【スプリット】

高校生のケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、クラスメートのクレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)の誕生パーティーに招待される。

帰りは、彼女とクレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)をクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男性(ジェームズ・マカヴォイ)が車に乗り込んでくる。

彼に拉致された三人は、密室で目を覚まし……。

シネマトゥデイより。

ストーリーのオチとかではありませんが、作品のネタバレあります。注意してください。

予告と事前情報を見た限りでは、23の人格を持った誘拐犯のもとから女子高生3人が脱出しようとする話という印象。

誘拐犯の多数ある人格と駆け引きするような頭脳戦で脱出する展開だと思ってました。

結論から書くと、まったく違います。

大きい流れとしては誘拐犯に閉じ込められた空間から逃げだそうとすることに間違いはありません。

ただ、23の人格があるにはあるんですが、女子高生たちの前に現われるのは基本的に3人だけ。

全編通しても、現われるのは

主人格を合わせて8人くらい

だったはず。名前は全員分決まってましたけど。

現われる3人も犯人A、犯人B、犯人と協力している子供という感じなので、ほとんど駆け引きの余地がありません。

加えて、誘拐された側も親友同士ではなく、クレアとマルシアは仲が良いですが、ケイシーは周囲からの評価を気にしたクレアが仕方なく呼ぶくらいの仲。

ある事情からトラブルメイカーとなっているケイシーは、どちらかと言えば関わりたくないタイプ。

脱出に関しても、クレアは積極的、マルシアは従属的、ケイシーにいたっては諦めがちで生きることが最優先っぽい。

そんな状況な上、犯人の目的もよくわからないため、話が進むはずもなく、ケイシーの身の上が観客に提示されていくくらい。

一方で犯人の別の顔である患者としてやりとりするフレッチャーのパートはよく進みます。

フレッチャーはおばさんの精神科医のようですが、鑑識眼がすばらしく、勘が鋭い。そして、ここが大事なんですが、どこか盲目。

見事なまでに観客に情報提示しつつ、ストーリーは完結させません。

むしろ、このおばさんの方が女子高生たちよりも頭脳戦を繰り広げています。

誘拐事件とはまったく別の視点から、犯人の目的を究明していき、ケイシーたちのストーリーと合流していく展開。

ジェームズ・マカヴォイの演技もみどころではあるんですが、さすがに23とアピールされた後では物足りない。

予告編を見て、ギリギリの駆け引きを期待していくと、かなりの肩透かしだし。

ネタバレというのは微妙だと思いますが、ラストに【アンブレイカブル】の主人公ダンが登場して、【アンブレイカブル】の犯人の名をつぶやき、実はこの作品が【アンブレイカブル】の15年後の世界だとわかります。

その上で、次回作では【アンブレイカブル】と、この【スプリット】が融合すると発表されていました。

ちなみに、【アンブレイカブル】には15年前の犯人の姿が映っています。

そういう事情もあって、この作品自体が次回作の犯人を紹介するための映画という評価が下されているようです。

個人的にはいつものシャマラン映画に比べたらわかりやすい反面、ダラダラしたB級ホラーという印象でした。

実在したビリー・ミリガンという24の人格を持った犯罪者のことを調べてから見れば、多少は楽しめるかもしれません。

それにしても、よく解離性同一性障害の団体とかからのクレームで上映中止とかにならなかったなというのが本音です。

いかにもペドフィリアっぽい人物がやっぱりペドフィリアだったときは苦笑いでしたが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(シャマラン映画の中では駄作だけど、飽きはしなかったので、ネットの評判ほど酷くないと思います。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ

【スケア・キャンペーン】

出演者をうその心霊現象などでだまして、その様子を隠し撮りする人気テレビ番組「スケア・キャンペーン」。

だが最近は人気が落ちてきたため、スタッフはより過激な撮影を企画し、廃病院に迷い込んできた一般人に新たな恐怖ドッキリを仕掛けようともくろむ。

やがて撮影現場にターゲットが現れるが、その男は本物の殺人鬼で……。

シネマトゥデイより。

素人を相手に恐ろしいドッキリを仕掛ける人気番組『スケア・キャンペーン』。

序盤から警備員を驚かそうとしたら、銃で反撃されそうになって焦らされます。

そんなこともあって、スタッフのエマは辞めたいらしい。

元恋人であるディレクターのマーカスと揉めながらも、仕方なく続けているような状況。

しかし、『スケア・キャンペーン』自体、動画サイトにアップされているマスクの殺人集団が流しているスナッフ動画のせいで押され気味。

しかも、そのスナッフ動画は本当の殺人で、マスクの殺人集団は金や権力を持っているために捕まらないという噂まであった。

上司に叱責され、廃病院を舞台にした番組を作成することになるんですが、ターゲットとして呼ばれた男の様子がおかしい。

以前、その病院の患者で働いていたこともあるという話だが、ドッキリのために心霊現象に合わせると、徐々に本性を現わしていくという展開。

こういう海外のドッキリで、殺人ピエロとか、貞子みたいな幽霊が現われるというのがありますが、本当によく襲われないよなって思います。

殺人ピエロとか追い詰められたら反撃に出ちゃう人とかいそうですけどね。下手すれば、本作でもありましたが、銃で撃たれる可能性もありそうで、逆にドキドキします。

ただでさえ【シャイニング】よろしく殺人鬼が襲ってくる中、例のマスクの殺人集団まで乱入してきて、廃病院内は大混乱。

イメージ的にはグロいシーンが多そうな作品ですが、思ったよりはショッキングなグロ映像はほとんどありません。

明らかにグロ映像が映っているんですが、あんまりにも普通に映っているので気にならないと言う方が正しいかも。

ストーリー的にはどんでん返しもあったりするんですが、勘の良い人は気づくんじゃないかと思います。

ただ、逆に

考え過ぎてわけがわからなくなりそう

という印象も。自分は後者だったので、深読みし過ぎちゃいました。

ラストに関しては、解釈によってまるで意味が変わってくると思います。

ちょっと危険なネタバレをするので、ネタバレが嫌な人はここで読むのをやめてください。

それではネタバレ。

多くの人がある人物が隠しカメラに気づいて終わることで続編がありそうと感じたようですが、自分はちょっと違う解釈でした。

あのシーンは元々知っていた隠しカメラを見ることで、その人物が黒幕というオチだと思うんですよね。

そうでないと、ところどころおかしなシーンあった気がするし。

どう感じるかはご自身で見て確かめてください。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(昔だったら午後のロードショーで流れそうな作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


スケア・キャンペーン [DVD]

【この子の七つのお祝いに】

ルポライターの母田耕一は、磯部大蔵大臣の私設秘書である秦一毅の身辺を探っていた。

だがその矢先、秦の家で働いていたお手伝いが殺されてしまう。

手型占いをしているという秦の内妻の青蛾を追う母田は、後輩の須藤に連れて行かれたバーのママゆき子と知り合うが、そのあと何者かに殺害されてしまった。

須藤は母田の仕事を引き継ぎ調査を進めるが、青蛾も変わり果てた姿で発見される。

やがて須藤は、ゆき子から驚くべき過去を知らされるのだった。

allcinema ONLINEより。

もう30年以上前の作品なので、数少ない角川と松竹製作なご様子。普段は東映か東宝だったと思うんですけどね。

Wikiを見ると、本作品と【蒲田行進曲】、【REX】くらいしかないですし。

ちなみにミステリーなんですが、Wikiを見るとラストのオチまで書かれてしまっているので、ネタバレが嫌な人はチェックしないことをおすすめします。

もっとも、前述の引用したあらすじもネタバレしてますが、本当のネタバレをすると、映画版はあらすじ通りではありませんでした。

主人公自体は須藤で、ある殺人事件をきっかけに母田が青蛾という占い師を追っているのをしり、行動をともにします。

しかし、青蛾の正体をつかんだ母田が何者かに殺されてしまい、須藤が記事を引き継ぐことに。

そして、母田の手帳をもとに取材を続ける須藤も衝撃的な事実を知ることになるという展開。

衝撃的とは言っても、もう30年前なので、後発の作品で何度も使われてきたトリックではあるので、それを踏まえないとベタベタなオチです。

緻密な殺人トリックがあるわけでもなければ、真犯人もあからさまなので、ミスリードだったら逆にすごいレベル。

でも、この映画のすごいところは、そんなミステリーパートではなく、犯人の母親を演じている

岸田今日子の怪演振り。

完全に頭がおかしいです。いや、実際におかしいんですけど。

娘に自分たちを置いて逃げて、貧しい思いをさせている悪い父親に復讐するように言い続け、最終的には自殺するという人物。

ただ、着物を売って娘にバナナを買ってくるんですが、このシーンは若い人たちには意味不明な気がします。

現代の感覚だと、売るものがないので古着を売って、安いバナナを買うくらい貧しいという認識でしょう。

戦中戦後は着物を売るのは案外普通なことなので、比較的わかりやすく変換すると、貴金属みたいなものですね。

バナナについては現代で200円程度ですが、作品で描かれているシーンだと300円くらい。なんだ、変わらないじゃんと思うかもしれませんが、物価が違うので、3000円くらいの価値のはず。なかなかのぜいたく品です。

誤解のないように補足すると、犯人が子供の頃のシーンなので、須藤が調査してる時代からも数十年前です。

貧しいながらもぜいたく品を食べさせてくれる母親が、真顔で大人になったら父親を見つけて殺すように迫ってくるという激しさ。

しかも、寝ている間に手首を切って自殺。手首切っているのになぜか全身血まみれなんですけどね。

他にもちょくちょく挿入される岸田今日子の怪演シーンはサイコホラー的にみどころです。

サスペンス映画映画としてリメイクしたら面白くはなりそうですが、ここまでの雰囲気は出せないでしょうね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(予告編のシーンがないのも、この時代の特徴かも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション この子の七つのお祝いに』 [Blu-ray]

【PANDEMIC パンデミック】

原因不明のウィルスが蔓延するアメリカ。

感染者の症状は5段階に分かれ、レベル1は治る可能性があるが、レベル5にまで達すると暴徒化し、治す余地なしと診断されていた。

CDC(疾病)センターのドクター、ローレン(レイチェル・ニコルズ)は、崩壊したニューヨークから未感染者を助けるべくロサンゼルスの救助チームへ派遣される。

目的は感染の疑いが無い人間を探し検査すること。検査結果が赤なら保護、黒なら放置。

ローレンを含む314チームは防護服に身を包み、暴徒と化した感染者を倒しながら、未感染者の救出へと向うが――。

公式より。

ウイルスによって人間がクリーチャー化した世界で、どちらがされたかは別として、すでに隔離には成功している様子。

当面の人類の目標は、ウイルスの解明と、感染していない人間の保護にあるらしい。

ローレンは『射撃手』、『案内人』、『運転手』と4人で学校に避難している人々の保護に向かうことに。

ただ、避難には別のチームが向かっていて、半分の避難民を保護した後、何かのトラブルで消息を絶っていた。

チームのミッションはあくまで残った避難民の保護で、連絡が途絶えたチームの捜索は認めないと念を押される。

4人はそれぞれ様々なことを抱えたまま、目的地へと向かうことになります。

人間の世界と感染の可能性がある人間の世界の境界であるトンネルを抜けるだけでも襲撃にあい、とても4人でなんとかなる状況ではないように思えるんですが、トンネルを抜けると意外に平和。

町中に感染しているらしい人々が歩いてますが、トンネルと違い、保護用のバスを襲ってくるとかはありません。

ただ、バスを降りるとやっぱり危険で、罠を仕掛けてきたりもします。

揉めながらもなんとか学校にたどりつくんですが、この世界のどうしようもなさを再確認するハメに。

武装もほとんどなく、自然な流れでPOVにすることが可能なカメラ付きの防護服だけで別の目的地へと向かう展開。

昔、ゲームのセリフでありましたが、

そんな装備で大丈夫か

としか言いようがありません。

そもそもの問題として、自分たちの5倍以上の人数を保護しにいくのに、構成メンバー4人のうち、戦闘担当がひとりだけって意味不明です。

『運転手』も男なので戦えますが、運転しながらは無理。むしろ、GPS見るだけの『案内人』っていらないんじゃないですかね。

こっちに行けば、裏道があるみたいな展開もないし。

状況設定は面白いし、自然な流れでPOVになってるのもいい、なんとなくホラーシューティングゲーム、もしくはホラーアクションを彷彿とさせるのも悪くない。

にもかかわらず、つまらない。

どこがつまらないかと言われると難しいところですが、全体的にぬるい感じなせいなんですかね。

避難地域を管理してる人間が悪で、何か企んでいるように思わされますが、人道的かどうかはともかく、当たり前のことをしてるだけだし。

最後にぶち込まれる家族愛もなんだかなあという感じでした。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(最近のTSUTAYA先行とか、TSUTAYA限定ってセンス悪くないですか?)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


PANDEMIC パンデミック [DVD]

【バイオハザード ザ・ファイナル】

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。

そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。

アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。

シネマトゥデイより。

【バイオハザード】シリーズ完結となる本作。

アリスやレッド・クイーンの正体や、アンブレラ社の目的が明かされます。

前作のラストでファンタジー世界みたいになってしまいましたが、世界は完全にゾンビやクリーチャーが支配している状態。

アリスも脱出した仲間たちと一緒にいるかと思ったら、また一人旅をしていました。

怪物に襲われ、建物に入ったアリスの前にレッドクイーンが出現。

現在、人類は4000人程度になっていて、48時間後にはゾンビたちがシェルターを襲い、人類は絶滅すると告げてきます。

そこまで減ったら文明の維持なんて出来なさそうなものですが、散布用ワクチンを使えば、T-ウイルスに感染した生物は死亡するため、人類を救えるらしい。

ワクチンはハイブにあり、原点回帰とばかりに1作目の舞台となったハイブへと向かいます。

アンブレラに追われながらも、ハイブに近づいたアリスは砦のようになっている高層ビル群でクレアと再会。

アンブレラとゾンビ群と戦った後、そのグループを仕切っていたドクたちとハイブに向かうことに。

このグループの中にローラがいるんですが、必要なキャラだったかは微妙な感じ。あっさり死んじゃうし。

日本製のゲームが原作なので、サービスみたいなものかなという印象でした。

ローラの方もいつものおバカキャラではなく、普通に演技していたので、全然気にならなかったです。

クリーチャーやトラップで仲間たちを失いながらもハイブを進むアリスたち。

1作目の大変さはなんだったんだろうという感じであっさりたどり着きます。

いつものビームによる防衛システムも健在ですが、建物自体はわりとボロくなってました。

ウェスカーや、すべての元凶であるアイザックス博士との決着というか、落としどころは不満な人も多いようですが、案外納得できるんじゃないかと思います。

【バイオハザード3】に登場したアイザックスがクローンだったとかいうのは、後付けにしか思えませんけどね。

自分はシリーズを通して観ているので、

シリーズを補完しつつ、結末を見る

という楽しさがありますが、この作品だけを初見で見たらわけがわからないし、つまらないかもしれません。まともなバトルアクション少ないし。

観るならシリーズを観てからをおすすめします。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(シリーズの結末としては面白いけど、この作品だけ観ると、最終回だけ見るようなもの。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]

1 2 3 4 234