧ノ原翔子について描かれています。

【青春ブタ野郎】シリーズの世界観では、『思春期症候群』と呼ばれる現象があり、主人公である梓川咲太は身の周りで起きた『思春期症候群』を解決していくというのがメインのストーリー。

咲太の胸には妹のかえでに思春期症候群が発症した傷があるんですが、かえでの『思春期症候群』が収まったにも関わらず、何故か残っています。

そんなある日、咲太と恋人の麻衣、妹のかえでで過ごしているところへ、大人の姿の牧ノ原翔子が泊めてくれないかと現れる。

翔子によると、自分と中学生の翔子は同一人物で、たまに大きくなってしまうため、帰るに帰れないのだと言う。

しかし、初恋の相手である翔子だけが泊まることに納得のいかない麻衣を含めて、4人で暮らすことになるという展開。

ただ、そうなると翔子の話には説明がつかないことがあり、咲太は友人の双葉理央に相談し、ある仮説にたどり着きます。

そして、ある出来事で仮説に確信を得た咲太に、翔子は事実を伝え、咲太はあまりにも重すぎる選択を迫られることに。

それは麻衣との未来か、翔子の未来のどちらかを選ばなくてはならないというものでした。

そこからは咲太、麻衣、翔子それぞれの想いのぶつかり合いが描かれるんですが、実写では難しい細かい演出含め、想いの強さに驚かされます。

実際、誰かの幸せのために誰かが不幸にならなければならないのが事前に告知されている状況なんて、普通の神経では耐えられないでしょうね。

そして、それぞれが固い決意を決めた結果、予想もしない最悪の結末を迎えてしまいます。

正直、そこまでの気持ちのぶつけ合いに感動して泣けるくらいなので、その結末を迎えたことであぜんとしてしまいました。

その後、なかなかアクロバティックな方法で結末を変えにいくことになるのですが、その先は見ていただいた方が楽しめると思います。

TVシリーズを見ていなかったり、演出の意味がわからないとわかりづらい部分もありますが、それを差し引いても良作と言っていい作品でした。

さすがに劇場版だけ見ると、量子もつれの意味がわからないので、どうしてそうなったのかがわからないとかあるでしょうし。

演出がわからないと、エンディングにかけての意味がわからないかもしれません。

逆に言うと、TVシリーズ→劇場版→TVシリーズと見ると、新たな発見があって、より楽しめるんじゃないかと。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(TVシリーズを見ているものとしての評価。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめファンタジー映画
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ

【君の膵臓を食べたい】


君の膵臓をたべたい Blu-ray 通常版

高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。

彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。

一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。

シネマトゥデイより。

ホラー作品の割合が高い当ブログですが、さすがにタイトルでカニバル映画と間違えたわけではありません。

純粋なラブストーリーです。

ストーリーは大人になって、母校に教師として赴任している春樹が、図書委員の生徒栗山に昔話として語る形式で進みます。

自分は原作未読ですが、原作では大人になった春樹視点はないらしいので、原作派の人たちは違和感があるかも。

そもそも、原作では春樹は『僕』として扱われるので、名前がなかなか出てこないらしいです。

逆に作中、全然名前が出てこないガム君が意外と大事な役割をこなしていて、その辺りは面白い、

ひょんなことから人気者のクラスメイト山内桜良の秘密を知ってしまった志賀春樹。

同級生の秘密を知ったにもかかわらず、春樹がまったく変わらない態度をしめすのに興味を持った桜良は彼につきまとい始めます。

この桜良を演じているのが浜辺美波なんですが、とても後日、別作品で「賭け狂いましょう?」とか言うとは思えないくらい爽やかな可愛さ。

こんな娘にまとわりつかれたら、普通の男子だったら悪い気がしないと思うんですが、春樹の態度は一向に変わらない。

むしろ、桜良の親友の恭子をはじめ、クラスメイトたちの方が混乱している様子。、

このくだりでガム君は春樹に興味を持ち、ゲームのサポートキャラのように、要所要所で「ガムいる?」って聞いてくるようになります。

春樹は変に達観していて、事あるごとに仲良くしようとしてくる桜良にそっけない態度。

おかげで反感を買った相手にいじめにあったりも。

それでも、自分を振り回す桜良を拒絶することもなく、なんだかんだで相手をする春樹。

一見、聖人かとも思ってしまいますが、春樹は自分を卑下しているため、自分よりも他の人と過ごした方がいいと考えちゃってるんですね。

もちろん、桜良も秘密を家族と春樹以外、親友にすら伝えず、死への恐怖を見せないのですが、不意に春樹の前では見せることが。

しかし、春樹もただの高校生なので、言葉の重さに応えきれず。

度々交わされる
『生きる』という意味についてのやりとり。

不意打ちだったり、死が迫る人間が普段隠している言葉と考えると、心にダイレクトに響きます。

特に春樹のように他人と関わらないようにしていて、感情を表に出さないようにしていて、彼に共感する人たちや、身近な死を経験した人だと泣くと思います。

自分は涙腺が弱くなっていることもあり、何度か泣いてしまい、自宅視聴で良かったと思いました。

似たような作品も少なくないので、耐性がある人たちにはいまさらと思われるかもしれませんが、割と想像を外してくるので、見て損はないんじゃないでしょうか。

特にこの作品の面白さは、表面的なラブストーリーの他に、ふたりだけの狭い世界で過ごしてきた春樹が、ある出来事をきっかけに感情を無理に抑えなくなり、世界と関わろうとする部分でもあると思います。

その場面ですら相手に確認をとるのが春樹らしいとも感じましたが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★★
(現代のパートのしか出てこない小栗旬の存在感が凄い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめドラマ映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


君の膵臓をたべたい Blu-ray 通常版